FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「秘密結社狼旅団」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム

崖の話。。。


今日からセブンイレブンでこんにゃく麺サラダが再び登場しましたw
(今年も6キロ痩せたるw)

こんにちは。

本日は水曜日。。

いつもなら本日は業電も少なく早々仕事も切り上げて飲みに行きたいところなのですが(弊社水曜日は16時から放課後倶楽部ですw)昨日の七夕企画の余波をモロに受けて残務処理に追われています。。(コメント欄表記では70件くらいのコメントに見えるでしょうけど非承認含めると200件超えてますww)

この七夕のお願いの短冊ですが本ブログでは「狼旅団に入りたい」というお願いが非常に多く、ほかのド厚かましいお願いは叶えることは出来ませんがせめてこれだけは叶えましょうと毎年の風物詩として入団を受け付ける数少ない機会になっております。(あ、だからって今からコメント欄に入団希望ってぶち込んでもダメですよww)

一応約束通り昨日の23時59分59秒までにお願い事を書いてくれた人には後日入団受付のメールをお送りしますが、せっかく定刻までにお願いしてくれたのにメールアドレスが入っていない方が7名ほどいらっしゃいました。
お心当たりの方はコメント欄のお名前とメアドをお知らせください。

さて、西は豪雨、東はコロナと列島全体がダブルパンチになっております。

特に西の豪雨はもう50年に一度なんて言うレベルじゃなく毎年普通に起こる災害になりつつあるので今後は今あるハザードマップの想定外のことも起こる可能性もあります。

そうなるとどこが安全どこが安全じゃないのかを精査する必要もあるのですが、安全じゃないエリアに昔から住んでる人からしたら「ここは危険なエリアだから他に移動して」ってのもなかなか難しいものがあります。

事実、自治体が整備した制度では防災集団移転促進事業なんてのもあるそうですがその集落で一定数の賛同が無ければ難しく古くから住んでる人だと「住み慣れた地域から離れたくない」って人もいるでしょうからなかなか使える制度でもありません。(強制代執行で解決する問題でもないですからねー)

あとコンパクトシティー構想なんてのもありますが、これも完成させようと思えば膨大な時間が掛かります。

かと言って居住者がそれほど多くない地域で治水事業を行うのは採算的に厳しいし仮にやるとしても今からでは数十年は楽に掛かってしまい効果を考えると果たしてどこまで有効なのかも考えてしまいます。

しかし今後も今回のレベルかそれ以上の大雨は続くでしょうから地球温暖化をなんとかするくらいでは間に合いません。

と、こんな話、ワタクシが生きてるうちに解決できる問題でも無いので深くは考えませんが、今そこに住んでる人ではなくこれから住む・買うって人向けくらいには何か書いておいた方がいいのかなーと思います。

よく言われているのが水を連想される地名が使われているところは注意ってやつ。
「サンズイ」が地名に入っているとそこは昔水場だった可能性が高いってのはよく知られていますが地歴で昔は田んぼだった場所なんてもの河川から近いなんて可能性もあるので気を付けたいところです。

それ以外にも地形を読むと確かに低地っぽいけどハザードマックではあまり色がついてないってところも今後は想定外の大雨で想定外の災害に見舞われる可能性もあります。

あと地盤もそうです。
昔からの台地があるところは近隣に水源でもない限り地盤は固くボーリング調査しても摩擦係数の高い場所は案外浅いところにありますが、昔は海や湖だったけど今は新興住宅地なんて場所は刺さる杭も深く、木造建築であればそんな杭も不要なので気軽に新築工事しちゃいそうですが地盤の緩いってことには変わりありません。

そんなところでHMさんが「なーに、、そんなのオプションの地盤改良すれば大丈夫ですよ」なんて言われがちですが想定外の災害が起こればせっかく地盤改良した土地でも悲惨な目に遭うかもしれません。(ワタクシ、地盤改良した土地ごと液状化で沈んだ物件見たことあるので結構そこは慎重です)

とにかく一度この手の災害に見舞われると復活するのに膨大な時間と手間が掛かるので今から不動産を探す人はこの辺りを頭に入れて探した方がいいかと思います。(家の中まで泥だらけになったり建物が変形してしまえば一からやり直しでもしないと元の生活には戻れません)

さて、ちょっと話は変わりますが、
ワタクシ、都内の不動産を散々触っていますが未だかつて重要事項説明で「土砂災害警戒区域」とか「急傾斜地崩壊危険区域」なんてのに振れたことが一度もありません。(えぇ、、いつも「外」にチェック入れてます)

「ったくそんなの神奈川の崖地みたいなとこくらいでしょww」と軽く考えていることもあるのですが、実は都内でもそれなりに崖地は存在していて場所によってはきっちりその旨を書かないといけないエリアがあるってことを今朝Twitterの書き込みで知りましたwww(ほら、、ウン十年不動産屋やってますなんてエラそうに言っててもこんなレベルなんですってw)

都内でいわゆる崖地ってのは昔からお武家さんの偉い人が住んでる場所が多く(武士は高いところに住みたがるのと関係あるんでしょうか?)その数は約2万か所。。。

定義としては「高さ3m以上で傾斜角30度以上」なのでそんなのまで入れたら都内は崖だらけで2万か所と言うのも頷けますが、重要事項説明できっちり説明しておかないといけないパターンも結構多いそうです。

不動産売買では比較的土地値の高いエリアでないとなかなか出くわさないのでワタクシのような不動産屋ではそんな高額取引の機会も無かったんじゃないかと思いますがさっき調べてみたら場所によっては「土砂災害警戒区域」の存在をちゃんと説明しないとダメなところが結構ありました。

そう思うとワタクシもそんなやたら土地値の高いところの取引ばっかりやりたいなと思うのですが、、誰か持ってる人いませんか?(えぇ、、たまにはブログで集客やらせてくださいなってww)



そんなこと迂闊に書くと〇〇イトの物件の売却依頼がたくさん飛んできそうなんじゃんw

COMMENT

No title

昨日の何かが起きるっているのは、そういう意味だったんですね。全くわかってなかった。
すでに旅団員なので、加入希望は書いていませんので、昨日のお願いをかなえてください!!!

仕事にて私もなんだか崖っぷち(字余り)

私が登記簿取った晒し物件、やっぱり崖が敷地内にあるのだと一考ですね。お値段的にどうしても色気が出ちゃうんですよね(笑)。

残務処理

200件のコメント対応お疲れさまでした
だがしかし、今日のコメント欄にも入団希望者現る!?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

大丈夫ですw
◯ナイト物件にも買って良い◯ナイト 悪い◯ナイトがあるので、取り敢えず話は聞いてみましょうwww

まぁ崖地の◯ナイトはアレでしょうけど…w

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

崖地や擁壁

急な地形はおっかないですね。
ゆるい傾斜と思っても、基礎から作る塀を作る羽目に
なったり。(厚み1m位の塀でした)
土地って奥深い・・・

No title

昨日アレだけコメント欄が賑わっていたのにブログランキングの点数が一切変わらないのが、いとをかし ( ´▽`)

しまった!

七夕は誕生日だった為、食べて飲んで浮かれている間にすっかりお願いタイムを逃しておりました。
次のチャンスと言われているクリXXスを気長に待ちます。
サンズイ注意と言えば、話題の晴海フラッグはどうなるんでしょうねぇ。

EDIT COMMENT

非公開コメント