FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)

最近、このブログを丸々パクって掲載する人が多いので無断掲載された方には掲載記事一つにつき3万円/日をご請求させていただきます。(2018.4.12より適用)

あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「秘密結社狼旅団」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム

台風が通り過ぎて。。。


丸様のセーフィティーバントに痺れましたwww

こんにちは。

狼セミナーを初の開催不可能に追い込んだ超大型台風19号。。

首都圏直撃と言われたわりに被害は長野新潟や北関東から東北エリアの広範囲に及び多数の死傷者を出してしまいました。

まずは被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます。

今回の19号ですが、
太平洋上の高気圧が思ったより引っ込まなかった関係で予想された進路より西側と通ったことと上陸までのスピードが遅く、また海面温度が高かったため雨雲がたくさん出来てしまいそれが西に逸れた進路に起因して山沿いで大雨になってしまったわけで風の被害より長く降り続いた山間部への大雨で上流から繋がる一級河川がことごとく氾濫と言う事態になりました。

国が管理する一級河川でここまで簡単に氾濫するのは想定外というより設計水量の限界を超える大雨が日常的に降ってしまう昨今の気象条件に問題があるのではと思うのですが、何十年も掛けてダムを作ったり護岸工事をやったりしても防げないエリアが生じるとなるとやはり住む側で工夫しないといけないのかもしれません。

また今回の災害で治水インフラを再整備するとなると時間もお金も膨大に掛かってしまうのでコンパクトシティ構想に拍車が掛かるんじゃないかと思いますが、今後の人口減を考えるとこのコンパクトシティ構想の方が理にかなってる気がします。

さて、そんなワタクシ、
土曜の朝から自宅警備員として外には一歩も出ずNHKにかじりつきコトの推移を見守ってたわけですが、今回首都圏での被害が少なかったのはやはり電車などの公共機関を物理的に止めてしまったことが大きかったのではないかと思います。(山手線が13時には息絶えたのでやっぱりセミナー中止にしておいてよかったと一安心もしましたw)

また、台風の場合、地震などの災害と違いある程度被害予測が立てやすく、また先日の台風15号で停電や断水が起きたことで台風被害を身近に感じる人が多かったためガラス養生テープを貼っておくとか断水してもいいようにお風呂に溜め置きしたり非常食を買い込んだりしてる人も多かったと思います。(また「川に近づくな」、「不要不急の外出はするな」などかなり前から注意喚起も行われそれが最近では常識となってることもあり防災意識の高まりもかなり貢献しているんじゃないかと)

さらに言わせていただくと普段から国や自治体などの普段は見えない治水対策が功を奏していたのは明白です。
特に首都圏は地下設備も多いので治水対策には相当お金を掛けていて氾濫の常連だった神田川などの細い川では危険水域まで上昇したものの氾濫まではいきませんでした。

そう考えるとやはり東京の治水対策は脈々とアップグレードされているんだなと思いますが、例外的に一か所だけ多摩川の氾濫で水に浸かったエリアがありました。

えぇ、、ニコタマでございます。

テレビの報道なのでご存知の方も多いかと思いますが、このニコタマの氾濫エリアは一部住民の堤防設置反対運動で未だに堤防が未整備の状態でした。

そこから氾濫したわけですから「この反対運動のせいで・・・」と言いたくなるのも仕方ありませんが、反対している人から見れば「俺らは100年前からここで渡し舟や料亭で商売やってるんだ、あとから来たヤツが文句言うなよ」って感情もあり今回の多摩川の氾濫で果たして「やっぱり危ないから堤防作ろう」って機運になるのかちょっと疑問符です。(とは言え100年に一度と言われた台風が今後は頻繁にやって来る可能性がわかったのでさすがに何らかの対策は取られることでしょう)

さて、それとは正反対に荒川が氾濫したら一週間は水も引かずに多数の死者が出ると言われていた江戸川、江東、葛飾、荒川、北区などは今回の大雨でもギリギリではありますが堤防が耐えてくれました。

特に江戸川区あたりになると区のパンフでも「川が氾濫したら江戸川区から逃げて!」と開き直りに近い表現ですが、普段からゼロメートル地帯と認識してるからなのか、はやりこちら側の治水対策は抜かりがありませんでした。

そう考えると今後、東京で生きて行こうと思うとどこに住んだら安全なのか?という論争にもなるかと思いますが、そんな23区の様々なハザードマップを調べてみました。

まずは浸水リスク。。


見慣れたマップですが西側と多摩川エリアが危険エリアです

次に火災リスク。


マップで見ると不燃建物が多い都心が強そうです。

次に地区内残留地図。
これは地区の不燃化が進んでいるので延焼地域が少ないので避難しなくても大丈夫と緑色で表記しているエリアです。


こんな感じになりますがJRの大きい駅界隈が多いです。

最後に液状化マップです。


緑色のエリアは液状化の可能性がほぼ無いエリアです。

これを見てワタクシが独断と偏見で判断すると都内で一番安全なのはやはり豊島区ではないかと思います。

この豊島区ですが、ほとんどの陸地が武蔵野台地の高台にあり、地盤は強力で雨が降っても標高もあるので一部の低いエリアを除けば水が出るエリアはほとんどありません。(つーかそもそも暗渠はあっても河川がほぼありません)

また区長が未だに長期政権なので施策にブレが無く、超長期計画で街づくりをやってたので災害に相当強い街になってます。(それなのに将来消滅する区として有名になったのって一体なんでなんでしょうw)

よく地方の人で都内で投資物件を買いたいけどどこがいい?と言う人がいますが、今後はこういう防災の観点で居住する人が好む場所も変わって来るかと思いますのでご参考ください。(これで豊島区にたくさん人が移り住んで来て税収が上がって「将来消える区」の汚名を返上したいですw

えぇ、家賃は取れても土地代がクソ高い世田谷区の時代はそろそろ終わりにしましょうw(と、台風のドサクサで世田谷disりなワタクシです。。。w)



ただこの豊島区、、メシだけは美味しいところがなかなか見つからないのがタマにキズなんじゃんw

COMMENT

No title

タマにキズw

避難勧告が出ました。

亀有在住のももんじゅです。

台風で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

中川の水位を確認しながら、家にいました。

中国では今回の台風で日本人8000名が死亡すると報じていたそうです。

シェアメイトたちは避難所はどこかと
防災マップで確認していました。

非難するなら早く行ったほうがいいよと勧めていたのですが
私が落ち着いて普段見ないテレビを見ていたせいか、
安心したのか、結局避難しませんでした。

私をみて何が正しいのか考えていたとのこと
マニュアル世代は、マニュアル通りにしないと
不安になるようです。

強風で今にも割れそうな窓ガラス眺めている時に
起きた地震、結構ビビリました。

No title

 やっぱりこうやって見ると西側は災害に強いですね。。今回の台風もどうせ大したことないと高をくくっていましたが本当に凄いという・・
自分も周りも被害は聞きませんが本当にたまたま被害が無かっただけという気がしてきますがやっぱり被害にあわないと備えってしないんですよね(+_+)

No title

台風被害に遇われた方心よりお見舞い申し上げます。
私もヒヤヒヤしっぱなしでしたが。同じ街で、避難勧告出た所もありましたので。
持ってる区部、台風被害がないか調べました。

ハザードマップ手元におくのはとても大切ですね。

今回の台風

ニュースを見ていて色々な地域で避難勧告や指示が出てくる
のを見ていたのですが、エリアの範囲がざっくり過ぎて本当
かと思うものも多々・・・

「板橋区に避難勧告」って範囲大きすぎだろ。

海抜低い所は別として、自宅が持ちこたえそうと思ったら
とどまった方が安全だし、最後は自分の判断が命の綱かな
と思いました。

歴史的に世田谷区はOK豊島区はNG

災害危険度は人口密集地で最大になるので、豊島区は基本的に駄目です。同様の理由で渋谷区、新宿区も不可。
歴史的に見て、世田谷区の都市化の始まりは関東大震災の被災者の大量移住です。なので、自然条件的には一番安全な所です。実際に地盤が都内で一番強固なのは池尻なので、消防庁の寮もそこにあります。まあ、三軒茶屋周辺はいわゆる木密地域なので、火災安全性はどうかと思われますが、世田谷区西側の地域は人口密度も低いので、次の震災時はやはり再び都心の被災民の受入先になるでしょう。
二子玉川ですが、今回浸水したのは堤防外地域(この地域の背後には堤防が完備されています)の僅か一棟のマンションの半地下に入居していた歯医者と、無謀にも川に張り出した土地に作られたプレハブ建物の自転車屋の床上10cm浸水のみです。被災した半地下のマンションは、河原の公園真ん前の一番低い土地なのに半地下と言う意味不明な構造で被災しましたが、隣のプラウド二子玉川は盛り土の半ばにも水は達せず、全くの無傷でした。被災したマンションも、歯医者の上に入居している美容室は台風翌日から通常営業していました。
現地を一度見られると良いですが、あの台風でこの程度の被害なら、正直堤防整備不要です。毎年同レベルの台風が来て、毎年被災者に被害全額補償しても堤防作るより安く済みます。ちなみに、堤防を作るのに当初反対した料亭や渡し船業者で残ってるのは僅かに一軒だけで、後は全て最近移住して来たマンション等の住民です。
多摩川でも川崎側は広範囲で元々河床だった場所なので、話が全く違い、リアルに危険ですので要注意。武蔵小杉とか、多摩川水面より土地が低いですから。

EDIT COMMENT

非公開コメント