FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「狼旅団 森野狼太郎」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム

楽待の記事に軽くイチャモンつけてみます。。。


本日は後半でムチャ振りが4件ございますw

こんにちは。

本日は、先日のFBにわくわくさんがぶち込んで来たネタについてコメントさせていただきます。(旅団秘密ページにぶち込んで来るってことはワタクシに辛辣な論評をして欲しいという合図じゃないかと感じますので本日は遠慮なく書かせていただきますw)

そんなネタがこれ。。
「本」を出版できる投資家、できない投資家
「ノウハウ本」出版のメリット、印税、費用までを公開!


楽待コラムに書かれていたネタなのですが、
要するに不動産投資家さんで不動産投資本を出版するにあたりどんなことが起こるかについて書かれてます。

コラム冒頭では本を出版することのメリットが書かれていましたがなんでも本を出すとセミナー会員が増え銀行融資にも少なからず好影響があるらしいです。。(え?もしかして、、それって顧客と言う名の「養分」が増えるってとこを銀行が与信で見てるってことですか?www

確かに閉鎖性の高い不動産投資業界だけに一般の本屋さんで不動産投資本を売れば外部の不動産投資家予備軍な人たちにも名前が売れますし、「本を書いてる人だからすごい人なんだろうなー」なんて煙幕を張ることも可能、、。(事実、本を出すと「先生」とか呼ばれるそうですからw)

まして本屋で出した書籍が平置きなんかされようものなら「お!この本、、もしかして売れ筋の本なんじゃないか?」と手の取って貰える確率も上がるし不動産投資でありがちな「セミプロ騙すより素人騙す方が儲けやすい」って観点からするとやはりこの書籍出版ってのは自腹で200万払っても相当なメリットなんでしょう。(200万の出費で有名になったりセミナー集客が増えてコンサル営業に結びついたり銀行融資でなんらかの恩恵があるなら200万なんて惜しくないって人も多いんじゃないかと)

だからでしょうか?
本来、1冊しか仕入れられていない本屋とかに著者が営業時間中に侵入し、外部から持ち込んだてめーの書籍を本屋の棚に平置きして写真撮って「○○書店でも「平置きで」売っていただいてますww」なんて自作自演するのって。。。。都内某所の書店でそれやってた某不動産投資家さん、、、ワタクシその光景を隣の自己啓発系書籍の棚の陰から盗み見てましたよw)

また、本を出すと献本だのと言って「送りますから読んでブログで書いてくれ」と遠回しに催促されることもありますが、どこの馬の骨かもわからないやつに軽々しく個人情報を流すのもイヤなので「すみません、、欲しかったら自分で買いますから、、、」とお断りしたのも一度や二度のことでもございません。(しかも最近、どうも「狼は献本を受け付けない」という情報が出回ってるせいかワタクシにこの「献本したい連絡」もめっきり減りましたが。。)

だからと言って世に出る不動産投資本が全部クソかと言うとそうでもありません。。(中には当てずっぽうながらも素晴らしい経験談を本にまとめてる人もいるし真面目に本書いて出したはいいけどそれを悪意のあるやつに広告塔に使われてそのまま神輿になってしまった人もいるし、、)

実際、ワタクシもAmazonとかで「お、この本、、面白そう(いろいろな意味でw)」と思えば自腹で購入してますし、馴染みの大家さんが本を出せば内容的に信用も出来るのでつい買ってしまいます。(自腹と言っても会社の経費で落としちゃってるのは内緒にしておいてください)

で、
このワタクシが実際に買うか?買わないか?の判断ですが、
これは普段の著者である人の日頃の言動・活動を見て決めています。

例えば、赤井親分とかジェービルさんとかクマさんが本を出したと言われれば中身なんか考えずに出版日に即買いするのですが、なぜかと言えば、

ワタクシの目にはこの人達って本を出してその後にコンサル活動で大金を得ようとか不動産関連商材を売ろうとかなどのバックエンドの商品を売ろうって気がまるで見えないんです。。(えぇ、、普段の言動を聞いてると不動産投資以外の分野で金儲けしようって気がまるで感じられないってとこに注目してるんです)

書籍を出版するって何か目的がないとなかなか出来ないものなので、楽待コラムにも書いてあった通り大抵の人は本を出すことで知名度を上げそこからコンサル化したりして回収を図るものなのですが、赤井さんとかジェービルさんにはそんな気があるわけでもありません。。(他にも何人かいるのですが時間がないので本日は割愛です)

「じゃあ、なんでわざわざ本なんか出すんだよ」ってことになるのですが、恐らく赤井さんの場合、墓標的に「自分が今までやって来たことを何らかの形で残したい(しかも本出すとセミナーに行く先々でモテるのでダブルでお得w)」とかジェービルさんあたりだと不動産以外にもとメガバンカーという肩書もある元々業界で有名キャラだったゆえに出版社に「本出してくれ」って言われてたクチなんじゃないかと思います。(ってかご本人、「ホントは本なんて面倒だから出したくないんだけどねー」って飲むたびに愚痴ってましたっけw)

そういう人が出す本ってのは「本だからあえて書く」みたいな記述が結構あってそういう部分がものすごく勉強になるんです。

もちろん売名目的な著者の本でも時々「お、これ結構いいこと書いてるなー」と思うこともあるのですがそこで「この人いい人かも」なんて思うとさあ大変。。。

そんな人にうっかり近づこうとしようものなら「一緒にタッグ組んでお金儲けしましょう」と誘われたり「狼さんお墨付き」なんてやられて妙な広告塔替わりにさせられちゃいます。(いいこと書いてるかもしんないけど集客目的で本書いてるやつなんかにお墨付きなんか与えるわけねーだろwww)

何が言いたいかと言うと、
結局、売名・集客目的で出す本の著者に近づくと結局最終的にはうまいこと取り込まれてしまい、本来儲けるつもりで始めたはずの不動産投資で違う扉を開けてしまい気が付いた頃には戻るに戻れないところに行ってしまう確率が高いんです。。。(大抵、その著者の手先になって集客活動手伝ったりして不動産投資では儲けられずにそこで得たおこぼれが収入になってたりするんです)

ワタクシ、この大家業界をまる7年ウォッチしてますが、最初の頃はウチのイベントにも顔出してた人がやがて何かに触発されてしまい気が付くと妙な不動産セミナー系大家の会とか自己啓発セミナーのメンバーになってたりマルチの片棒になってたりして消えて行きます。(ま、ウチにいても団員からお金をむしり取るコンテンツが無いので少しでも金になる木に移りたいって気持ちもわからなくないですけど)

また、誰かとタッグで本出してその売名効果で集客し、不動産屋まで立ち上げて我々業者でも顧客に出すのをためらうくらいの地方の売れない築古木造アパートを「極秘高利回り物件」と称してして会員に売りさばいてしまい、買って回らなくなってしまった人からの救援要請も後を絶ちません。(ってかいつも思うけどなんで売った奴が責任もってそのケツ拭かねーんだよwww)

実はこれのほとんどがブログ→メルマガから派生した書籍出版であり、本を出したことで「著名な人」と勘違いした不動産投資初心者の人が間違った扉を開けてしまったがために不動産投資の迷宮に迷い込んでしまい、知らず知らずのうちに億単位の借金を背負った挙句、昨今の融資方針の変更で起こった貸し渋りの煽りをモロに影響受けてしまい不動産投資の終着駅がどこにあるのか分からなくなってきていることの原因ではないかと思います。(今はまだ実感の無い人も多いと思いますがどうもワタクシの予想より1年早くなりそうなので今日は思いっきり書かせていただいております)

実際、そういう迷宮に迷い込んだ人の話を聞くと「失敗のターニングポイント」はほぼ妙な本を読んでしまったために囲い込まれてしまったって人が多く、コンサルだと言われて不動産投資に詳しい人かと思ってたら実は大した知識も持ち合わせておらずひたすら己の利益の方向に誘導されて気が付けば逃げるに逃げられないところまで来てしまったってパターンばっかりです。(もちろん運よく成功した人もいるんですがその成功確率が半分以下ではもはやコンサルの意味がありませんw)

なのでワタクシ、前々からエセコンサルの話をブログで書いているんですが、悲しいことにワタクシのブログはそういう人が自分の投資スタイルが失敗だと気がついてから飛んでくるブログなので初心者の人が引っ掛からないようにするには誰かが自腹で200万くらい突っ込んで「共同出版」と言う名の自費出版でネガティブな不動産投資本を出して本屋の棚に平置きの自作自演でもしないといけません。(1冊だけの細々ば縦置きだと恐らくネガティブ系投資本は売れませんから)

もちろん「じゃ、オマエがそんな本出せばいいじゃねーかよ」と言われると思いますが、ワタクシの場合、本業もあるしそんな本出して万が一にも有名にでもなると本業に差し支えて200万どこの損では済みません。。。(同業者にワタクシの存在がバレたらたちどころに干されてしまい結果的に億単位の損害になっちゃうんです。)

そんなわけで、大変申し訳ないですがワタクシは春先に予定している「ブログ全体の電子書籍化されたPDFに無料配布」でご勘弁ください。。。(ファイルがあまりに重いので希望者にCDで焼いて送ってあげますw)

と言うことで本日は一つお願いがあります。。(ここよりムチャ振りが始まりますw)

今はまだ本なんか出版してませんが(ってか出版なんかしてくれる気もしませんがw)、
地方投資の数少ない成功事例としてぺんたさん「実戦で培った不動産マーケティング術」(今、地方不動産投資業界で一番必要なのはこれじゃないかと思います)
とか
ゲテモノ喰いと言われようが猪突猛進な行動力でなんとかしちゃうってお手本的なひろさん「不動産行動学」(ひろさんが買ってる物件見ると人間、どんな買っても成功するんじゃないかって気がするのはワタクシだけではあるまいw)
とか
また絶対出しそうもないけど「賃貸でここまでリノベするって絶対趣味でやってんでしょ?」って思われる大家学さん「趣味の不動産(おいおいww)」(最近、新品の耕運機まで買ったそうですが、それってもう大家さんがやる範疇超えてる気がしますw)
とか
株と不動産、その他金融商品などに広範囲の知識を持つshikonさん「私の投資20年&失われた10年(意味深w)」(株を20年やってるってことは10年くらいは修羅場を経験していると予想してますw)
などなど、、
「持ってるノウハウを本で書いたら絶対読むけどなー」って人も多いはずなので誰かとびっきりのネガティブ系書籍を出版してはくれないでしょうか?(あと番外でポールさんなんかにも「ぼくちゃんの勝負服はアミバ様」なんてタイトルで己の不動産体験談を本にまとめてほしいと思いますが、、彼の場合、うれち○こすーぷなんて言葉が飛び交うので鶴光が本出してた時代ならいざ知らず、、彼は出版コードや倫理的に無理だと思いますwww)

ワタクシ、思うんです。。
これら「これから本出してくれないかなー組」の人達は自分の経験したノウハウを一発で一冊の本にまとめて「私が培った経験と知識を共有出来たら」って気で書いてくるんじゃないかと。。。。(なので相当中身の濃い事を書いてくるんじゃないかと希望的観測を含め予想しております)

また、すでに不動産投資本の世界も飽和状態で一時期流行った「サルでも出来る」だの「ゼロ円から始める」だの「年収○○万からでも出来る」だの「○年で家賃収入○億」だの夢みたい話ばっかりな本と違いこの人達は「は?不動産投資なんかに夢見てんじゃねーよwww」って間違っても不動産投資に夢を見させる本なんか出すとも思えませんw

あと、今後は不動産投資業界も斜陽化してくるはずなのでこれからこの手のマイナスオーラ系書籍は爆発的ヒットになるんじゃないかとも思います。(「サルでも出来る自己破産」とか「借金○億からの脱出」とか「銀行からの督促電話に怯えない100の方法」とか「完全版!青木ヶ原・東尋坊の歩き方MAP」などなど)

そんなネガティブ系書籍が旬を迎えようとしている昨今ですのでどなたかぜひ書籍化お願いする次第であります。。。。(あ、変な事書きすぎて肝心な「投資家のための不動産投資ポータルなくせにそんな集客目的な自費出版と言う名の共同出版を推奨するかのようなくだらね―記事書きやがって」と罵るの忘れてたw)




明日のポールさんのブログで「ぼくちゃんが本書きます」って言うに100アミバなんじゃんw

COMMENT

出版して欲しい方々...

分野別に様々な角度から書いていただきたい方は、
結構たくさんいますよね...(^^;

それにしても旅団ブログのPDF...
かなり大ボリュームになってそうですね...(; ゚Д゚)

はてさて、無茶ぶりされた方々の反応は如何に...( ̄▽ ̄;)

No title

『保険金詐欺って言われないフカし方講座』と、
『素人でも出来るサンタメ取引マニュアル』も
書けるはずの人もいるので、出版してもらいませうw

閣下CD!

やったー!ありがとうございます。

それにしても養分=与信(爆)。
なんか言葉になりませんが、今だから閣下のご指導で分かりますが、まっただ中にいた時は分かりませんでしたね。
で、疑念が生じて閣下ブログにたどり着いたのですから。
本当に書籍で啓発すること大切だと思います。

No title

ひろさんのが書籍化されるなら欲しい。
自分は人より誤字・脱字に反応する感度が高いらしく、ひろさんのブログを読むと余りの多さに疲れてしまい、自然と避けるようになってしまったので。(書籍なら校閲しっかりしてるはずですから)
えぇ、それはもう閣下の比ではない量です💦

本といえば、クラブジャイ○ンでも本の紹介がありましたよ。
リンク先には中古なのに1冊3万円や9万円といった価格の本がずらり(笑)
これでも信者は買ってしまうんでしょうね。

No title

 いやいや、ブログ始まって以来の大事が起きてる気がします。
ブログのPDFなんて凄いことですよ。しかも誰かが出版とか(笑)
何気にこの連休に今までのセミナーのレジュメ読み返しましたがそれでもボリューム凄かったですし。

玉石混淆

大概、○○でもできた!出来る!!本は内容無し。
本出して頻繁にセミナー開催する輩もまがいもん。
閣下のブログ読者には耳にタコですけど。
全賃のセミナーも今では客集めの一環。
再現性のある儲けのノウハウを他人に教えるわけないじゃーん。
ボランティアかっ?
美味しいことはこっそりとが人間の性。
とりあえず、楽待の掲載内容は全て疑う事が不動産投資の基本でしょう。
どれも突っ込みどころ満載で面白いです。

PDF。。。

狼閣下

こんばんは。やおうです。

過去のセミナーレジュメもPDFにしていただけると嬉しいです。

そういえばサン○ードのセミナーの大家。。。

新築ワンルームデベ紹介して紹介料や相談料を取る自○車大家。
田園○布の経営しているカフェで新築売りさばいていて紹介料貰う大家。

こいつらに関わらなくて本当に良かったですwww

これからも宜しくお願いいたします。

No title

これ「本を出版できる投資家とできない投資家」じゃなくて本当は「本を出版する投資家としない投資家」じゃないですか?
出版するのを特別なことのように書いてるだけで。と思うのですけど…。
ちなみに「先生」「先生」と言ってくる編集者は信用してはいけません(経験上そう思います)。一応物書きのはしくれです。

「ブログ全体の電子書籍化されたPDFに無料配布」希望

閣下「ブログ全体の電子書籍化されたPDFに無料配布」楽しみしてます!

No title

最後の御四方については妙に納得してしまいました。

名著

旅団のメンツなら色々書けそうですな。
・埋められて1人前の不動産投資
・シロアリを友とせよ!(不動産編)
・不動産ダマシのテクニック

ひっそりと匿名でPDF流布したら楽しそう(・∀・)

ラブコールにも自らのポリシーを堅持して、出版に応じない閣下の男気、さすがです。
pdfファイルにするなら、amznのkindleフォーマットでブログ読者のみが読めるようにする、ってのはどうですか。

虎視眈々と待ってます

マイナスオーラ全開の書籍大ヒットで
不動産価格が暴落するのを虎視眈々と待ってますが、、、 何か?
と言うことは、私の物件も暴落?

私もCD欲しいです!

てっきり、、

楽待へのイチャモンかと思いました。
今では前編・後編の特集で批判している、某シェアハウスの集客の場が楽待だった件かなと。、

感謝

偽善者達の化けの皮を剥がしたいです。
魑魅魍魎の世界を少しでも浄化したいです。
ブログPDF配布を希望し期待しております。

No title

真っ先に思い浮かぶのが●●大家かな

あとは高金利の銀行をやたらおすすめする若い某自称不動産投資家
ほかは数人かなまっくろなの。

あとは銀行をだまして融資を引こうとする手法をおすすめする本を書いてる数人とか

結構いるね。

何百冊か呼んでると ああこいつねってわかるよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント