プロフィール

狼旅団@地下潜伏中

Author:狼旅団@地下潜伏中
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛する2児の父。。

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

職業:収益物件売りの不動産屋

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないのであまり見ないほうがいいですよw


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム

不動産投資とは。。。(昨日の続編)


読む前にポチっていただけるとうれしいのですが、、、w

こんにちは。

昨日は「最近の不動産プレーヤーって融資さえ付いちゃえばなんでも買っちゃう人ばっかりなんだなー」と嘆いて終わりましたが、実際の話、ウチで扱う物件のほとんどが無茶な融資を付けられて業者さんによって属性のいいお客さん順にベルトコンベアに乗っかってるかのように嵌めこまれ売れて行くのが常になりつつあります。

要するに他の銀行じゃ絶対出ないであろう融資額を短期間で貸し付けることが出来る銀行ってことでモテモテになってるんですが、実際、いくらで融資組んで中間売り主からいくらフカされて買ってるのかすらわからない我々、、あとで謄本を見たりするのですが、そこに書かれた債権額を見ると「やっぱ不動産投資って弱肉強食な世界だな」と実感します。。(中間省略じゃないとオーバーローンが付かないってのはわかりますが、あそこまで債権額をフカされちゃうと売り主さんに「ホントはこんな高値でも売れたんじゃねーのか?」と痛くも無い腹を探られそうですw)

ここで言う弱肉強食ですが、言うまでもなく「情報の強弱差」のことを指してます。

昨日書いた「ストライク、ボールの話」もこの情報収集力や経験値がが高ければ外角のボール半分くらいまで見分けが出来るようになるので「あ、微妙だけどこれは見送りだな」とか「あ、これなら俺様のチカラでどうにでもなるな」と自在にバットコントロールが出来るはずです。

またそういう見極めが出来るようになれば業者さんもやすやすとクソボールな物件は出しにくくなりこれが続くと業者さんも「あの人はこういう物件を出せば必ず買ってくれる(かもしれない)」と思うようになり赤井親分みたいに「まだこの物件どこにも出してないんですけどこれ買いませんか?」と裏でこっそり出して貰えるありがたい身分にもなれるというもの。(大体、いい物件買ってる人ってこんな成り立ちで資産の拡大化をして金沢の加賀屋でバカンスしてるもんですw)

ただここまで辿り着くにはそれなりの経験値と運が必要です。
いつも思うのですが不動産投資って進む過程の中で出会った人の影響を受けやすいので成長過程で妙な奴に出会うと紹介ビジネス(紹介者に業者からフィーが落ちてくる類)や明らかにその人がやるともっと早く上に行けたのに拡大が遅くなるなんてことが起こります。(最初に融資付けて貰った銀行一つでも将来的に大きな影響を受けるんです)

紹介ビジネスでもなんでも言ってることが正しければ多少フィーを払うのも授業料ってことで経費計上してもいいくらいなのですが、結局「自分に効率よくフィーが落ちてくるにはどうすればいいのか?」なんてことにベクトルを置く人が多い昨今の紹介ビジネス業界ですから最終的には抜かれるだけ抜かれたらあとは知らん顔(もしくは徐々にフェードアウトw)なんて扱いを受けてしまうことも多いとか。。

しかも最近はやり方も巧妙になってて
①最初にいくら資産を持ちたいか目標を立てさせる
②無料コンサルとして囲い込み根ほり葉ほり個人情報を吸い上げる
③立てた目標に帳尻を合わせるかのように個人情報から算出した「買えそうな物件」を嵌めこむ
④紹介者としてフィーがバックされる
⑤しばらくは相談に乗るけどやがて買った人も諦めて連絡が途絶える
⑥次の獲物を探す

以下ループ。。。

というようなスキームがガッチリ組まれているようです。(なんとか式って聞いたんですけどちょっと忘れてしまいましたw)

またこれも実際に相談に行った人に聞いたのですがとにかく最初の相談でいかに知識があるかを思い知らせるかのようにこれでもかと数字攻めに遭い、面談中に吸い出した個人属性などの情報を元に「あなたならここまで成り上がり可能です」と上手いこと目標設定され「何年以内にここまで資産を作る」なんてガッチリとマインドセットされてそのゴール目指してひたすら物件を買い増しするという荒っぽいやり方なので(属性で借りられるリミットいっぱいまで行くそうです)いつの間にか「不労所得的資産形成」だったのが「融資残高の競い合い」に話がすり替わってることが多いです。(やらなくていい無茶な借金のおかげで自宅用のマンションのローンが通らない属性に成り下がってしまったなんて悲しいオチの人までいるそうです

こういうのって不動産投資のノウハウを覚える以前の話で普通にサラリーマンやってれば不動産の知識なんか無くても本能的にわかるはずなのですが(だって本業でそういう相手といつも丁々発止してるから高給取りになってんでしょ?w)最初の人当たりの柔らかさとかで「あ、この人は信用できそう」とすっかり相手のペースに嵌めこまれて知らないうちに着々と「融資残高の競い合い競争」に導かれちゃうわけです。(何度も言いますが借入総額〇億円を資産総額〇億と勘違いしてる人ってなんですぐ紹介ビジネスに手を染めたがるんでしょうね。。。)

これはワタクシの個人的な考えですが、
今の時期に物件を買っていい人って昨日の王さんみたいに自分の打てる球が来るまで絶対振らずに待てる人か、どんな球でもフォームを崩すことなく芯で打ち返せる人か、相続税対策で借金しないと大変なんだよって人か、儲かり過ぎてシャレにならないから償却資産としてなんか買っておこうって考えてる人くらいじゃないかと思います。

そんな中でも当然、CFが出る物件もあるでしょうけど普通に所有することしか出来ない人(経費が掛からないようにあれこれノウハウを持ってる人以外の人を指します)だと儲かってはいるけど薄いCFでの低空飛行を強いられるケースも多くやっぱり今の時期はあまりお勧め出来ません。

恐らく今ス〇ガさんあたりで融資組んで買ってる人ってCF目当てじゃなくて消費税還付とか減価償却用資産を狙って買ってるんじゃないかと淡い期待をしているのですが、ホント、これがCF狙いだなんて話であればその話を勧めている人をまず疑ってかかった方がいいんじゃないかと思いますよ。。。(見分け方として物件を勧める際に「顔では笑ってるけど目は笑ってない」なんてのがあります


えぇ、、
いつも言ってることですが


不動産投資とは、、、


人を疑うところから始めるのが最善の方法ではないかとww
(こんなこと言っちゃアレですが他人が儲かるのを本気で応援してるやつなんていませんからw)



金持ちにはみんな善人ヅラして近づいてくるものなんじゃんw

COMMENT

信じるということの履き違え

自分で何も考えずに専門家だからなんてことだけで
盲目的に信じてしまうとロクなことにならないですよね...(^^;

「目標を立てさせる」こと自体には確かにメリットもありますが、
「一貫性を保つために無茶をしがちになる」って側面があるのも
忘れちゃ行けない気がします...( ̄▽ ̄;)

自己啓発系の謳い文句で攻めてくる人たちなんて、
大抵、使い古された心理テクニックのオンパレードなので、
それを覚えるだけでも少しは自己防衛になりそうです。

まぁ行き過ぎて拗らせると
「そしてだれもいなくなった」なんてことになりそうなので、
程々が良いのかも知れませんがwww

No title

申告が終わり・・・自己満足?とか考え中です・・・。
難しいですね。

No title

 自分も前から疑問に思ってましたが、某銀行から融資受けて買う人達は素直な人達なのかなと。
 何で数学なんか勉強しなきゃいけないんだ!とか言わないから、良い大学と良い会社に入れるし上司の命令も素直に聞いて高待遇までたどり着けるのかなと。自分はとても無理です(^。^;)

型にはまる

こうもかっちりとはまる属性の人って、案外いるんですね。
そのレベルの属性の人で、何%位の人が手を出しているの
でしょう・・・^^;

5年もしたら苦しくて仕方なくなってきそうですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント