プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム

製本の話。。。

banner赤ずきん
朝帰りの新戦力君がやけに酒臭いんですのw

こんにちは。

不動産の契約などで契約書や重説を取り交わしますがその際にやるのが「製本」。。。

ワタクシ、実はこの製本があまり得意じゃないので(ぶきっちょなので均等に貼れないんですw)この作業は几帳面な新戦力君の基本業務。(あとコピー機を使って領収書を印字する画期的な技術も新戦力君仕込みなのですがその前は印字機使って項目は手書きのワタクシでしたww)

そんな書類の製本。。
なんでわざわざ袋とじしないといけないかと言うと、、ページの途中とかを改変されたりページごとすり替えられて契約内容がいつの間にか不利なものにすり替わってたなんてことを防ぐ目的があるからです。

また、不動産契約は取引金額も大きいことが多いし、文言を微妙に変えてしまえばたちどころに不利な契約になってしまうこともあるのでお互いに合意した内容をきちんと書面に反映させておく必要があるんです。

それをすり替え可能な状態で実印押すことにないよう製本して契約書にハンコおして製本したテープの上にも押印して内容のすり替え防止ってのが契約時のお約束。。。


ま、こんな紙テープみたいなの貼って切り離せないように封印します

しかし、今日契約した仲介さん、、
我々が契約しに言った際には製本はおろかそもそも書類自体がまだ未完成でした。(契約当日にまだ出来てないってどういうことだよw)

とは言え、ウチみたいに月あたりの契約件数が少ないとこと違い大きい会社になると契約数も桁違い。。
仕事が押せ押せになってる関係で契約当日ギリギリに仕上げてくる仲介さんも多いです。

だからなんでしょうか。。
大手の仲介さんの契約書って紙一枚にびっしりと条項を書き込んで製本そのものが省略出来るようになってます。(一枚ものならすり替えも出来ないし加筆訂正しないと改変も出来ませんから)

さて、
話は戻しますがこの未完成の契約書と格闘している仲介さん、、(「おーい!謄本の日付っていつだっけ?」なんて事務員に聞いてるくらいなので完成まであと30分以上掛かるんだろうな。。。)全日(ウサギマークの方です)の書式で作ってるらしいのでページ数も多いですから当然今回も製本して製本テープの上にもハンコを押すタイプの契約になります。

しかし、この仲介さん、、
「あ、ハンコ押す欄は出来たのでとりあえずそこにハンコ押しといてくれませんか?」
と我々にバラバラの状態で差し出して来ました。

契約書の内容(案)はすでに見ているのであれですが、契約書が閉じられていない状態で契約印を押すってのはおバカ以外のなにものでもありません。(それって言うなれば金貸しが用意した白紙委任状にハンコ押すに等しい行為ですからw)

「えー、、ちゃんと製本しないとハンコなんか押せませんよw」
我々、そう言って時間が掛かってもいいから「とにかく製本までやってください」とお願いしました。

で、仲介さんがめんどくさそうに「製本しました」と言って我々に差し出したのがこれ。。


えーっと、、これは製本じゃなくホチキス止めって言いますw


先ほども書きましたが製本って後で内容を改ざん、すり替えを防ぐ目的でやることなのでホチキス止めだけで製本となるとワタクシが同じ立場であればきっとバックヤードに契約書のコピーに行く段階で契約内容を差し替えた「我々に極めて有利な契約条項」にすり替えちゃいますw(契約書のハンコを押した書類ですからこれで「製本」しちゃえばこれが「正本」ですw)

今回のは賃貸の契約なので多少内容がすり替わってても気にしませんが、これ、悪意があればやりたい放題に出来ちゃうことだけにこういう雑な仕事する仲介さん、、ちょっと怖いです。。

でもそもそも袋とじにどんな意味が含まれてるのかわからない仲介さんだと決まってこう言います。

「いえ、ウチの製本ってずっとこれでやってますけど、、なにか問題ありますか?」

こう言われていちいち我々が「製本とはこういうものです(ドヤw)」とやっても「うぜーおっさん達だなー」としか思われないのでこういう時はホチキス止めされたページ全部にハンコ押しちゃいます。(ページとページの谷の部分に会社の実印をベタベタ押して改変出来ないようにマーキングですw)

当然、契約書が朱色のツブツブで汚くなっちゃうのですが後で「これが正本です(キリ」って言われるのもシャクですから仕方ありません。

そんな契約書を取り交わし本来であればわずか5分で済むはずだった契約も2時間半も掛かっちゃいました。(途中何回もお直しするとこが発生して面倒な展開になっちゃいました)

で、帰りしなに仲介さんの顔見たら「こいつらおっさんのくせに細かいことばっか言うからメシの時間過ぎちゃったじゃんw」って顔でお見送り。。

そういう気配ってすぐ顔に出るのでワタクシなんとなくわかるのですが、我々、もうこんな年なのでそういうことにいちいち目くじら立てて嫌われたくもありません。。(「いい年して最前線で仲介なんかやってんじゃねーよ」と笑われるのが関の山ですw)

ってか、、そういう仲介さんって二度と一緒に仕事しようと思いませんので今日が最初で最後の仕事。(そんな人にあれこれ文句を言ったところで何のメリットもありませんし、そう思えば腹も立ちませんw)

そう自分に言い聞かせて会社に戻って来たのですが、会社に戻るなりその仲介さんから着信がありました。

仲介さん「すみませーん、、さっきの契約書ですが数か所訂正があるのでちゃっちゃっと直して貰えませんか?」(なに?まだ間違いがあんのかよww)

間違いといっても見る限り些細なことだしウチは貸主側なので正直その間違い箇所ならこのままでも構いません。(ホント、段落とかフォントの大きさの違いなんですもんw)

そう思って「あ、このくらいなら別に意味は通じてるから大丈夫ですよ(ってかあまり君と関わりたくないし)」と返事をしたのですが、「いや、ウチのリーガルセクションがダメって言ってるんですよ」と譲りません。。

大手の不動産会社あたりだと法務部などのセクションがあってここのチェックを受けないと契約関係の書類を発行出来ないなんてことがあるのですが、この会社、、行った感じではそんなセクションがあるようには見えませんでした。(事務のお姉さんが見よう見まねで契約書類を作ってる印象だったし。。)

でもまあ、相手がそれで納得するならそれでもいいです。(面倒な人そうだからいう事聞いときましょう)

しかし、、面倒なのはそのあと。。

仲介「えーっと、、うちの会社、、ハンコ持ち出し出来ないのでまた来社してくれませんか?」


あんな雑な契約書作るわりにリーガルチェックとか言い出すので「一体なんのリーガルチェックなんだよ」とは思ってましたがまたウチがわざわざハンコ持っていくのもシャクなので「じゃあ、郵送で送ってくれればハンコ押して送り返します」って言ったんです。

そしたら・・・

「いえ、うちに会社、そういうのダメなんです。。。」


なんかもう、あれです。

社内基準がどこにあるんだかさっぱりわかりませんが1つだけ間違いない事は

二度とお付き合いしないようにしようってことです。。(絶対この会社、おかしいってww)




こんな仲介さん、、

新宿区に少なくとも一社存在します。。。



人気ブログランキングへ
二丁目にある変な仲介さんじゃないことだけは確かなんじゃんw

COMMENT

No title

なんか見た事あるぞ、この表紙w

エ○ブルさんですねww

体裁だけは...

やけに整っている中途半端な会社ですね...(^^;

2丁目の方は、リーガルセクションを含め、
全てお一人てでこなされているような...

まぁ、リーガル的なことまで
やられているかどうかわかりませんがwww

ふふふふふ・・・(涙)。
私の契約書、ホチキス止めでした。
・・・本当に勉強になります。
買う前に閣下のブログ読んでいれば、以下略。

意図的に仕返しされたのでは?

不動産ではありませんが、製本もせず、最終ページの住所と社名と代表者のページに印鑑だけ押して返送してくる初取引の業者さんの契約書が机の上にあります。
そんなことする気はありませんが、乗っ取ることも潰すことも、、、、

こんな事では欧米どころかアジアの国にも蹂躙されても仕方ないのかと。

島国は怖いと思う外資の雇われ人です。

ざっくりな人

いますね、私の数少ない経験の中でも。^^;
私も初の物件購入で一緒に書類の間違い探しや製本やり直しを手伝いました、ええ。(・∀・)

バーニィ

うちも持ち出せないハンコ、本社に行って押しますが…。
2ページほどの契約書だとホチキスに割印ですね。
製本はめんどくさいので。

袋とじも公開説明してください

世の中、契約書の袋とじを知らない人が多くて呆れています。

念の為、事前に袋とじを(やり方の絵をつけて)依頼しています。

ドヤ顔で「袋とじしてきましたー!」って、これはただの製本なんですけど…。
あのさー、製本なら全頁に割印が契約書の常識じゃん?
表紙にしか割印しないなら、ふ・く・ろ・と・じ!

EDIT COMMENT

非公開コメント