プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム

全国地震ハザードマップ

banner赤ずきん
暇だったので今日は家でフォカッチャ量産したんですのw

こんにちは。

昼間、なんとなくワイドショー見てたのですが、熊本の地震で家が全壊しちゃった人がアルピニストの野口さんが提供してくれたテントで過ごしてる話が放映されてました。

手足が伸ばせない車で寝泊まりしているよりはテントの方がまだマシなんだとは思いますが今まで普通に家で暮らしていた人がいきなりテント暮らしになれば健康のいいわけありません。(まして野外でテントじゃこれかからの季節の寒暖差でカラダ壊しちゃいます)

かといってホテルとか旅館を開放しているそうですがあんな地震食らって建物内で寝ようってのも怖いものがあるそうでどうしても野外で、、って流れになっているようです。(ワタクシも同じ目に遭えば絶対屋内には寝れません、、)

ワタクシどうにか出来るって話でもないのであれですがこういう人を早いとこなんとかしてあげて欲しいところです。

さて、そんな熊本の団員MさんがFBで全国地震ハザードマップのJ-SHISのアプリのネタを書いてたのでワタクシも今日はそのアプリの便乗ネタを書かせていただきます。

この地震アプリ、、
確率上ではありますが全国の震度6強などの地震が今後30年以内にどのくらいの確率(大体30%以上だと高確率となるらしいです)をいろいろな地点で調べることが出来ます。


早速ワタクシもアプリ追加しましたw

また現在地機能を使うとピンポイントで今いる地点の地震確率がわかるので不動産などの現調時に水害のハザードマップと一緒に地震ハザードまで一気に調べることが可能になります。

あと活断層の位置も大まかではありますが把握出来るので物件を買おうとする際に、今後は活用される機会も増えるんじゃないかと思います。(もしかしたらそのうち重説なんかにもこの地震ハザードマ項目が増えるんじゃないでしょうか?w)

しかし、この活断層マップ。。
現在までの調査でわかっている部分だけしか載ってません。

今回の熊本地震の際に阿蘇山周辺の活断層の存在が火山灰に覆われた地層のためわかりにくかったのですが、実際に揺れてみて「おいおい、、阿蘇山の下にも活断層あるじゃん」ってわかったことを考えると建物がすでに建ち過ぎて土を掘り返せない首都圏(とりわけ23区なんて大規模に掘り返せるわけもないので)などを地図で見るとなんとなく「活断層もない地域」と勘違いされそうです。

元々、関東地方も富士山の噴火で関東ローム層という火山灰で覆われた地域なのでもしかしたら首都圏の地下にもまだ見ぬ巨大な活断層が眠ってる可能性も否定は出来ません。。

また、活断層以外にも大陸プレートのぶつかりあうタイプの地震も考慮すると地震にも2つのパターン(活断層型とプレート型)があるだけに日本に住む限りこの地震とは常に縁が切れない関係と言っても過言ではないでしょう。。

さて、そんな首都圏をこの地図の確率マップで見ると、、、


うーむ、、都内なんてほとんど壊滅しちゃうくらいの確率になってますww

あと我々がガキの頃、さんざん言われていた東海大地震のエリアである静岡付近、、


ここも地図だけ見てると沿岸部はほぼ壊滅しそうな確率に見えちゃいます。。

しかしこれらの地域は30年以上前から「いつか必ず大地震が来ますよ」とアナウンスされてた関係で地震に対する防災意識が高いのでなんとなくですが今建ってる建物も耐震を意識したものが多いです。


事実、熊本あたりだととても大地震が来るようには見えません。。

そう考えると普段から「この辺は30年以内に大地震が来ますよ」とアナウンスがされていないエリアに建ってる建物と「この辺は30年以内に大地震が来ますよ」ってアナウンスされてるエリアの建物では耐震意識の違いで古い建物をそのまま使ってる確率も違う気がします。

東日本の時と阪神淡路を比較すると見えてきますが宮城などは元々宮城沖地震の教訓で耐震意識が高く、あの津波さえなければ建物もかなり残ったんじゃないかと思いますが阪神淡路の時はいわゆる文化住宅(築古な木造長屋)が結構な確率で倒壊しちゃいました。(関西地域で大地震が来るなんて意識は相当低かった記憶が今でもあります)

そんな耐震耐震ってよく言われてる場面で思うのですが、この耐震機能って巨大なビルなどの制震、免震機能以外は「揺れて避難するまである程度の時間、倒壊しない」ってモノじゃなかったかと思います。(木造建物に倒壊しないくらいの耐震基準を求めたら建築単価がいくらになるかわかったもんじゃないし)

新耐震でこれですから旧耐震の建物で一度震度6強でも食らえば倒壊こそ免れたとしても熊本の時みたいに震度7が2発、震度6強5発なんて食らったら結構な確率で倒壊しちゃうんじゃないかと。。。

とそんなところでワタクシ、、ふと思ったのですが東日本の時でも一度都内でも震度6強食らった地域がありました。

その時は倒壊を免れた建物も多いですがその際に耐震補強なりの工事を施工した建物ってどのくらいあるんでしょうか?

テレビでもやってましたが一度大きい地震を食らって耐えても次の大きい地震では最初の耐震機能が弱くなっていて耐えきれずに倒壊した建物が数多くあったそうです。

そう考えると東日本の時に倒壊を免れた旧耐震の物件。。
次回は同じ震度でも耐えられるのでしょうか?

なぜこんな心配をしてるかと言えば、昨今の物件価格高騰で築古物件じゃないと買えないって人が増えてること。。。

再建不可とか借地などに建ってる格安戸建を賃貸で利用しようとリノベして賃貸物件として使ってる人で耐震構造まで見ている人がどの程度いるのか。。。?

えぇ、、
ワタクシが知る限りリノベとして手を加えてるのって水回りとか床、クロスとかの見える部分ばっかりじゃなかったかと心配なんです。。

さらに言わせていただく昔の築古物件、、
部屋数を多くしようと部屋を小さく区切っていることが多く最近の広々設計じゃありません。

これをリノベで部屋をぶち抜きワイドスパンにしている人、、多くないですか?(ま、実際には柱抜かなきゃさほど影響でないって言いますけどw)

昔と違って今は物件で何かあるとあの「大◯てる」なんてサイトで晒されて一生心理的瑕疵物件として祀られてしまう時代だってこと頭に入れておかないと倒壊して更地になっても地図に「心理的瑕疵あり」だの「告知事項あり」なんて書かれちゃうかもしれませんよ。。。(聞くところによるとこの大島さん、、登録間違いでもなかなか訂正してくれないそうですし)

なんて大島さんのネタに振るとまた検索キーワードで引っかかって不動産投資と違う分野の人ばっかり飛んで来ちゃうので本日はこの辺で終了です。。。

人気ブログランキングへ
内緒だけどブログに「大島◯る」って書くだけでアクセス5万くらい平気で上がるんじゃんw

COMMENT

No title

 自分の家が活断層に近いっす(+_+)人に貸す物件の心配より自分の心配が先ですね。
 今までは活断層はなんとなく意識はしてましたが、あるな~程度でしたが火災保険に入って地震でもある程度カバーできるようにしようと思います。

No title

アプリありがとうございます!
我が家、公共機関の無料相談で一級建築士さんに耐震みてもらって大丈夫とのことでした。
但し…………揺れる方角によって家がどう建っているかによって全然違うんだよね、と。
簡易サンシェードと車の併用かな~と思います。
某カード○ンのレビューで、災害を考えてと書いたのは私です。

地震確率...

生まれた時から東海大地震が来ると
脅されて育ってます...(--;)
※現在、帰省中でもありますが...

そんな環境のなか生活しながら、
その他の地域で先に地震が起きてしまっている為、
あまり地震確率って信用してないんですよね...

確率が限りなく低くても起きるときには
起きてしまうものですし...
※直近の某サッカーチームの例なんて特に...

さて、築古物件のリノベのお話...
たしかに地震リスクまで考慮されてる方って
どのくらいいるんでしょうね...

投資としてみた場合、
耐震補強とか真っ先にはずされそうな
気がしてしまいますし...

あとは、構造上壊しちゃいけない柱などを
壊しさえしなければ、広くすること自体は、
逃げやすくもなるので良いとは思のですが(^^;

・・・

「大◯てる」さんのお名前...
幾度か登場しているのですが、
すぐに思い浮かぶのがこれなんですよね...

[3回転ルッツ。。。(忘れた頃のウ○チネタw)]
http://siokaraiookami.blog.fc2.com/blog-date-20151128.html

どうでもいい検索ネタですが、
なんか強烈に印象に残ってしまってます(--;)

耐震性

木造もS造もRCも、震度5強以上の地震に一度は耐えて
退避時間を稼ぐことを目的に強度設定されているそうですが、
絶対的な耐久性では壁式RCなんだそうですね。

今回の熊本のような連発型で耐えうるとしたら、多分これ位
ではないだろうか、なんて話がありました。

東京の場合地震保険も気休めにしかならないでしょうし、
どこまで想定したものやら・・・

古めのピロティ有り物件もヤバし

改めて、近年の地震で被害を被った方々には、お見舞い申し上げます。

非礼を承知で物申すです。
(芸能人ブログは何でも不謹慎とやり過ぎ炎上しちゃいますが)
家主目線では、築古木造は半壊全壊しても、壊し・建築費用はまだマシ。
SやRCは、とても高額になるはず。
どんな造りでも、耐震補強は大切と勤しんでいますが、
とても費用がかかるのと、募集に全く反映されないのとで、
費用対効果のある所から行い、全てには全く行き届かないのが現状です。

築古で、人命が奪われた時、
家主責任を問われたら…。
増築改築含め違法建築はヤバいですよね。
保険屋さん目線では、周りの沢山の建物が倒壊してしまう状況なら、責任を問われる事もないでしょうらしいですが。

耐震補強の為、退去をお願いしている建物もありますが、
立ち退き費用目当ての方も多くて。
耐用年数以上の建物の耐震補強や建て替えの法律が出来たらと願うばかりです。
お役所は、事が起こらないと動かないのは世の常!!ふうっっ

EDIT COMMENT

非公開コメント