プロフィール

狼旅団@地下潜伏中

Author:狼旅団@地下潜伏中
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛する2児の父。。

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

職業:収益物件売りの不動産屋

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないのであまり見ないほうがいいですよw


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム

地震が来ると起こること。。。

banner赤ずきん
うまい棒の納豆味、、激マズなんですのw

こんにちは。

先週から気がかりだった熊本の大地震。。
まさか震度7のあとにさらにデカいのが来るなんて誰も予想出来なかったと思います。

またそれに伴い最初の地震よりも甚大な被害が出ていると聞きつけ、さらにFBでは現地の団員さんが配給された食料(おにぎり1個とみそ汁1杯とコップの水1杯)と歯ブラシをアップしてくれましたが団員さんの「避難所で朝飯を頂き、久しぶりに歯磨きが出来ました。カップの味噌汁‥‥こんなに美味しいものとは再認識しました」ってコメント見てめちゃめちゃ悲しくなりました。(と言うことでワタクシも取り急ぎ、、例のホリエモン推奨の「ヤフー募金」にレッツゴーしましたw)

さて、そんな大地震が来ると不動産業界でもいろいろな問題が起こります。

東日本の時には湾岸地域の液状化の影響で「湾岸地域の融資は見合わせ(実際には一時完全にストップしました)」が起き、津波被害が出た関係で「海に近いエリアの融資見合わせ」が起き、今まで売れてたものが一斉に売れなくなり値下がりしました。

耐震系でのやたらうるさくなり、「耐震性が低い物件は更なる掛け目」で査定されひどい金融機関になると「1階部分が駐車場などのピロティ―仕様にした物件は融資不可」なんて言われ始め、、ワタクシ前回の震災直後から契約予定の物件がことごとく白紙になり途方にくれたものです。。。

で、今回の地震では低層の建物も被害を受けました。

特に東海大の生徒が亡くなってしまった物件(木造2階建てで見たところそんなに古いアパートに見えないので新耐震ではないかと思います)、、一階部分が完全に潰れてしまい揺れ方ひとつでこんなしっかりした建物でもダメなんだなと強い衝撃を受けました。。(この件についてここ読んでる人で建築に詳しい人のコメントをお待ちしています)

また今回の地震では断層の話がかなりクローズアップされました。
しかも今回の場合今までと違って別々の断層がそれぞれ震源になってるようで下手すると断層繋がりで本州まで揺れるんじゃないか?とまで言われてます。(本州と繋がってる断層はメカニズムが違うので実際には影響は無いらしいですが)

こんな光景が連日テレビで報道されると恐らく今後は低層物件でも耐震性能についてうるさく言われちゃうじゃないかと。。(金融機関ってこう言うことでも融資姿勢がいきなり変わることがあるので要注意です)

あと、やはりこう言う大きな地震が起こると不動産投資家にも微妙に影響が出ます。。

特に今回のような断層型地震が起こると自分の物件の断層の掛かり具合をチェックして「なんだよ、、俺の物件、、断層の真上じゃん(そう見えてるかもしれませんがあれは地図上の表現のせいであって実際は何10キロもずれてますよw)」と売却ムードになりがちです。

そんな雰囲気が広がると投げ売りが始まり不動産価格が下がる可能性が出てきます。

ちなみに東日本の時は津波で家屋が流されるという異常事態が起きたので住宅事情がガラッと変わってしまい供給が追い付かなくなって物件価格が上昇して利回りが大幅に低下しました。(仙台のバブルっぷりはホント半端なかったです)

しかし今回は状況があの時とは違いますので「どこがどう違ってるのか?」を精査してどちらに有利に働くのか?を考えないといけません。(こんな時期に有利不利なんて話するのは不謹慎ですが不動産投資はこういう時でも無情に動いているので敢えてこんな時期に書いてます)

下がってうれしい人とうれしくない人がいると思うのでブログではあまり言いたくありませんが、どちらにしても世相に流されるのではなく冷静な判断を下してください。(言ってる意味わかりますよね?w)

あとこういうドサクサな時ほど妙なリフォーム屋がやってきて「オタクの建物、、ヒビ入ってますよ」と脅かして不当に高いリフォーム代を吹っかけてくることがあります。(すでにそんな話がFB上にも出ているので相当数いるんじゃないかと)

特に雨漏り中の家などを狙ってくる傾向が強いのが特徴で、屋根に掛かったブルーシート目印に飛び込んで営業仕掛けてきます。(実際に現役のエセリフォーム屋の社長が飲み屋でそう自慢してたので間違いありません)

今週木曜日は激しく雨が予想されてるだけに今日、明日くらいに家の片付けしてる頃を狙って飛び込んでくるので耳を貸さずに凌いでください。(落ち着けば後日ちゃんとしたリフォーム屋に依頼出来るし激甚災害指定されれば補助金も出る可能性もありますのでしばしご辛抱ください)

あと大家さんだと地震保険の適用範囲が問題になってくると思います。
「これだと一部損だけどこうやると半壊認定されるよ(怖いので小文字で書きますw)」とか「家財保険を上手に使うと○○まで保証されるよ」なんて話をブログで書いてもいいのですが、、さすがに公の場で詳細に書くとシャレにならないので不明な点があれば遠慮なくメールください。(旅団内にはその道のセミプロがウヨウヨいるので、、、ゲフンゲフン、、、w



人気ブログランキングへ
いちいち伏字部分をコメント欄で「○○って○○ですよね?w」とか確認しないように、、なんじゃんw

COMMENT

No title

今日の話は、悪質なエロ瓦屋に気を付けろwwってことでおk??




アイツ、ダメですよねwww
懇親会抜け出して○○ャ○○に行ってたしwwww

熊本の地震

まずは、被災者の方々へのお見舞いと
一日も早い復興をお祈りいたします。

東海大のアパートの件、
私自身が東海大卒なので、
とても他人事とは思えませんでした...

参考になるかわかりませんが、
新耐震基準についての日経BPの記事があったので
転載しておきます。
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/sj/15/150245/041800042/

記事そのものは若干誇張気味に書かれているので、
そのまま信用してよいとも思いませんが、
少なくとも現在の耐震基準がどのようなものなのか
考えるきっかけぐらいにはなるかと...

新耐震基準だからといって、画一的に信用するのではなく、
どの様な基準なのかを理解したうえで個別に判断することが
大事なのだと改めて考えさせられました。

基準はあくまで目安でしかないため、
単純に最低限の基準を適用するのではなく、
満たしたい強度に合わせて適合させることが
必要ではないかと思った次第です...

※元のコメ読み返したら微妙だったので、若干修正しました。

No title

団員さん、ご無事で良かったです。大変だったでしょうし、大変でしょうが。
海路からの補給のニュースで陸路内地まで届くの時間かかるかもしれませんが、それでも少し関東在住の私も救われました。

やはりいつでも冷静な判断が大切ですね。
浮き足だってしまいやすいですが。
注意喚起して頂いて、本当に感謝しています。

新耐震であっても…

アパートの件ですが、新耐震にも2種類あり(平成12年前/後)、剛心と引き抜き耐力が違うので、新耐震でも角の柱が抜けてそこから崩れる例があります(阪神淡路大地震でこの理由で新築アパートがいくつも倒壊したそう)

それと耐震セミナーで専門家から聞いた内容ですが、どこまで行っても確率論なので、震度7クラスですと、旧耐震で50%の確率で倒壊するか、新耐震で10%の確率で倒壊するかの違いしかないそうです。0%にはなりません。

エル・クィーンで豪ドルが為替…?

承認待ち多しw

被災された方は本当に大変ですよね・・・
早く復旧することを祈るばかりです。

関東にもそう遠くは無いうちに大震災+富士山噴火が来るでしょう
から、その際には最初の大揺れの後に再び家に戻ったりはせずに
よくチェックしたいですね。

水と食料も備蓄増やしておくかな~

建替え正当事由としての旧耐震の評価

あの東海大アパート、新しそうに見えますが
本日調査したら築40年以上の旧耐震物を7年前に
リフォームした物でした

僕的に今回地震で注目してるのは、これを契機に旧耐震物の
建替申入時の退去交渉時の正当事由としての旧耐震の評価が
大きくなればいいのにと思っている
でないと、居住権が強すぎて建替が進まずに人災につながり
場合によっては建物所有者に対する損害請求とかも

築42年木造

南阿蘇倒壊した学生アパートは改築5年を売りにして高い賃料維持につとめてましたが、登記簿では昭和49年築の木造だったそうです。今年で築42年ですから築37年で改築したことになります。やっぱり築42年は客付できないので改築5年の表現にしたのでしょう。

EDIT COMMENT

非公開コメント