プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム

意地の週2更新w

banner赤ずきん

こんにちは。

某旅団員より「最近、全然更新しないんですねーww」とか誹謗中傷されたので今週は意地の週2回更新です。


先日、名古屋で物件の決済があったのですがその決済中の着金確認の時の通称「ヒマタイム」での雑談話です。(我々業者は売買代金送金時くらいになるとやることがないのでこんな雑談で売り主さん買い主さんに和んでもらうんですw)

とある大家さんが新中間省略売買で物件を買おうとしたところ、肝心のA-B間契約が締結されていない状態でB-C間契約を締結して手付金を騙し取られたという事案なのですが、そもそもこの新中間省略売買をおさらいすると、、

現所有者
中間業者
買主
のAーBーC間で結ぶ契約で、Bの業者は売買登記することなく直接、買主Cさんに所有権を移転させてしまう手法。。

普通であれば業者Bさんは現所有者Aさんと売買契約を締結(A-B間契約)して買主Cさんに対して売り主となる(B-C間契約)のですがB-C間契約はいわゆる他人物売買です。。

当然、買主CさんはこのA-B間契約について知ることは出来ないので業者Bさんが「Aさんと無事に契約出来ました」と口頭で告知されB-C間契約を締結することになります。(買主CさんがA-B間の契約書を見ると売値が違うので仕入れ金額がバレちゃいますからまず見せてもらえませんw)

しかし、ここでA-B間の契約が実際に締結されていなくても「Aさんと無事に売買契約締結しました」とBさんがCさんに告げればウラが取れない状態でもB-C間契約を締結することが出来ますからこの制度を悪用しようと思えばいくらでも手付金詐欺が出来ちゃいます。。。(ま、500万程度のお金欲しさに詐欺犯としてお縄になる覚悟のある業者がいればの話ですけどw)

えぇ、、仮に物件が売値1億・手付500万だとして同じ手法で10人騙せば一つの物件で一気に5000万騙し取れますから入会金30万の商材塾を開設して入塾者から「金返せ!!」とクレーム作業に追われるより遥かに効率的です。(ここはサラッと読んでくださいw)

「なに言ってんだよwそんな単純な詐欺に騙されるわけねーじゃんww」

このブログを読んでる人ならきっとそう思う方も多いんじゃないかと思いますが、今回の事案、、そういう方がやられちゃいました。。(ちゃんと事務所を開設して営業してる業者だと「どこまでまともな業者かどうか?」を見抜くのはプロでもホント難しいんです)

これ以上被害者を増やしたくないので手口を簡単に書いてみます。(一部ワタクシの憶測入り)
① レインズで「ネット広告不可」の売買物件を探す(ネットで価格が出ちゃうとやりにくいですw)
② 元付けに物件資料請求(この資料だけで重説を作るのでフルセットの資料を請求する)
③ さも自分が売り主のように自社で概要書を作る(マイソク形式だと安っぽく見えるのでA4版資料で任売風を装う)
④ 同時にA-B間の契約書の表紙を作成。(中身は見せないので白紙で可w)
⑤ 「この物件、フルローンで買えます」と偽り「融資はこちらであっせんします」と言って融資特約付きB-C間契約する
⑥ 手付金を騙し取り終了
⑦ 一回あたり数百万程度しか取れないので他にもお客を見つけて以下⑤と⑥を繰り返す
⑧ (゚д゚)ウマー



オ○チアイ不動産
(゚д゚)ウマーの想像図(画:ルィージ画伯w)

ポイントは融資特約付き契約にすることです。
売主である業者が融資をあっせんするとなると融資付けのコントロールは買主Cさんではなくこの業者Bになります。

この業者Bが契約した後、融資がなかなか付かないので融資特約の日付変更の覚書を駆使してダラダラと契約を伸ばしてしまえばいつまでも白紙解約できませんから(買主は物件が欲しいので自分から白紙解約を言い出すのはイヤだと想定)手付金は返って来ないし仮に「金返せ!」と言えば融資特約を逆手に契約不履行で20%の違約請求される恐れもあります。

またCさんが「金返せ!」と騒ぐ頃には第2第3の犠牲者が出ている頃ですからそっちから騙し取った手付金を回せばいつまで経っても詐欺を立証するのは困難です。

かと言って元の所有者に直接契約の有無を確認するのも難しいですから売り出されている物件が他で売買されて登記内容が変わらない限り「詐欺だ!」と言うのは厳しいかもしれません。(「え?登記が変わったはうちの同族会社が一旦抱いたからです」なんて嘘つかれたらさらに立証出来ないかもしれませんw)

この新中間省略登記。。
A-B間の契約が実際に行われたかどうかの確認はなかなか取りようがありません。
まして融資を売り主であり業者であり詐欺師のBさんに任せてしまえば融資の打診なんかするわけもなく(打診して万が一にも融資が出てしまったら大変ですw)所有者AさんとのA-B間契約なんて「もちろんやってます」って言い張るに決まってます。

一般の大家さんがこれを見抜くにはA-B間に入っている仲介さんを見つけるか怒られるのを覚悟で現所有者に確認するかくらいしか無いので(本人確認が必要な売り主固有の書類なんて委任状を偽造すれば簡単に取れますからw)普段からこの手法でやり慣れていない業者がこの手の取引を持ちかけてきたら慎重の上に慎重な取引で契約してください。






・・・と今回はさも他人事のようにボカして書いてますが今回の事例でのにっくき悪徳業者の顔写真はワタクシのfacebook「狼旅団 IN facebook(公式w)」にカラー写真にてアップしてあります。ご参照いただければ幸いですww


人気ブログランキングへ
金返さなかったらモザイク外しちゃうんじゃんw


COMMENT

No title

後方支援は地下室でいいですか?

No title

仮登記はしないんですか?

それと売り主本人に
確認取るのは
別に怒られる事無いのでは無いかと思うのですが
どうなんでしょう?

ある程度のお金は

これやっても流石に10件もやるころには騒ぎが大きくなりだしそう
ですし、逮捕覚悟でやるには得られる金額がしょぼい・・・

余程切羽詰っているんですかね。
海外に高飛びするにもちょっと心許ない金額ですし。

No title

Cさんが、A-Bの売買契約を確認しないで購入するとは考えられない
ですね。普通は「A-B契約書を、金額欄だけ伏せてもいいから
確認させてくれ」といいますよね。

EDIT COMMENT

非公開コメント