プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

あと、このブログは全席禁煙です。
お煙草は喫煙ルームでお願いいたしますw

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム

東京の人間が何も準備なしに真冬の北海道に行くとどうなるか?

banner赤ずきん
とにかく寝てないんですのw

こんにちは。

そんなわけで、先週の土日は売買した物件引き渡しを兼ねてよりによって雪まつりまっただ中の厳寒の札幌に出陣しました。(超ハイシーズン料金なので通常の3倍の航空運賃でしたw)

折しも東京は45年ぶりに30センチ近い雪が降り殴るという予想の中、ワタクシ、前日泊を経て朝の7時半発の便でしたがこれも除雪やら急病人のあおりを受けて約1時間遅れで羽田を離陸。。(この2本あとの便から羽田発着は全便欠航でしたのでラッキーとしか言いようがありませんでしたw)

千歳に降りる際、CAのおねーさんの「えー、、現在新千歳空港の気温マイナス18℃・・(さらっと言うなよw)」というアナウンスに機内はどよめき、降りてみればこんな感じでした。



ガラス越しですが見るからに寒そうですw

そんなワタクシ、先月札幌に行ったとき、それほど寒いって感覚がなかったので家にあったコートとか適当に着て行っただけの軽装。(冬山を舐めるとひどい目に遭うよって恰好でしたw)

で、札幌駅に着いてもさして寒いって感覚も無かったので現地まで歩いて行くことになりました。(しかし過去の経験から地上を歩くのは本能的に危険を感じたので地下道からのアプローチと相成りました)

地下道から地上に出た瞬間。。
ワタクシ、「ここは日本じゃねーだろww」って感覚に襲われました。(たろうさんが言う「なまら寒い」って意味がやっとこのタイミングで理解出来ました。。)

もうね、、すんごく耳が痛いんです。。(耳がバリバリに凍るって感覚は生まれて初めての経験ですw)

現地に着いたころには耳だけじゃなくってクチビル、頬、ハナ、、もう顔中の露出してる部分が全部痛いです。。

こりゃアカンってことでワタクシ、すぐに近くのショップにニット帽を買いに走りました。(前に買ったニット帽はここゆうと鳥貴族で飲んだ時に忘れて来ちゃったので今回は持参してませんでした)

ポイントその1
真冬の札幌は体感的に東京の5倍寒い(当社比)

マイナス17℃とかってよくよく考えたら学生時代に時給750円でバイトしたエビの冷凍倉庫の職場と同じじゃんw。(あまりに寒くてこのバイトは3日でバックれました)


さて、物件の引き渡し作業はさほど時間も掛からず2時間ほどで終了。。

せっかくだからと言うことで週末まで開催している雪まつりでも見物に行こうと会場の大通公園に出陣。。


いつものテレビ塔も見えますが、、とにかく寒いですw

同行していただいた人に「ところで札幌の人って雪まつりは毎年見に行くんですか?」って聞いたら

「いえ、雪まつりなんて小学生の時以来です。」とのこと。。


ポイントその2
雪まつりって東京で言うと小学生のころに東京タワーに遠足で行くようなものと一緒らしいw
たしかに会場に行ってみたら日本語で話している人はあまりいなかった気がしますw。(この寒さで屋台の「富士宮やきそば」の行列に並ぶってある意味、罰ゲームですw)


テレビのニュースで見た陸自の作品もありました

日が暮れたあたりからライトアップも始まりさらにロマンチックな風景になるらしいのですがこれから更に気温が下がる事を考えると、これ以上ここに留まっていては生死に影響するような気がしてきたのでいそいそと今日の宿泊地(市内はおろか小樽のホテルとかも全部満室だったので郊外の温泉旅館に宿泊しました)へ移動しました。

で、翌日。
東京はすでに暴風雪が吹き荒れ大混乱に陥ってたそうですがこちら札幌の天気は晴れ。(しかし気温はマイナス8℃でした)

晴れてても積雪量は半端じゃありません。(寒さが半端じゃないのでサラサラの雪の状態でひたすら積もってるんです)
ここでワタクシ、普段から雪に慣れてる人達とまったく雪に慣れていない人の差をまざまざと見せつけられました。

ワタクシ、大きいツララなんて見たことが無いのですがこちら札幌では建物北側はたいがいこんな感じです。

刺さったらたぶん死にますw

こちらでは見慣れた光景だと思いますがワタクシ、これを見て自然の厳しさというかここで生きていく自信がちょっと無くなっちゃいましたw。

ポイントその3
北海道ではツララさえ凶器になる

頭から刺さったらお尻から抜けそうな長さしてましたw。


次に雪慣れしてるってことでこんな参考写真で比較してみましょう。


雪の定番と言えばやっぱり雪だるまです。(かわいいです)

そういや、こんな絵に書いたようなかわいい雪だるま、東京ではまず見たことがありません。(真ん丸なタマにするところでまず躓いてしまい丸にすら出来ないことがあります)


そんな普段から雪なんか降り慣れていない東京の人が雪だるまを作るとなると、、、、

当然、こうなります。



なんだよ?これwwwwww肉欲団のブログより「ひげのおっさん」作)


この世に雪だるまの妖精がいるとしたらホント、そいつに土下座して謝って欲しいレベルですw


しかし、これが雪に慣れてる北海道の人が作るとこうなります。(もう芸術的領域ですよ)



作品番号1「招き猫」


作品番号その2「恋人はサンタクロース」


作品番号その3「ホールドアップ!」


作品番号その4「ん?呼んだ?」


作品番号その5(番外編)「〇なっしー」


どうですか?この違いww
雪まつり文化と言うか、北海道の人は生まれたときからこの雪と共存して生きてるわけですから当然、敵うわけもありません。。。でもこの雪を克服しないと北海道では大家さんは務まりません。


かのサッカー漫画の主人公「キャプテン翼くん」もこう言ってます。


ボールは友達、怖くなんかないよ

えぇ、、北の大地で大家さんを志すならまずこの雪とお友達にならないと始まりません。


そしてそんな雪の降り方も極めて無慈悲です。

ンモー、、どこから手をつけていいのかわかりません。。


普通の看板でさえこの有様です



一瞬、ミルクレープ屋の看板かと思っちゃったじゃないですかww


また、昨日、東京では道路も慣れない積雪で一日中マヒしていたそうですがこちらではスタッドレス履いたヤンキー仕様の軽自動車に乗ったおねーちゃんがスイスイ街中を飛ばしてましたよ。

同じ日本なのにこの環境の違いって大家業を営むにしてもこの過酷な知らずに参入すると痛い目に遭いそうな気がするのはワタクシだけじゃないはずです。。(この話、、クドクド書くと各方面から嫌われそうなのでワタクシの記事の意図は読み込むのではなくこの写真で感じてくださいw)


ってことで今回札幌遠征で感じたことですが、

札幌とかで遠隔大家さんを志す方、一度この惨状光景を見てからやるかどうか決めた方がいいですよ。。。(夏の北海道と冬の北海道では天と地ほど違うから)


とは言え、この二日間で逆に「こうすれば異国の地みたいなとこでも負けない方法」のヒントらしきものもなんとなく見えてきました。

と言うことで最後のポイントです。

ポイントその4
寒くても寒いって思わないw

札幌の人、、どなたも「うー、、今日は寒い~」なんて誰も言ってませんでしたよw。(しかもすげー薄着だしw)

で。帰りの便は19時発羽田行きだったのですが、、いつまで経っても帰りの飛行機が千歳に飛んできませんww。
東京に着いても終電過ぎたらきっとタクシー乗り場が長蛇の列になるんじゃないかと思い、一瞬今日は一泊して明日の早い便で帰ろうと考えましたがその時の新千歳、、すでに毛布に包まった人がたくさんいました。JALのお姉さんに聞いたら「この便なら終電には間に合うので出来るだけ乗ってください(ちなみに明日の便はキャンセル待ちの人で終日満席ですとまで言われました)」って言われ悩んだ末、結局、3時間半遅れの便に乗り帰京。。

で、羽田に着いたのは日付が変わった0時10分。。(機内では機長の「到着は0時ちょうど頃を予定してます」ってアナウンスに「なんだよー終電に乗れるっていうから乗ったのに!」ってブーイングの嵐でした)

「この便は終電には間に合いますから大丈夫です」って自信たっぷりに言われて乗ったのにすでに終電なんかもう羽田にはいません。(ほらね、、だから他人の言うことなんか信じちゃいけないっていつも言ってるでしょw)

幸い深夜バスの臨時便があったので1時間半待ってなんとか乗れて途中、タクシーに乗り継いで自宅まで帰ることが出来ましたがその時間はすでに深夜2時を過ぎてました。。


そんな札幌遠征。。。
きっと今後も物件の取引がありそうなので頻繁に行くんじゃないかと思いますが、雪まつりの時と東京で雪が降る可能性がある時と、「22時過ぎの便」に乗るとひどい目に遭う ってことを学ばせていただきましたw。

今後札幌に物件で不動産投資をされる方にとってご参考になれば幸いでございます。。。



人気ブログランキングへ
要するにまず雪だるまを上手に作るとこから始めないとダメなんじゃんw

COMMENT

へー 札幌って酷いじゃんw

冷凍庫の搬送ラインなんてものやったときと
大して変わらん気温ですね・・・^^;

うっかり金属触ると手が張り付きますよ、マジで。
そんな中にも半袖で突入する豪傑もおりますが・・・

狼さん、

なんと!あの天気で・・・おつかれさまでした。

そういえば
LOVE!北海道には15年住んでましたが
雪祭りは
1回しか行ってません。
今もでかいの(自衛隊作)あるんです?

Re: タイトルなし

ワンワンさん

酷いというよりこの過酷な環境に慣れないと東京のようにはいかないよってことですw
ワタクシ、あの寒ささえなければ永住をも検討出来ますもん。(食い物はうまいしw)

Re: タイトルなし

クロノスさん

あの寒さに半袖で突入しちゃうアホがいるんですか?wwww

たしかに金属に触れるとくっ付いちゃう寒さではありました(そんなの怖くて試せませんでしたけど)

Re: タイトルなし

たろうさん

札幌はまったく天候良かったんですよ。(東京があまりにも異常なだけで)
東京の大雪で飛行機に影響が出るってのは予約する時点でまったく想定していませんでしたが、、ワタクシ、、やっぱり持ってますねww。

やっぱり雪まつりって地元の人っていかないんですね、、(オブジェを見て回りましたが、、たしかにそれほど大騒ぎしてみるもんじゃないd、、、ゲフンゲフン、、)

自衛隊作品ってあのオリンピックのオブジェだけしか見なかったですが別会場でも開催されていたのでそっちにあったんでしょうか?(そんなとこまでわざわざ見に行くのもあれなのでスルーしましたよw)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

EDIT COMMENT

非公開コメント