プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと買いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「塩辛い狼」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム

今なに買ったらいいんでしょうねー。。


六本木のバーレスク東京って一体どんなとこなんですか?ww

こんにちは。

融資の扉がどんどん締まりつつある昨今ですが、それに伴い「物件を買えない人」が増えてます。

この大抵の物件を買えない人ってのは
①手金が無いから銀行が求める融資条件を満たせない
②金融機関から持ってる物件が債務超過と認定されてる
③常に無茶な指値で買おうとするから売り主に相手にされない

あたりじゃないかと思うのですが、

不動産投資は「お金儲けすること」が大前提であって「物件を買うこと」ではないってことを考えれば融資が出ない時に物件が買えないって人は「今出回ってる物件を無理に買って何年後かに痛い目に遭わずに済むんだから不動産の神様に感謝すべき」と思うのはワタクシだけではないはずです。。(えぇ、、むしろ今買えないことを神様が与えてくれた「強運」くらいに思うべきでもありますww)

実際の話、
確かに最近物件価格が下がって来てるのは我々も確認出来てますが、
その下がった価格でもワタクシから見たらまだまだ高く、無理に買うと将来運営が立ち行かなくなり負債だけが残りそうな物件ばっかりですから、今のタイミングはワタクシのブログを2~3周読みつつ、金融機関をせっせと回り自分が不動産投資に詳しいってことを融資担当にアピールしつつ、来たる日に備えて人脈作りに精を出す方が成功への近道な気がします。(「いやー、、時々いい物件が出てくるんだけど買おうとすると満額で買い付け入れるやつばっかりでなかなか買えないですよ、、ははは」なんて言ってれば「この人は単に物件を買いたいってだけで話を持って来てるわけじゃないんだな」くらいは理解してくれるはずですw)

さて、
そんな話の裏で最近、「こんな今に何買ったらいいんですかねー?」とか「不動産買えない今、何やってお金儲けすればいいんですかねー?」と言う相談をよく受けます。

人生は長くても100年くらいだし実働出来るのはせいぜい70年くらいだと考えると「呑気に物件価格が下がるのを待ってられねーよ」って気持ちになるのは至極当然で、ワタクシのようにアラフィフを過ぎてしまうとその焦りは更に増大します。(ワタクシなんざあと20年も持たずに完全停止しちゃいますからw)

ただ、あれです、
投資にこの焦りがあるとロクな結果にならないのはワタクシ、人生経験の中で骨身に染みるほど学んでますので「とにかく行動しないと始まらない」って意見には冷ややかです。(大抵、こうやって焦らすやつってのは己に利があるから焦らせてるだけのケースがほとんどだしw)

現にここ2~3年の間に「とにかく行動しないと始まらない」と説かれてでホントに行動に移してしまい一生掛かっても返しきれない債務を背負わされた人(隠れ債務者含む)が数万人も生まれてしまったわけですので投資って始めた時期ってのがいかに重要かを改めて思い知らされます。。

だからと言っていつもビビッて動かないってもの問題です。
ワタクシの持論ですが、人生のうち少なくとも3回くらいはいろいろな形で目の前に儲け話のチャンスが巡って来ます。

過去に成功体験がある人ってのは案外、このチャンスにうまく乗っかれるのですが、成功体験が無い人はそのチャンスをチャンスだと気が付かずに目の前を通り過ぎてから「あれがチャンスだったのか・・・」と残念がる人がほとんどです。

また、人生で3回くらいは訪れるであろうチャンスの存在自体にまったく気が付かずに生きてるって人も多いはずです。

想像するに、これって成功体験どころか「お金はどうやったら儲かるのか?」って理論を身に付けないまま大人になってしまいマニュアルが無いと行動に移せないって人じゃないかと思います。(マネーリテラシーが身に付いてない状態で投資を始めるのがどんだけ危ないかってのは2~3年くらいで数億の借金資産をこさえた人がここ2~3年で証明してくれますのでしばしお待ちください)

不動産投資ブログでこんなこと書くのはすごく申し訳ないのですが、
そういう人が不動産投資を始めてもうまくいく確率は限りなく低いです。(えぇ、、一度や二度はうまくいくかもしれませんが不動産投資で最後まで完走出来る確率は極めて低いと思うんです)

そういう人ほど「情報は金で買えるし、そんなの勉強してる時間がないから金で買う」ってタイプであとになって「マニュアル通りにやったのになんで儲からないんだ」と言い始めるんじゃないかと思います。(ま、始めた時期によっては日銀の金融緩和でダブついたお金が市場に出回った際のジャブジャブ融資でうまく売り抜けられた超幸運な方もいるのでこんなこと書くと猛然と反論されそうですけどww)

恐らくですがその高額なマニュアル。。
作者もさほど実体験で経験した数が少ないはずで下手するとどこかのサイトをコピペして作ったマニュアルかもしれません。。(それをネットで散々「究極の投資手法」なんて煽りつつ「返品出来ます」とやれば税務上、無理すれば経費計上出来るこの手のマニュアルだけに「30万するけど、、とりあえず買っておくか」って気分にもなっちゃいますw)

実際、そんなノウハウが書かれた資料をいくつも見たことがありますが、大抵の場合、今の時世では再現性が無い話がほとんどで今では証拠に残したくないのかほとんどが一旦囲い込んでからの高額個別面談か塾に変貌してます。(ってか事態が急変した際の回避法なんて想像もしてなかったのか、都合が悪くなるとその作者はとっとと表舞台から消えて行きますけど)

自慢するわけじゃないですがワタクシ、ブログを通じて何年も前から「なにかの理由で融資が絞られたらホントやべーぞ」って言い続けてたつもりですが、その日に備えて「とにかく保有耐性を上げろ」とも言い続けてきたつもりです。(だってこんな融資ジャブジャブ生活が未来永劫続くなんて夢にも思ってませんでしたから)

また、買ってしまったものは再販するしか保有し続けるしか出来ないのが不動産ですから再販時にキャピタルが得られないとなれば嫌でも保有し続けてプラスにするしかなく、その際に発生する「保有ストレス」が自分の寿命を縮めることが無いように「常に先のことを考えて」と説き続けて来ましたが、これからここ数年はこのスキルがあるか無いかで不動産投資で完走できるか出来ないかが決まります。(ワタクシの目論見では今不動産投資やってる人で4割は完走出来ないんじゃないんじゃないかと思ってます)

そう思うと本屋でロバキヨなんか見つけて「セミリタイヤ生活」なんて夢見ないでサラリーマンの仕事だけに情熱を注ぎ、そこで得られる収入でささやかな贅沢が出来るくらいの生活の方が良かったんじゃないかと思います。(だってそっちの生活なら意味の分からない借金を背負うこともなかったし)

なーんて思うと、
ここ数年の間に億単位の資産形成が出来た人の成功事例だけをネットの情報や書籍で知り「よーし俺様のいっちょ不動産投資で頑張っちゃうぞー」と不動投資のポータルサイトで利回りと物件価格をにらめっこしてるわりに物件がなかなか買えないという今の状態がどれだけ幸運かわかって来ませんか?ww
(物件が買えないことを「強運」と説くのはあとにも先にもワタクシくらいじゃないかとww)




「買えない」じゃなくて「バーカ、あえて買わねーんだよ」って思うと気が楽になるはずなんじゃんw