FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「塩辛い狼」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム

あなたと会いたい系業者。。


本日は時間が無いので手短な更新ですw

こんにちは。

最近、ウチの仕事上大変役に立ってる銀行系仲介様。。。(最近の売り上げの大半はここですw)

この銀行系仲介様と言えば、、
預金残高がべらぼうなお金持ちや先祖代々守り抜いた土地を元に多額の資産を形成しちゃってる顧客を数多く抱え、ウチで販売する無慈悲なまでの高値を付けた物件であっても決してひるむことなく、また、どんなに評価が低くても共同担保と言う魔法を駆使してオーバーローンを付けてくれる貴重なポイントゲッター。。(そういや以前の取引で決済終わったあとに「あ、買主様は少々残っていただきます」と宣言されたテーブルにはこれから記名押印するであろう共担設定書類が山のようにうず高く積まれておりました。。。)

そんな我々にとって足を向けて寝ることは罰当たりに等しいこの銀行系仲介様ですが、そんな優秀な仲介さんとは別に時折、明らかに母体の銀行でなにかやらかしてしまい「閑職」として不動産関連会社に出向を命じられたかのようなバンカー上がりの仲介さんがおります。。

名刺を見ると都銀系グループをデカデカを書かれた下に○○不動産という社名が入ってるパターンなのですが間違っても都銀そのものの名前が入っていない一瞬別の不動産屋に見えるような社名で、名刺交換する際に必ずと言っていいほど
「ワタクシ○○銀行系列の業者で○○不動産の○○と申します」
なんて挨拶されます。(最後の方はゴニョゴニョ小声で言うので社名を何回も聞き返すことが多いのもこのタイプです)

そんな仲介さんですが、
年齢で言うとおおよそ50代後半くらいでしょうか。。(他の銀行の人に聞いたらちょうどそのくらいの歳になると出世レースから外れた人たちが出向を命じられるのでこのくらいの年齢の人が多いらしいです)

妙に地味な事務系スーツを身にまとい商談話をしていると聞いてもいないのにやたら銀行員時代(大抵が支店長時代の武勇伝ですw)の派手な立ち回りぶりをアピールしつつ、
「いやー、、融資部長時代は不動産屋をムシケラのように見下していたんですけど、、、今ではその不動産屋に頭を下げるようになっちゃいましたよwww」
と、これまたどうでもいい自虐ネタを展開してそのムシケラ扱いしていた不動産屋から笑いを取ろうとする姿勢を見ると「人生って成功したかしないかは死ぬまでわかんねーな。。。」と連日の氷点下ではありますが思わず冷や汗をかいてしまうワタクシです。。。(えぇ、、ワタクシなんざ他人の悪口ばっか言ってる陰湿なオトコですからきっと死ぬときはロクな死に方しないだろうと思ってますゆえw)

ちなみに今日ウチの会社にいらしたこの手の仲介さん、、
ウチで先日から売り出してる物件を見て物確してきた方で、電話でのやり取りが嫌いなのか苦手なのかわかりませんが、とにかくウチの会社に来たがります。。(今週だけですでに4回目のご来訪です)

えぇ、、
ワタクシの気のせいであれば申し訳ないのですが、このいちいち会って打ち合わせしたがる「通称:あなたと会いたい系業者」さんってこの手の方が一番当て嵌まるのではないかと思います。。(もしかしてアポイントが社内的に何か得点とか評価に繋がってんじゃねーの?と思うのですw)

商談が進展して来て細かい売買条件や契約書の中身を詰めたりするのでしたら一度二度と実際に顔を合わせて膝を突き合わせて丁々発止するのは全然構いませんが、「弊社の顧客は弊社の関連会社である○○銀行で長年お付き合いいただいてるお客様ばかりですから」と言いつつ一向に誰が買うのかさえはっきりしない状態で今日に至っては「他にも売り物件があればそちらの資料もいただけないでしょうか?」と懇願され、正直なところ「こいつはウチの会社になにしに来てるんだ?」と疑いたくなります。(そんな暇があるなら最初の物件の客付けやってくださーい、、)

過去にブローカーみたいな人と激しく交流経験のあるワタクシ、、
この状態を放置すると最終的にはすっかり懐かれてしまい「打ち合わせしたい」という名目の下にウチの会社に入り浸られる可能性をすでに感じてますので出来るだけ会社には呼びたくないのですが、「万に一つでも関連会社である○○銀行で長年お付き合いいただいてるお客様ばかりを連れてくる人だったらどうしよう、、」と思うと無下にも出来ません。。(えぇ、、不動産はこういう薄い薄い可能性の積み重ねで成り立つ商売ですからw)

そんな「塩対応」出来ない極めて「甘塩対応」なワタクシ、、
来週、ウチの銀行で扱ってる売り物件もあるのでそれを持参させていただいてお打合せしたい」と言われ、
「銀行様が出してきてくれる投資物件とリバ○ルのソ○ューション部が無差別な電話営業で業者に売り込んでくる投資物件のクソ度は等しい」
と今は亡きワタクシの祖父の格言を思い出すワタクシ、、、

来週はずっと居留守を使った方が精神衛生上、得な気がしてきましたよ。。。(先日乗ったフルフラットに倒れる豪華シートの夜行バスでまた旅に出たくなりましたw)



人気ブログランキング


ちなみにその夜行バス、、バスの分際で新幹線並みの料金体系だったんじゃんw