プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム

プロでも騙す詐欺師の話。。。


まさかの11連敗で当方、ブログ書く気力も無くなって参りましたwww

こんにちは。

スワさん推奨ブログのブログ主様「諸般の大人の事情」で例のブログネタを事件が終わるまで未公開扱いとした関係でワタクシが今日書こうと思ってたネタもお蔵入りになったので急遽違う話を書きます。(従って、今日予定していた「不動産業界の暗い闇(中目黒編)」はブログ主様が再公開するのと連動してアップします

そんなわけで本日は昨日のコメント欄に書かれてたご質問にお答えします。

No title

今日こんなニュースを見ました。

「地主装い無断売却、2億円超詐取容疑 男女3人逮捕へ」
(押すとリンクに飛びます)

買う側として、地面師にだまされない方法ってありますか?
あと、知らないうちに地面師に土地を奪われない方法も知りたいです。
2017.06.07 Wed 12:14 | カーカス大好き | URL |


まだこんなコテコテな詐欺事件ってあるんですね、、、ってのが正直な感想ですが、
確かに昨今の書類偽造技術もハンパなくあのお堅い銀行ですら融資の書類を偽造されて騙される時代だけに普段あまり不動産取引に精通していない一般の人ではひとたまりもないかと思います。

とは言え、不動産取引と言うのは実際にお金を支払うまでにいくつもチェック関門があるので騙そうと思ってもなかなか騙せるもんじゃありません。

ただプロの詐欺師もそのチェック関門は熟知しているのでその場面になるとバレないように用意周到に嘘を準備して相手を全力で騙しにかかるし、大抵そういう時は「瞬間蒸発しちゃうからすぐ買わないと他に売れちゃうよ」と焦らせて、それに慌てた買主さんが「この書類が完全にチェックしてないけど、、、ま、大丈夫だろう」と引っ掛けにきますのでやはりどんな取引であっても書類の確認は念押しして専門の人に見せて再確認するくらい慎重にやっていただきたいところです。(さすがに司法書士さんはこういうのちゃんと見破りますからw)

で、ニュース記事には詳しく書いてなかったのでここからはワタクシの想像ですが、、

今回の地面師さん、
亡くなった持ち主のおばあさんに成り代わって登記まで進んでるところを見るとこのおばあさんの身分証を偽造してそれ以降の書類は全部ホンモノじゃなかったかと思います。(下手すると身分証なども自由に出し入れできる立場にいたかもしれませんがそこまでやられるともはや見破るのは不可能ですw)

特にお年寄りというのは運転免許証を持っていないことが多いのでそれ以外の身分証で代替えすることが多く、この身分証さえあれば印鑑証明も案外偽造しやすい書類。。(顔写真が無い身分証でも役所の重要書類って取れるものは取れちゃいますから)

また決済まで行くと難易度も高いですが手付金くらいまでならまだ司法書士も関与しないし、権利証や識別情報もまだ登場しないので港区あたりのちょっと大きい土地であれば手付金や中間金の額も大きいですからこういうケースだと並の詐欺師でも搾取可能です。(売り主が手付金で老人ホーム入るから手付金は10%じゃなく40%入れてくれと言ってるなんて話、、よく使われてます)

しかも契約時にはなんとなくヨボヨボしたおばあさんが座ってると「長時間座らせておくのもかわいそう」なんて思ってしまい身分証の確認や諸般の書類の確認も疎かになりがちでおばあさんがおもむろに身分証を持参のズタ袋から引っ張りだそうとしてまごつかれると「あー、、おばあちゃん、、大変だから見なくても大丈夫ですよ」なんて信用して取引を進めてしまう人も結構多いです。

こうやって出来たはずのチェック関門を次々をクリアしてまんまとお金を搾取されちゃうので、不動産取引ではすべてのことを疑うことが一番大切です。(ホント、信用取引は厳禁です)

ただいつまでも疑ってると取引も進みませんからチェック関門の度に証拠になるものを見せて貰い、その証拠が間違いないものかを確認していくのがセオリーなのですが、「地面師が一番騙しやすそうな不動産」ってのを覚えておくだけでも案外この手の被害は未然に防げます。

例えばですが、
その物件の謄本の乙区が真っ白な場合。。
謄本の乙区は借り入れなどの債権を持つ債権者が権利を主張するために記入する欄なのですが、物件に借り入れが無いと乙区そのものが存在しない謄本になってます。(甲区しかない謄本なのですぐわかります)

乙区に誰かしらの債権者がいればその債権者の同意なしには売却も出来ませんが(抹消書類が無いと司法書士さんは売買させてくれません)ここに債権者がいないとなるとこのおばあさん一人の意思だけで売買出来るので乙区の無い謄本の物件が売り物件だった場合、どんな取引であっても警戒レベルを上げてください。

それ以外に注意すべき点は
取引にやたら代理人と称する人が登場する場合。。でしょうか?
不動産の詐欺事件ってワタクシも経験あるのですがなぜかこの「代理人」とか「自称後見人」とかいう怪しい人物が登場します。
で、取引中頻繁に登場しては本人より多弁なことが多く、少々整合性が合わなくても強引に話を進めようとします。

ついでに言うとこの手の人達はやたら「〇〇という芸能人は知り合い」とか「国会議員の〇〇もポンユウ」とかやたら権威付いたものを見せてこちらを信用させようとします。(弁護士なんかの名前と名刺なんかもよく出してくるのでこういう権威にしがみついてるやつが登場したら警戒レベルはMAXですww)

そんな雰囲気を察知して怪しい顔を見せると「じゃ、無理して買ってくれなくていいから」とか言い出して故意に揺さぶってくるのですが、この雰囲気を作り出すのが上手いと感じたらそこそこの確率で詐欺であることが多いのでこんな怪しい人物が取引に現れたらさらに警戒レベルを引き上げてください。

さて、今回の事件、
注目すべき点は他人に成りすました状態で司法書士も騙して登記まで持って行かれた点。。。

通常、司法書士は本人確認が厳格でここを突破するのは並大抵のことじゃ出来ません。
特に当事者がお年寄りである場合、司法書士の先生って見てないだろうってとこまで細かくチェック入れてることが多くもしかしてですがこの司法書士もグルだったのかと疑いたくなってきます。(弁護士がグルってのはよく聞きますが登記が本業務の司法書士さんがグルになるってケースはワタクシ、聞いたことがありません)

となるともう今回の事件、、パクられたのは氷山の一角で後ろになにか組織だったものがあるのかもしれませんね。(そういや昔、本人確認を公証人役場で証明した書類まで偽造して騙された業者さんがいた記憶がいましたっけ)

そんなわけで、
物件を買う際に騙されない方法と聞かれると「話の整合性が合わない契約には乗らない」ってことに尽きるのですが地面師に土地を奪われない方法と聞かれたらやはり「乙区を故意に汚しておいてその汚す人を信用できる人にしておく」というところじゃないかと思います。(借入が無いなら賃借権でもなんでもいいからなにか設定しておくとその人を抹消しないと売買出来ないので効果的です)

ちなみにワタクシ、過去に4000万程度のアパートで手付金300万ぽっちの金のためにわざわざ身分証、印鑑証明を偽造してパクられた業者さんをリアルタイムで目撃してますが、この時、この業者さんが決定的にこの詐欺師を信用しちゃったのは「契約場所をその売り物件の空室でやったこと」、、です。

今から考えればアパートの空室であればドアのところに鍵ボックスがぶら下がってますから仲介に「賃貸の案内するから鍵の番号教えろ」と聞けばあっけなく教えてくれます。

ワタクシも物件で契約するって聞いて「いやいやwwこれは強引にでもこの売り主の家に乗り込んでやったほうがいいよ」と忠告したのですが「プロの業者の俺が騙されるわけない」って奢りもあり結果、まんまと騙されちゃいました。

この時の犯人、、
なんと売り主の孫だったのですが、不動産売買の詐欺事件って意外に売り主の身内ってことも多いので先ほども書きましたが親族や親、子供、孫なんてのが売り主の替わりに登場したらこれもやはり警戒レベルをあげて取引に臨んでください。

あと、最後になりますが「不動産取引はプロの仲介業者が入るから安全」なんて考えも捨ててください。

えぇ、、先日も書きましたが不動産屋だから誰でもプロってわけじゃないですから。。。(我々だって時々は嵌められてるんですよw)



月並みな答えで申し訳ないんじゃんw