プロフィール

狼旅団@地下潜伏中

Author:狼旅団@地下潜伏中
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛する2児の父。。

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

職業:収益物件売りの不動産屋

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないのであまり見ないほうがいいですよw


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム

暗黒のお詫び行脚(週末編w)


ささ、、今日もご遠慮なくポチってくださいw

こんにちは。

昨日は「月末価格」いうブログネタを書かせていただきましたが、
いくら指値をして買値が安くなったとしても、当たり前のことで融資が通らなければ買うことは出来ません。

先日も激しい価格交渉の末に売り主さんも「このくらいの指値なら売ってもいいよ」となった物件で自信たっぷりに買付けを入れてきた買主さん、、

当初の融資条件であった
自己資金・・・1000万
融資期間・・・25年
融資可能額・・・2億5000万


が土壇場になって

自己資金・・・5000万
融資期間・・・15年
融資可能額・・・2億


と、さらに追い討ちを掛けるかの如く

追加の共担要求(親の持ってる無担保自宅に共担付ける)

と言う条件になり
「これじゃ銀行のために金借りるようなものだ!!(と言うかこれって単に「オマエには貸したくない」って間接的に言われてるだけじゃねーのw)」
と怒って買付けを撤回して来たそうで、この相手仲介さんも
「この買主さん、、金融資産も豊富だったのでこんな形になるなんて夢にも思ってなかったんですけどねー」
とか言って転進を図ろうとします。

とは言えこの仲介さん、、

買付け入れた途端、
やれ売り止めにしろ(レインズ掲載も落としてくれ)、、、だの
やれ売り渡し証よこせ、、、だの
やれ契約書と重説の案を早く作ってデーターでくれ、、、だの
やれ契約前にリフォーム業者の立ち入りさせろ、、、だの
やれ管理会社と面談させろ

だのと言ってたことはすっかり忘れてるようでそんな話に乗せられすっかり売り主をその気にさせてしまった我々、、

楽しい週末だってのに今夜は暗黒のお詫び行脚でございます。。。
(今回のハシゴの外され方はワタクシの黒歴史の1ページとして生涯残ることでしょう。。。)


ま、それはそれとして
最近、ホントに「買付け証明」からの「買付け撤回と」いうパターンが頻発してます。(もはやこんなの証明でもなんでもありませんw)

これもひとえに昨今の金融機関の融資姿勢の変化が問題だと思うのですが、自己資金の内入れが必須っぽくなってきてます。。(融資する気満々なら10%、貸す気が無いなら30%って言うそうですw)

と言ってもフルローン、オーバーローンばっかり手慣れてる業者さんはそこまで見越して買値自体を最初から引き上げちゃうので(売買価格変更の覚書ってやつです)大丈夫だったのですが、最近の金融機関もその手口がわかってきたのか、我々が提出した正しいレントロールを見て「この周辺相場より賃料高くないですか?」とか「っつーか、そもそもこの賃料ってホンモノですか?」とやたら疑り深くなってます。

これも先人の悪徳系業者さんたちが収支情報をぐちゃぐちゃに改ざんしてフルローンを引っ張ろうとしたのが原因だと思うのですが、賃料まで疑われてるってことはどんな資料でも裏付けのエビデンスも原本要求して来るでしょうし、今まで以上に細かいところにまでチェックを入れてくるはずなので今後は今まで以上に融資が渋々になるのは間違いないでしょう。(ってかそれが本来の正しい融資評価なんですけどねw)


そうなってくると今までは非合法無理やりにでも融資を通してた業者さんも違う手を考えなくてはいけません。。(どんなクソ物件売りつけるにしても融資が付かなきゃ始まりませんからw)

そこで最近、よくあるパターンで自己資金の水増し操作ってのがあります。

前は買主さんの預金通帳をフォトショ使って預金残高のフォントをいじるくらいのカワイイものだったのですが(と言ってもこれは有印私文書偽造というれっきとした犯罪でございますw)最近はネットバンクを使って架空預金残高を作りそれを銀行に見せて信用させるというもはやハッカーと言っても過言じゃない手口が横行してます。

例えば新規に作ったネット口座の残高が100円だったとします。
細かいことは割愛しますがとある〇〇ウ〇にとある〇ド〇〇をパイルダーオンすると、、、あれあれ?

そのネット口座の残高が100,000,000円表示するじゃないですか?www(いやはや、、恐るべし錬金術でございますw)

これでこの人は手持ち現金で1億あることになっちゃいますから「自己資金で1億入れてください」と銀行に言われても〇〇金として売り主(サンタメ売り主だとなお可w)に払ったことにすれば2億程度の物件であればフルローンどころか楽々オーバーローンで買えちゃいます。

しかもこの口座残高、、
お札を印刷するかのように自在に数字を作れますから光速投資どころか超光速投資が可能になっちゃいます。

とは言え、我々狼旅団としては
①銀行の融資姿勢が渋々になる
②物件相場が値下がりする
③狼狽売りに出た物件を足元見るような指値で買い漁る
④ウマーw

を目論んで何年も前から「おめーら、来たる確変モードに備えてくだらねー物件買わないでひたすら貯金しとけよ」という戦術を取ってる以上、オーバーローンだので担保評価以上の融資を引っ張る続けられ物件相場がいつまでも値下がりしないってのは困る立場だし、仲介としてこんなあぶねー取引に巻き込まれて銀行取引停止なるのも嫌なので手を出しませんが(我々業者ってこういう取引で仲介印押してあとで不正取引がバレるとその銀行を二度と使えなくなるんです)聞くところによれば某〇家団体が主導してこの手法で融資をバンバン引きまくってるとか。。。>(しかもこのマニュアルをシケた売値で有料販売してるそうですねww


評価額より安い物件だからフルロ-ン、オーバーローンが通るってならいいですがすでに通常の担保評価を上回る高値市場になってるのにこの手のフルローン、オーバーローンがまかり通るといつまでも物件価格が下がりませんのでここ読んでる金融機関の方に於かれましては、ログイン画面から預金残高画面をチェックするだけでなく他のページにもバシバシ移動してプログラムが改変されてるかどうかのチェックまでお願いする次第であります。。。(ってかこんなの今さら書かなくても金融機関じゃすでに対応済みだそうですけどw)


と、この話、、

まだ書きたいことはたくさんあるのですが各方面からのクレームも予想されますので今日はこのくらいにしておきます。


ではみなさん良い週末を。。。。



と、我々は今から福砂屋のカステラ買ってお詫び行脚なんじゃんw

月末特価。。。


まずはポチってからお読みくださいw

こんにちは。

昨日は水曜日。。

普段であれば物確電話の少ない水曜日なのですが、
まだこの期に及んで3月の期末に案件をブッコみたい業者さんの物確電話ラッシュに見舞われました。。

さすがに今から銀行に資料を持ちこんで3月末に決済するって「一体どんな無理ゲーだよ」と思うワタクシ、、

「今からでしたら3月末までに契約して決済は4月じゃダメですか?」
とその業者さんを諭してみたりもするのですが、

「いーや、今からでも充分間に合います!」
と自信たっぷりに言われると

やっぱり散々振り回された挙句に「やっぱり今月中の決済は無理って銀行が言ってます」と銀行にせいにしてさも「俺は全く悪くないと(悪いのは銀行だ)」と3月末あたりに開き直られる情景が頭に浮かんでしまいます。。(ホント、3末って毎年、決済日変更の覚書を交わすことが多いこと多いことww)

さて、そんな物確電話の中に
「3月末までに買わないと買主が大変なことになる」と言う趣旨で物件を探されてる業者さんの物確電話がありました。

どう大変なことになるのかわかりませんが、こういうケースでよくある話は、
「大変なことになるのって買主さんじゃなくて月末の資金繰りで四苦八苦なこの業者さんじゃないの?」ってあたり。。。(ちなみにこの手の話、、12月の後半にもよくあります)

だからと言って「買主さんじゃなくて御社が大変なんでしょ?」と無粋なツッコミしちゃいけないのが我々の業界のお約束ですからここはスルーして業者さんの話に対し真摯に耳を傾けます。

・・・(傾け中、、、)

・・・(傾け中、、、)

うーん、、

要領を得ない話なのですが、、どうも相続がらみでゴニョゴニョとなにかありそうです。。。
。。(どこまでホントの話なのかさっぱり判断できません)

こういうケース、、
業者さんの言うことを真に受けるとホントに振り回されるだけなので(この場合、「結局買わない」ってのがありますからw)信用したフリこそしますが本気では相手しちゃいけません。。

と言うことで「とりあえず買う気なら買付けください」と言っておいたのですが、今朝になって会社に来たらホントに買い付けが届いてました。

しかし、その買い付け、、
買主はこの業者名で例によって無茶苦茶な指値が入ってます。。(っつーか、誰がこの金額で売りますって言ったんだよw)

全く話にならない指値だったので我々、そんな買付けを放置して朝からやってた籠池さんの証人喚問見てたんですが、証人喚問が始まって30分くらいした頃、、その業者さんから確認の電話が入電しました。

業者「あのー、、決済の段取りなんですけど。。。」

・・・

・・・

オオカミ「え?え?ちょっと待ってよ!!段取りとか言う前にこの買付け金額はなんなのよww?」

とちょっとムカつき口調で聞いてみたのですが、

「あー、、、そこは月末特価と言うことでお願い出来ませんかー?」

と意に介する気配もありません。。(言っときますけど、こいつ、、ホントにこう言ったんですよww。。)

月末特価と言われて「はいそうですか」と応じてしまえば今度は我々が売り主さんから大変な目に遭いますw

オオカミ「すみません、さすがにこの売値じゃ話にならないので、、、」
と丁重にお断りして電話を切ってまた証人喚問に戻ったのですが、

今度は我々が一番楽しみにしてた山本太郎パートの時にこの業者からまた入電です。。。。(この人の国会発言はいつもスリルいっぱいなので楽しみにしてたんですw)

業者「あのー、、では満額で買いますので月末決済OKですか?」

・・・

・・・

ほんの小一時間前に月末特価とか言ってたくせに満額でも買うって話もおかしいですがこの話、、
ホントの買主さんって存在するんでしょうか?(だってこれじゃ普通の3タメ契約じゃんw)

で、そこからいろいろ聞き出した結果
①実は3タメ契約(実際にはもう一社入った4タメらしいですw)
②買主はこれから探すけど候補が2人いる
③月末決済じゃないと融資が出ないので月末決済は必須
④でも融資特約付きwww


・・・

・・・

要するにこれ、
まだ買主の目星すらたってないいつもの3タメ契約(しかも業者なのに融資特約付きw)だったってオチなんですが、、ちょっと待ってください。。

昨日の「3月末までに買わないと買主が大変なことになる」って話はもしかしてのことですか?。。。(ってかそんな話で人を振り回すんじゃねーよ、、、とw)



気が付いたら証人喚問終わってたんじゃんw

弟子募集の話。。。


本日もポチって戻る運動でお願いいたしますw


こんにちは。

今朝、いつも出がけに見てるテレビのワイドショーで「西陣織職人の弟子募集」の話題をやってました。

この弟子の募集要綱、、
テレビによれば「半年間給料ゼロ」、「将来性についてはまったく保証出来ない」と言うことでTwitter上では「こんなのブラック企業じゃん」とか「給料ゼロってありえねーだろww」と批判されまくりだそうで、会社として考えれば確かに「給料無しで半年仕事しろってなんの罰ゲームだよ」って言いたくなる気持ちもわかります。。

ただ、この西陣織、、
西陣織自体が高価なのでワタクシ、、職人さんとしての収入ってすごいんだろうなと思ってただけに「糸をガシャンガシャンと3万回打ち返して6000円というギャラでやってました」と聞けば、そりゃ弟子の給料なんて払う余裕もないでしょうし、辛い修行に耐えられずバックレる奴が続出するであろう厳しい伝統工芸の世界ですから続くか続かないかわかんないやつに毎月給料なんか出せませんって気持ちもわからなくもありません。

とは言え、今の時世で「弟子=無給で仕事を覚えろ」ってのは少々無理がある話ですから朝のワイドショーで面白おかしく放送されてしまったんでしょうけど作る職人がいなくなれば西陣織は絶滅しちゃうわけですから「給料は出ないけどそれでも覚えたいって人に教えたい」と考える職人さんからしたらまさに苦肉の策での募集告知したのではないかと。。。

さて、そんな弟子の話と言えば、
ウチの会社にも時々「オオカミさんの弟子にしてください」とか「御社は社員募集はやってないんですか?」とメールが飛んでくることがあります。

確かにワタクシもいつまで不動産屋をやってられるかわかりませんからワタクシが今まで培った不動産のノウハウを次世代にも伝えたいって気持ちもありますが、、、そんなのこのブログを何周か読めばわかる話ですww(えぇ、、ノウハウと言ってもワタクシのなんてホント、、薄っぺらいノウハウなんですw)

また弟子と言っても実際には「社員」として雇わねばならず、一度社員として召し抱えてしまえば固定費が増える関係で売り上げも考えないといけません。。(社員一人召し抱えると月に100万くらいの経費が掛かるんです)

我々二人でチマチマ生きていくだけであれば今みたいな感じで細々と仕事してればいいですが固定費を稼ぐために無理して売り上げアップを狙おうものなら不動産屋なんて業種はたちまち悪の道を突き進むことにもなります。。(賃貸管理部作ったりして日銭ビジネスに走るか歩合給とかにして月ノルマ300万稼がないとクビとかでリスクヘッジするとか儲かりもしない中古ワンルームを顧客に掴ませるとかw

よくある話で、昨今は不動産業界も好景気なのでどこの会社も営業のコマを募集してますがこんな好景気がいつまで続くかなんてわかりませんし(ワタクシの予想ではいいとこあと2年くらいでしょう)せっかく育っても頭のいい奴はすぐに不満分子と共に独立を企てるのが下剋上な業界であるこの不動産業界。。。(毎月給料払って養っても実力がついてしまえば顧客名簿もろとも消えるのがこの業界ですからww)

ただ、なにか仕事してないとボケちゃうし不動産業やめたら今いる不動産友達も蜘蛛の子を散らすように消えていくはずなので今の仕事は続けていかないといけません。。(ホント、いつも思いますが「飲みに行くから今から30分で来い」なんてのだってブログ書いて不動産屋やってるからこそ出来る芸当ですw)

そんなわけで会社を大きくするつもりも無い我々、、
結論になりますが、弟子を取るとか社員を入れるなんて考えは今のところありませんのでご理解いただければと。。。

あ、そうそう。。

そう言うと決まって「ギャラ無しでいいから使ってください」ってメールが鬼のように飛んできますが、
社内で人にモノを教えるってのも膨大な労力が掛かってしまい本来の業務に支障が出ちゃうことと我々の遊び時間が少なくなってしまうのでそういうのもご容赦ください。。(エスパーくん一人に教えるのだってすごく時間が掛かりましたからww)


と言うことで今日はこれから所用がある関係で短めなネタで終了です。。



これから華麗な夜の営業に出撃なんじゃんw

2022年問題。。。(オオカミ、いつもの逆張り予報w)


実質今日が週の初めですからじゃんじゃんポチってくださいw


こんにちは。

昨日は慣れないプロパンガスネタなんか書いたもんだから詳細については一切触れずに終わってしまった本ブログ。。(だって最近プロパン物件って賃貸管理したことないんですもん)

細かい突っ込みが飛んで来たらどうしようって戦々恐々してたのですが助け舟的にひろ*さんがプロパンネタを大家目線で書いてくれました。

と言うことで本件に関しましてはひろ*さんブログをチェケラッチョしてくださいw(順位も落ちてきたので読んだらポチもお願いしますw)

それとは別にプロパン星人さんというブロガーの方が本件を連載で深く掘り下げてくれそうなのでプロパン問題で心配な方はこちらも併せてチェケラッチョです。。(ワタクシ、この方と面識はまったくありませんが内緒でリンク張っちゃいますw)

さて、
そんな賃貸物件を巡って「大家イジメ」らしき話が飛び交う中、もうひとつ「大家イジメ」みたいな話題があるので今日はこっちを掘り下げてみます。

実はこれ、「2022年問題」という問題なのですが、
要するに「生産緑地の期間終了問題」と言われてるものです。

基礎的な話から先に掻い摘んで書きますがこの生産緑地制度と言うのは1974年に出来た「生産緑地法」。。

1974年当時は都心近郊に押し寄せるサラリーマン等の住宅地確保を名目に市街化地域だってのに農地利用してる地主さんに対して「こんな便利なところで農業やってんなら宅地並み課税して農業出来なくしちゃうよww」と出来た法律です。

ただこんな法律が出来ると先祖代々守ってきた土地を持つ地主さんが毎年宅地並み課税されてあっという間に日干しにされてしまいます。

そこで「あ?てめーらふざけんなよww」と猛反発した地主さんのなかでまじめに今後も農業やると宣言した地主さんに対して今から25年前の1992年に「改正生産緑地制度」を制定。。(実際には500㎡以上の市街化地域で期間中はずっと農業やるとかの一定条件を満たす必要があります)

都心でもちょっと郊外に行くと「こんな高級住宅地のど真ん中のいいところでなんで大根とかホウレンソウ作ってんだよww」って広い土地があると思うのですが「なぜこんなところに不自然に農地があるのか?」と言うとこの生産緑地の指定を受けてる期間は嫌でも農業をやってないといけないからなんです。(めんどくさくなると植木の苗を作ったりしてるとこ多しですw)

この生産緑地として指定を受けられるのが30年。。
この30年と言う期限が2022年ということになりあと5年経過するとこの生産緑地の恩恵を受けてた地主さんも生産緑地の解除を受け農地から宅地をなり宅地並み課税を受けることからこの土地の大量放出が始まるんじゃないかって話になってるわけです。

一説では5年後に解除になるであろう生産緑地の面積は首都圏(一都三県)だけで東京ドーム1600個分に相当する7000ヘクタール(7000万平方メートル=約2100万坪ですw)。。

今までは農地だと思ってデベさんも「この土地売りませんか?」とオファーしたところで「うちは生産緑地だから。。」と断り続けることも可能だった2100万坪の土地が一斉に宅地になれば今の土地値もダダ下がりするかもしれません。(昨日の話じゃないですがこの生産緑地終了に伴いまたなにか後出しじゃんけんで新しい法律が出来るかもしれませんが今のところは無い前提で話を進めます)

ただあれです。。
生産緑地って住宅用地にしたらエラい高く売れそうなところにあることが多いですが30年間も先祖代々の土地として守り抜いてきた地主さん、、。

そんな人が安くなると言っても宅地並み価格で売れるからとマトモに不動産マーケットに放出するはずもなく(タダ同然で手に入れてる土地ですから売却なんかしたら例の5%ルール適用されて所得税で半分くらい持って行かれちゃうんじゃないかとw)ワタクシの予想ではこの地主さんが土地活用とか言い出して集合住宅とかを建て始める可能性が高いと見てます。(それかいつでも切り売りできる自走式駐車場とか)

事実、先日飲んだ某HM系営業マンの話ではこれらの生産緑地を持つ顧客の囲い込み作業がすでに始まってるようで一部不動産屋さんあたりもこの「新しい鉱山の金脈(どこまで行っても地主さんはやっぱり養分らしいですw)」と見なして「生産緑地セミナー」なるセミナーを大々的に始めているそうで5年後にちょうど建築計画が間に合うようにと今からプランニングや早いところではすでにボリュームチェックまで入れてる会社もあるそうです。(やってることがアディ〇レ法律事務所っぽく見えるのは気のせいでしょうか?

こんなことが起きたらタダでさえ供給過剰と言われる賃貸住宅戦線に新たなライバル物件が順次投入されることになり、しかも今度は「相続税払うくらいなら借金こさえて固定資産税と借金返済出来れば利回りなんざどうでもいい」と余裕しゃくしゃくな地主さんが相手。。(土地持ち大家さんの利回り10%以上なんて言われてますがおそらく5%の利回りでもやっちゃうはずですw)

こんな相手に土地から建物建てて家賃の中から借金返済してる大家さんの賃料設定で勝負に挑んでも「じゃ、こっちは土地代が無いから家賃は相場の半値でいいよw」なんてやられて蹴散らされる可能性も排除できません。(少なくともワタクシが地主であればこうやって周りの家賃下げられない物件を一度駆逐して入居者がいなくなって返済出来なくなり日干しになった差し押さえ物件を格安価格で全力大人買いしますw

今まではそんなこと仕掛けてくる物件なんて考える必要もありませんでしたが理論的にこの作戦は不可能ではないのでこれをHM系デベさんが組織力でやってきたら・・・・なんか考えただけでワタクシ、、ホント、寒気がします。。(何度も言いますがワタクシがD東建託の社長なら社員にハッパ掛けてこの作戦を指示して土地から物件を一網打尽しちゃいますw

ということでこの2022年問題。。
今のところはどこの会社もこの生産緑地を持つ地主さんをターゲットに囲い込みを始めてるだけで一般の大家さんには影響も無いのですが、、今から3年後くらいするとあちこちでこの話題が出るようになり生産緑地の隣とかでアパマン経営してる人にとってはもしかすると格安賃料の土地150坪超えの巨大新築物件が登場して周辺の家賃相場をズタズタにされる恐れもあるわけでちょっとこの話は注視していた方がいいかもしれません。。


とは言え、いつも逆の結果になるのがワタクシの予想(FXはワタクシの逆張りすれば億万長者間違いなしとまで言われてますw)。。


・・・・


・・・・


えぇ、、


ここは
5年経ってこの問題が別段今の賃貸物件戦線になんら影響が無い可能性の方が高い・・・・
と予想して今日のブログは終了です。。。(え?ww)



ウラのウラはオモテってことなんじゃんw

プロパンネタ。。


連休中ですが月曜なので更新しますw

こんにちは。

ケンビヤのコラムで気になる記事を発見したので今日はそれをネタにします。

「大家とプロパンガス会社の「密約」にメス、6月1日より入居者に説明要請」
(押すとリンク先に飛びます)


よくある話でプロパンガス会社を切り替えると奨励金が貰えたり新築だと給湯器からキッチンのコンロ、果てはエアコンや追い炊き付きユニットバスまで全部プロパン会社が負担して取り付けてくれるという作戦で掛かる設備経費を削減する手法がありましたが、入居者に転嫁するプロパンガス料金があまりに不透明だということで通産省が重い腰を上げた模様。。

業者であるワタクシ。。
実はこの話をまったく知らなかったのですが、記事によれば今年6月1日からプロパンガスを利用する賃貸物件についてその価格や不動産オーナーとの契約内容を書面にて入居希望者に対してどうやら「告知」が義務づけられそうなんです。。。(重説にこの項目が新たに載るんじゃないかと予想してます)

で、実際にはどうなるかというと現在、プロパンガスの恩恵的契約を締結している大家さんはプロパンガス料金と設備供与を受けてることを賃貸契約時の重説に盛り込まないといけなくなり、下手すると募集図面であるマイソクの段階で「本物件はプロパンガス物件で料金は1立米あたり○○円、設備は無償供与です」なんて表示して賃貸募集するなんてことにもなりかねず、運営経費を安くあげようと考えていた大家さんにとっては賃借人に不利な契約を開示しないといけない可能性があります。(特にインフラとしてすでに都市ガスが通っているエリアとかで恩恵的契約のプロパンガス仕様にしてるって物件が一番槍玉に上がりそうです)

今までこの手法で物件の設備代を浮かしてた大家さんにとっては募集時あたりでものすごい痛手になるんじゃないかとも思いますが、、実際のところ、本当に割高なプロパン代を入居者に転嫁してるガス会社ってそんなに多いんでしょうか?(売買とかで物件のプロパンガスのこと調べると最近は都市ガス代とそんなに変わらないところが多い気もするんです。。)

また、いつものことながらこういう法律の後出しジャンケンに閉口したくなるのですが、先日の建物インスペクションの重説義務化みたいになんとなく骨抜きな形になっていただけると説明時に面倒なことにならなくていいのですが、、、とにかこの話、


昨日知ったばかりな話なので詳細はもうちょっと調べてから書きますが、なんかうまい逃げ道があればそれも併せて続報として追記します。。。(ホント、この話、、寝耳に水なんですww)



そういや昔、プロパンエアコン使って月に6万請求されたことがあるんじゃんw