プロフィール

狼旅団@地下潜伏中

Author:狼旅団@地下潜伏中
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛する2児の父。。

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

職業:収益物件売りの不動産屋

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないのであまり見ないほうがいいですよw


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム

狼不動産 月曜日の全体会議にて。。。


ささ、、今週もポチって「戻る」でお願いしますよーww

こんにちは。

月曜日の朝はウチの会社でも「全体会議(参加者2名w)」があるのですが、今日の議題はと言うと

①今週末の日米首脳会談の行方(トランプさんが会談で貿易赤字まで踏み込むか?)
②イランへの経済制裁強化での原油価格下落局面でのドル円の方向性
③例の7か国締め出し政策の今後
④週末のジョイブレ発言(ECB批判発言)
⑤目下旅団FXクラブでの最大の懸念であるトルコ情勢w

・・・と、もはやウチの会社、、
不動産会社として機能してないんじゃねーかって議題のオンパレードで始まりましたが、

そんな中、

先週末のホリエモンのTwitterネタを読んで、我々も「ホリエモンさんの不動産仲介業者不要論」についても意見交換をしました。(ま、こんな話をネタにしてる時点で要するに我々、月曜からヒマなんですww)

ホリエモンさん、、
以前にもネット上で「寿司職人として10年修行してるなんざ時間の無駄、寿司アカデミーでも行って勉強して独立しても同じ」と発言して物議を醸しましたが、今回はそれの不動産業者版。。(しかし、ホリエモンさんの発言って社会的発信能力ありますねーw)

で、彼曰く、「宅建の資格所有者は手続きの際にだけ雇うのが合理的じゃねーの」とか、「不動産仲介でインチキ手数料取ってる業者はそのうちAmazonに淘汰されるんじゃねーの」などと発言したことで我々の業界から猛反発されてるそうなのですが、ホリエモンさんが「手数料1か月」と発言しているあたりを考えると賃貸マーケットを見ての発言なんじゃないかと思います。(売買での手数料は3%+うんたらかんたらですからw)

そもそもこの話、、
不動産取引には「重要事項の説明義務」と言うのが存在していてこれを端折ると都道府県知事か国交省から厳しいお咎めを受ける羽目になるし、その説明責任は原則、「契約が生きてる限り有効」だしその説明は「宅地建物取引士がやらないといけない」という厳格なルールがあってのお話しで、なぜ不動産取引にこんな説明が必要かと言うと、昔はいい加減な不動産業者が多くて素人のお客さんに適当なこと言って売ったり貸したりしてたのでそれが出来ないよう、「説明しなければいけない最低要件」というのを作りそれをちゃんと説明しない契約はダメですよって取り決めを作りそれを宅建などの有資格者が説明して買ったり、借りたりする人が騙されたり脅されて契約させないようにしたものです。

不動産取引は大小問わず法律的要件が多いのでこの取引を「法律に詳しい宅建資格者が説明しろ」という決まり。。
この宅建資格を持ってるやつでかつ、あとで責任が問えなくなると困るので「専任の取引士(要するにその不動産会社に専任で従事する人)」に説明義務を課しているのですが、ホリエモンさんは「そんなのに1か月分も手数料払うなんてアホらしい」とか「その都度パートとかで宅建取引士を雇って契約すればいいじゃん」と言ってるのではないかと。。。

確かに、賃貸仲介の現場を見てると明らかに宅建資格の無い営業マンが仲介に携わり、重要説明の場面だけ、裏のバックヤードにいた事務員さんらしき人が登場してたどたどしい説明で重説を読み、「間違いなければこことここにハンコ押してください」と言う流れでちゃっちゃと契約しちゃうこともあります。(宅建取引士の事務員さん、、その日はたまたま会社にいましたが実は名義貸しだけだったりもしますw

特に賃貸仲介さんあたりで中小の会社あたりだとそもそのこの宅建資格を所持してる人が少なく(売買とか建築基準法の出題が多い関係で賃貸の人ってなかなか宅建試験に受からないんです。。)事務所単位で5人に1人の割合でいなきゃいけない宅建取引士の確保が出来ないと営業マンも増やせません。(宅建資格の事務所の掛け持ちが許されないのでそうなると名義貸しが横行しちゃうわけです)

そんな「カタチだけの重説」であればホントに不動産業者なんか必要ないし、そんな「カタチだけの取引」で不動産屋に仲介手数料払うのもバカバカしいでしょう。

と言うことでどうでしょう?

幸い不動産取引ってのは売主―買主、あるいは貸主―借主などの直接契約では不動産業者を介在させなくても契約できますし、重説も業者が介在しなければ不要だし、そもそもあの忌々しい不動産手数料なんて払わなくとも取引出来ちゃいますから我々、不動産業者なんかすっ飛ばして直接契約してみては?(なんならワタクシがそこら辺に落ちてる契約書のひな形送ってあげますよw)

それこそホリエモンさんの言う通り、Amazonとかであれば今どき、物凄い数の人が利用してますからここに売り主が自分で売りたい物件や貸したい物件を掲載して直接買主や借主探せば業者特有の「囲い込み」も無くなるし、業者が値付け間違いしても「オークション形式に」欲しい人がその買値を釣り上げるかもしれません。(ワタクシであればそこからニセアカウント作ってダミーの高値で入札しちゃいますけどねw

また今流行りの新中間省略取引も売り主と買主が直接、グルになって出来ちゃいますから融資も自由自在。(中間業者に売値の40%も利ザヤを抜かれる心配もございませんw)

高く売りたい、安く買いたい、高く貸したい、安く借りたいってすべての人に有効ですからホリエモンさんあたりが動いてポピュリズムじゃないですがそんな民意をそっちに誘導して旧態依然の宅建業法なんか廃止させて不動産取引なんて誰でも出来るようにしちゃえばいいんです。(出来ることならついでに個人の反復販売も認めていただけるとさらに吉ですw)

ただここまでたどり着くには既存の岩盤規制(不動産業者も政治献金して業界に有利な法案をたくさん通して貰ってますゆえw)をクリアしなければいけませんから相当な時間を要するでしょうし、恐らくですが、これをホントに実行して一番儲かるのは弁護士さんあたりじゃないかと思います。(いつぞやの債務整理専門弁護士みたいに「不動産紛争専門弁護士」なんてのが出来るかもしれませんw)

なぜなら不動産取引ってお金が絡むことなので当事者双方が平等に取引するのは非常に難しく、決めるべきことをちゃんと取り決めておかないとあとで紛争になりどちらが正しいかのジャッジは結局裁判なり法的措置を経てやらないとシロクロつかないことが多いからなんです。。(そのくらい不動産取引って裁判とかの紛争が多いんですよ)

我々業者ってこの部分を出来るだけ平等になるように先回りしていろいろな条件をクリアさせて当事者双方が納得のいく契約を締結させて後日紛争になってしまわないようにその取引にあった様々な書類を作成して交付しています。

当然、人間がやることですからミスもあるのでそういう時に説明義務違反とかに問われて損害賠償請求を喰らうこともありますが、そんなときの為に我々、「損賠賠償保険」にも加入して万が一お客さんに迷惑掛けて損害賠償請求されてもちゃんと賠償出来るだけの準備もしています。

と、不動産屋を経営するのにはそれなりの経費も掛かってるので(うちでも月に100万くらいは楽に掛かってますからw)仲介手数料などをいただかないととてもじゃないけどこんな法的責任でガンジガラメな業界では生きていけません。。

ホント、ホリエモンさんがおっしゃるようにAmazonとかで不動産取引が自由に出来るようになればワタクシなんざ携帯電話一本だけ持って適当に不動産コンサルやって弁護士よりマシなアドバイスしてその分だけフィーで貰う方がはるかにラクチンでございます。

えぇ、、
まじめな話。。。我々の業界。、

業務を不動産コンサルだけに絞って仲介なんてやらなければこんないつも胃が痛い思いしなくて済むんですってwww(コンサルと仲介じゃ責任の比率が天と地ほど違うんですよw)




だから最近大家さんがやたらコンサルやりたがるんじゃないかと思うんじゃんw