FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「狼旅団 森野狼太郎」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム

知らぬが仏。。。

banner赤ずきん
クルマで移動中にブログ更新するとゲロ吐きたくなっちゃうんですのw

こんにちは。

先日、営業を兼ねてとある業者さんを訪問したときの出来事。。

その仲介さん、うちとは違う路面店舗型の仲介さんなので賃貸部門と売買部門の二刀流。。(あ、賃貸管理もやってるから三刀流かw)

ワタクシ、賃貸部門には用が無いのでパーテーションを挟んだ売買ブースでしゃべっていたのですが賃貸部のお客さんが殺到していてやがて賃貸部門の席が無くなり来店客が売買部門の席まで浸食してきました。。。

応接席の後ろで新人の仲介君が月末までのノルマを達成させようと必死になって接客しているのを見るとワタクシもノルマで追っかけられてた新人の頃を思い出します。(ワタクシがいた会社ではノルマ未達の場合キツイお仕置きがありましたが最近は未達でも「来月は頑張ろう!」って社長がやさしく声を掛けてくれる雰囲気でワタクシもこういう会社でやってればここまで性格がねじ曲がらなかったんじゃないかと思いますw)

さて、そんな売買部門に浸食してきたお客さんでちょっと気になるお客さんがいました。

20代後半から30代前半の男性でどこから見てもちょっといい会社のサラリーマンって出で立ちなのですが、着てるスーツがいかにも今朝、西友のスーツ売り場に売ってたのをそのまま着てるって感じなんです。。

トイレ行くふりして履いてる靴をチェックしたのですがその靴もピカピカで雨の中仕事の途中で立ち寄ったにしてはちょっと不自然です。

この男性の希望物件は新宿駅から電車で10分圏で家賃10万以内。。
部屋の広さの希望もあったのですがなぜかこんな便利圏でも駐車場は必須とのこと。。

ワタクシ、売買の担当と話をしていながら後ろでこの賃貸客の応対を聞いててずっとこの男性の不自然さが気になってしまい売買の話が全然頭に入りません。

担当くん「では、保証人さんはどうしますか?」

この賃貸希望条件であればそこそこ属性もいいはずなので保証会社を通さなくても親か親族の保証人を立てて成約、、、ってなると思っていたのですがこの男性、、

「保証人無しで契約って出来ますか?」
と言い始めました。

ま、こんなパターンでも親が高齢で年金暮らしだと保証人が持家であっても断られることがありますから担当君、「じゃ、保証会社を使ってやりましょう」ってことになりました。

そしたらこの男性、、
「え?保証会社は使いたくないんですけど、、、」

・・・

・・・

ワタクシ、このやり取りを聞いててこの男性がただのサラリーマン客じゃないって気が付きました。。

しかしこの担当君、、
月末のノルマを考えると(ある金額を達成すると報奨金の%が変わるんです)この契約は多少無茶しても成約させたいオーラが出ていたので何度も上司に相談しています。。

上司もちょっと悩みつつ、「保証人と保証会社が無理なら(禁断の)アリバイ会社使うか。。。」と言い始め馴染みのア○バイ会社に問い合わせはじめました。(さらっとアリ○イ会社って書いてますがこの件はまた後日書きますのでツッコミ無用ですw)

ワタクシ、気にはなっていましたが他の会社で起きてることにいちいち首を突っ込むのもあれかと思い、黙ってましたがあの男性、おそらく反◯会勢力の方です。。。(喧嘩に強そうな手の拳と時折見せる妙に殺気がかった目つきを見るとワタクシなんとなくわかるんです。。。)

たぶん、それがバレると入居申し込みすら出来なくなると思って必死にあの独特のオーラが出ないように隠してたんだと思いますが担当君も上司もそこには気づいていない模様。。

時期も時期なので「データベースチェックした方がいいんじゃね?(我々業者にはそういうのを検索出来るシステムがあります)」と助言しようかとても迷いましたが、妙に告げ口して仲介くん恨まれるのもあれだし他社で起きてることに介入してもワタクシにとって得することもありません。。(それこそお節介ってもんです)

アリバイ会社にOK貰って小一時間程度で契約予定になってましたが、あの物件のオーナーさん、、普通のサラリーマンの入居者だと思うんだろうな。。。




人気ブログランキングへ
知らぬが仏とはこのことなんじゃんw