FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「秘密結社狼旅団」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム

期末のよもやま話。。。


ポチが多かったら明日も更新しちゃいますw

こんにちは。

今日で期末の3月も終わり明日から年度変わりの4月になります。

年度変わると税制とか法律関係も変わることが多いので必ずチェック入れて欲しいのですが、それ以外にやっぱり融資関連の方針も変わってきます。

ちなみに去年のケースの融資関連は大した変更も無くどこの銀行に聞いても「ウチは特に変わったことないです(相変わらずのユルユルっぷりですw)」と言う答えが多かったのですが、今年はそんなユルユル発言してた担当さんですらすでに「あ、物件買うなら自己資金3割、、、(以下略)」と軽くジャブを入れられるのが普通になりつつあるので益々「融資アレンジャー的業務」が出来る(上手い)仲介さんの独壇場になるんじゃないかと思います。

この融資アレンジャー的業務ですが、、
我々、元付け的立ち位置にいる業者だと経験値も低く、なじみの金融機関の融資基準にハマってれば紹介くらいはしますって感じなのですが、客付け業者さんはこの融資付けが弱いといくら物件を買主さんにあてがっても買わせることが出来ませんから常に新規で貸してくれそうな金融機関を開拓して「どんな物件を出せば融資してくれるか?」また、「どんな属性の人じゃないと融資が引けないか?」を日々アップデート、、

そんな感じで常に最新の融資事情に精通しているのですが、
これだけ中間省略売買が横行しているとまともな融資を引っ張るくらいじゃ売買価格になんか到底届かないケースが続出し、昨今では結局、この中間省略売買で一旦業者さんが抱えて(登記しないから抱えるとは言いませんけどw)その業者さんが融資をフカして売買する選択でしか物件が買えなくなってます。(もはや中間の業者さんが利ザヤを抜くためにやるのではなく単に売買に必要な融資額を引くためにこの中間省略売買が利用されてる感すらあります)

ただ、これだと間に入る業者さん、、
売り主責任の瑕疵担保2年縛りのルールがある関係で多少でも利益が無いとあまりにリスキーな取引になっちゃうのでどうしても売値は当初の売り値よりも上げないと取引が出来ません。

最近の中間省略取引の現場を見てて思うのですがそもそも金融機関自体がその中間業者さんから上がってくるエビデンスをおいそれと信用しなくなったので(某地銀さんは「オマエラが作ったレントロールじゃ信用できないので賃貸契約書の原本を見せてくれ」と言い始めてますw)融資一つ引くにもかなりの苦戦を強いられてます。

しかし残念ながら中間業者さんが「鉛筆舐め舐め」したレントロールじゃないと利回りが高く見せられないので4月からの新年度はオーバーローン、フルローンの類の融資は益々先細りになるんじゃないかと思うのですが(ってかどこの業者さんもあまりに「鉛筆舐め舐め」し過ぎたことが結果的に自分の首を絞めることになったんでしょうけど)、、、

そんな中間業者さんの苦戦をもろともしないまったく新しい手法を確立した業者さんが誕生したようです!!

と言うのも先日、業者の飲み会に参加した際に、とある仲介さんが言ってた話で
①なんとなく利回りがよさげな物件をレインズ見て物確
②その際、売り主側に融資を多く引っ張れるように「売契操作に協力できないか?」を打診
③協力が得られる物件であればそれを自社の客に紹介・客付け
④中間省略売買を使わなくてもオーバーローンが引っ張れてウマーw

・・・という手法なんですが、

これだと中間に入る業者さんのマージンも不要で無茶なレントロールの「鉛筆舐め舐め」も不要。。
さらにこれに加えて先日ブログで書いた自己資金錬金術を駆使すると自己資金がゼロであろうと大家歴未経験であろうと自由自在に融資が引けて、さらにさらに、一法人一物件の手法まで応用すると未経験でもわずか1年足らずでメガ大家の仲間入りすら可能になります。(彦摩呂風に言わせていただくと「まさに融資のファンタジスタや!」って感じですww)

ただこの手法、、
レインズに載ってるブツ元業者と売り主さん両方にこの協力をお願いしないといけない話なので売買契約書の金額改定(覚書)操作でやる作業にこの二者も加担することになります。(罪状的には有印私文書偽造の幇助)

しかも昨今制定されそうな「共謀罪」のカテゴリーに含まれる「犯罪行為の幇助全般」にこの罪状も列記されてる関係で「こんな話をうっかり聞いただけ」で犯罪者扱いされかねず、先日の飲み会で話してた業者さんが「バレないように水面下でやるならわかるけど見知らぬ業者に片っ端電話してるっぽいからバカだよなーww」って言ってたもの頷けます。

幸い、ウチの売り出し物件は低利回り物件ばっかりなのでこの会社からのコンタクトはいまだにありませんが、地方の高利回り物件を売り出してる仲介さん、、

この話、、結構ヤバイ話だと思うのでご注意ください。。(たぶん、一番ワリ食うのがブツ元業者のはずですw)


え?

なになに?

それってどこの業者だよ?、、、ですって?


・・・


・・・


こんなバカみたいなことを普通にやってのける業者さんなんてワタクシ、この世で一社しか思い浮かびませんよ、、、とw


ただ、この手法ですが
ワタクシ、、このブログかセミナーで大昔にしゃべった記憶があるんですけど、、、、、気のせいですよねw(しかもまさかそれを真似たって話じゃ、、(以下略w)




いつものようにコメント欄に固有名詞書くと反映されないシステムなんじゃんw

暗黒のお詫び行脚(週末編w)


ささ、、今日もご遠慮なくポチってくださいw

こんにちは。

昨日は「月末価格」いうブログネタを書かせていただきましたが、
いくら指値をして買値が安くなったとしても、当たり前のことで融資が通らなければ買うことは出来ません。

先日も激しい価格交渉の末に売り主さんも「このくらいの指値なら売ってもいいよ」となった物件で自信たっぷりに買付けを入れてきた買主さん、、

当初の融資条件であった
自己資金・・・1000万
融資期間・・・25年
融資可能額・・・2億5000万


が土壇場になって

自己資金・・・5000万
融資期間・・・15年
融資可能額・・・2億


と、さらに追い討ちを掛けるかの如く

追加の共担要求(親の持ってる無担保自宅に共担付ける)

と言う条件になり
「これじゃ銀行のために金借りるようなものだ!!(と言うかこれって単に「オマエには貸したくない」って間接的に言われてるだけじゃねーのw)」
と怒って買付けを撤回して来たそうで、この相手仲介さんも
「この買主さん、、金融資産も豊富だったのでこんな形になるなんて夢にも思ってなかったんですけどねー」
とか言って転進を図ろうとします。

とは言えこの仲介さん、、

買付け入れた途端、
やれ売り止めにしろ(レインズ掲載も落としてくれ)、、、だの
やれ売り渡し証よこせ、、、だの
やれ契約書と重説の案を早く作ってデーターでくれ、、、だの
やれ契約前にリフォーム業者の立ち入りさせろ、、、だの
やれ管理会社と面談させろ

だのと言ってたことはすっかり忘れてるようでそんな話に乗せられすっかり売り主をその気にさせてしまった我々、、

楽しい週末だってのに今夜は暗黒のお詫び行脚でございます。。。
(今回のハシゴの外され方はワタクシの黒歴史の1ページとして生涯残ることでしょう。。。)


ま、それはそれとして
最近、ホントに「買付け証明」からの「買付け撤回と」いうパターンが頻発してます。(もはやこんなの証明でもなんでもありませんw)

これもひとえに昨今の金融機関の融資姿勢の変化が問題だと思うのですが、自己資金の内入れが必須っぽくなってきてます。。(融資する気満々なら10%、貸す気が無いなら30%って言うそうですw)

と言ってもフルローン、オーバーローンばっかり手慣れてる業者さんはそこまで見越して買値自体を最初から引き上げちゃうので(売買価格変更の覚書ってやつです)大丈夫だったのですが、最近の金融機関もその手口がわかってきたのか、我々が提出した正しいレントロールを見て「この周辺相場より賃料高くないですか?」とか「っつーか、そもそもこの賃料ってホンモノですか?」とやたら疑り深くなってます。

これも先人の悪徳系業者さんたちが収支情報をぐちゃぐちゃに改ざんしてフルローンを引っ張ろうとしたのが原因だと思うのですが、賃料まで疑われてるってことはどんな資料でも裏付けのエビデンスも原本要求して来るでしょうし、今まで以上に細かいところにまでチェックを入れてくるはずなので今後は今まで以上に融資が渋々になるのは間違いないでしょう。(ってかそれが本来の正しい融資評価なんですけどねw)


そうなってくると今までは非合法無理やりにでも融資を通してた業者さんも違う手を考えなくてはいけません。。(どんなクソ物件売りつけるにしても融資が付かなきゃ始まりませんからw)

そこで最近、よくあるパターンで自己資金の水増し操作ってのがあります。

前は買主さんの預金通帳をフォトショ使って預金残高のフォントをいじるくらいのカワイイものだったのですが(と言ってもこれは有印私文書偽造というれっきとした犯罪でございますw)最近はネットバンクを使って架空預金残高を作りそれを銀行に見せて信用させるというもはやハッカーと言っても過言じゃない手口が横行してます。

例えば新規に作ったネット口座の残高が100円だったとします。
細かいことは割愛しますがとある〇〇ウ〇にとある〇ド〇〇をパイルダーオンすると、、、あれあれ?

そのネット口座の残高が100,000,000円表示するじゃないですか?www(いやはや、、恐るべし錬金術でございますw)

これでこの人は手持ち現金で1億あることになっちゃいますから「自己資金で1億入れてください」と銀行に言われても〇〇金として売り主(サンタメ売り主だとなお可w)に払ったことにすれば2億程度の物件であればフルローンどころか楽々オーバーローンで買えちゃいます。

しかもこの口座残高、、
お札を印刷するかのように自在に数字を作れますから光速投資どころか超光速投資が可能になっちゃいます。

とは言え、我々狼旅団としては
①銀行の融資姿勢が渋々になる
②物件相場が値下がりする
③狼狽売りに出た物件を足元見るような指値で買い漁る
④ウマーw

を目論んで何年も前から「おめーら、来たる確変モードに備えてくだらねー物件買わないでひたすら貯金しとけよ」という戦術を取ってる以上、オーバーローンだので担保評価以上の融資を引っ張る続けられ物件相場がいつまでも値下がりしないってのは困る立場だし、仲介としてこんなあぶねー取引に巻き込まれて銀行取引停止なるのも嫌なので手を出しませんが(我々業者ってこういう取引で仲介印押してあとで不正取引がバレるとその銀行を二度と使えなくなるんです)聞くところによれば某〇家団体が主導してこの手法で融資をバンバン引きまくってるとか。。。>(しかもこのマニュアルをシケた売値で有料販売してるそうですねww


評価額より安い物件だからフルロ-ン、オーバーローンが通るってならいいですがすでに通常の担保評価を上回る高値市場になってるのにこの手のフルローン、オーバーローンがまかり通るといつまでも物件価格が下がりませんのでここ読んでる金融機関の方に於かれましては、ログイン画面から預金残高画面をチェックするだけでなく他のページにもバシバシ移動してプログラムが改変されてるかどうかのチェックまでお願いする次第であります。。。(ってかこんなの今さら書かなくても金融機関じゃすでに対応済みだそうですけどw)


と、この話、、

まだ書きたいことはたくさんあるのですが各方面からのクレームも予想されますので今日はこのくらいにしておきます。


ではみなさん良い週末を。。。。



と、我々は今から福砂屋のカステラ買ってお詫び行脚なんじゃんw

オマエらマジでひどくね?


ささ、、今週もポチってからお読みくださいw

こんにちは。

先週の金曜日、、
慌ただしくブログ投稿を終えて旅団の緊急飲み会に出撃してきました。(単に飲みたいから招集したってやつですw)

で、そこに江古田島さんまで呼びつけてしまった我々、、。


ワシを電話一本で呼びつけるとはいい根性じゃw

電話では前にお話ししたことこそあれど実物はまだ見たことも無く、勢いで呼んでしまったはいいけどキャラ的にとんでもないのが来たらどうしよーと若干、戦々恐々と待ち構えてたんですが、、、

我々の想像を遥かに超えたのがやってきましたwww

実はワタクシ、
この江古田島さんの電話で話したイメージで身長185センチ 体重60キロくらいの草食系みたいなのが今風なスーツ着てやってくるもんだと予想してました。

しかしふたを開けると「ん?もしかしてワタクシよりデブなんじゃね?」って感じの草食系とは明らかに程遠い雰囲気。。(わかる人にはイメージしやすいように書いておきますが団員のぼ~やさんが和服を着るとこんな感じですw)

しかもスーツじゃなくて着物姿に雪駄履きの宮下あきら先生の漫画にそのまま居そうな硬派系な出で立ちで登場www。。

「ホントはさっきまでスーツ姿だったんじゃが旅団の皆と会いまみえるのに正装じゃないと失礼かと思ってのう、、一度家に帰って着物に着替えて来たんじゃw」


しかも着物は冬でもあったかいんじゃw

えぇ、、
我々、こういうお金にもならないとこに無駄に労力遣ってくれる人が大好きですから当然、すっかり意気投合しちゃいましたよwww(ちなみにこの『富導算塾』も実在するそうでブログに登場するベンツ砂糖だのイマコサクなんてキャラもホントに実在するそうですww)

さて、そんな金曜日と言えば先週金曜のブログネタ。。

書いた本人としては軽い気持ちで書いたつもりなのですが、
なにやら各方面に衝撃を与えてしまったようであちこちの業者らしき方や新築区分を掴まされてしまった方から(前者は)恐ろしいくらいの中傷誹謗と、(後者は)「私にもそのやり方を詳しく教えてくれ」というメッセージが激しく交錯しております。。。ってか誹謗中傷メール送る時は身元がバレないように偽装IPくらい嚙ました方がいいですよw

さて、そんな新築区分ネタで先週予告したネタなのですが、そんな誹謗中傷メールがたくさん来ている時こそ声を大にして書いてみたいと思います。。。

実はこの相談も最近、非常に増えているのですが、
「フィナンシャルプランナー(通称:FP)の資格を持ってる人がこれら新築区分業者と結託して投資マンションを買わせてるって疑惑」です。。

ありがちな手口としては以下の通り
①結婚して新居を買おうと住宅ローンに相談でFPに相談に行く
②「住宅ローン組めるなら今は不動産投資の時代です」としきりに不動産投資を勧める
③二回目の相談の席から見慣れぬマンション業者が同席
④いつもの「節税」「年金替わり」「保険」の三点セット攻撃で口説かれる
⑤属性がいいので1戸どころか数戸同時購入
⑥当然全部手出しが発生し債務超過
⑦欲しい家が見つかったので住宅ローン申し込んだら・・・(以下略


ご丁寧にも最初の面談で例の「金持ち倒産、貧乏倒産」の本をやたら引用して「ローン組むなら住宅じゃなく積極的に投資のローンを組んだ方がいい」と洗脳から始めてしまうらしく投資への知識を持ち合わせていない人あたりがこの攻撃を喰らうとフラフラっとそっちの流れに持って行かれてしまうそうです。

とは言え、もしかしてそういう業務がFPの仕事だったらワタクシの勘違いなので念のためwikiってみました。

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)は、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。略してFP(エフピー)とも呼ばれる。

さらに調べてみるとこのFPと言う資格、、
国家資格と民間資格があるようですがいずれも職業倫理というものがあるそうです。

職業倫理
顧客利益の優先顧客の利益を無視して自分の利益を優先させるようなプランニングを行ってはならない。FPは「顧客の利益を最優先することにより顧客より報酬を得る者」と定義されており、特定の会社の金融商品のみを顧客に紹介してはならない。顧客に適した商品でなく自分が手にする手数料の高い商品を勧めるFPもいるが、この行為はFPの倫理規定に違反する。


と言うことでFPの資格の職業倫理を見る限り、住宅ローンの相談に行ったのにこの新築区分マンションの購入を執拗に勧めるってのはやっぱりアウトみたいなので安心して言わせていただきますが、、、

オマエらマジでひどくね?ままま、、職業倫理って面では我々も人のこと言えた義理じゃありませんけどねw

当然ですが、住宅ローンで自宅を購入しようとすれば審査がありますからこんな何千万もする投資マンションを購入しちゃえば信用情報が棄損されるのは、もはや常識レベル。

百歩譲って買った投資マンションが確実に儲かっているなら住宅ローンの審査で問題になっても「なんだよ、、ちゃんと儲かってるから住宅ローンくらい貸せるだろ」って言っちゃってもいいですが、

買った瞬間に業者の利益分が吹っ飛んで価値が下落するしいつまでも新築家賃で客付けできるわけも無いし過去の事例を見てもローンを返しきる頃には二束三文の価値しか残らないのがこの新築区分マンションですからそんなこと銀行にそんな生意気なこと言ったら追い返されて塩撒かれちゃうかもしれません。。

そんな話があったので金曜に書いたような実証実験をやってみたのですが、掴まされた物件とはいえ、買ったエリアや物件価格によってはまだ買った値段以上で売り逃げ出来る可能性が高いので保有し続けて塩漬けになっちゃうくらいなら再売り掛けて逃げ切るって戦術を取ってもいいのかもしれません。(次に買った人がどうなるかなんて考えちゃ気遅れしちゃうますからここは無慈悲にいってくださいw)

しかし何度も言いますがこんな七面倒な騒ぎの元凶があろうことか相談相手のFPじゃシャレにもなりません。(ま、投資マンションに嵌めこんで業者からフィーを貰う方が儲かるでしょうから気持ちはわからなくもないですが)

「FPでこれじゃホント、、誰を信じたらいいのかわからなくなるよなー」

ワタクシ、今朝の全体会議(いつものように2名開催ですw)でトランプさんと安倍総理の日米首脳会談の後、株価はどう動くって議題で紛糾する傍ら、こんな愚痴をエスパーくんにこぼしたのですがエスパーくん曰く、、、

「え?何言ってんスか?ww FPってのはそうやって相談者に金銭面で不安を思い切り煽って自分の売りたい商品を売りつけるのが仕事なんスからwwww(「老後の考えてもしょうがないコトまで煽るのが仕事」まで言い切りやがりましたよww)」

・・・

・・・

・・・

どうやらFPの仕事をちゃんと理解していなかったのはワタクシのようです。。。




理解するまで漢を磨くんじゃんw

江頭5:55。。。

banner赤ずきん
新戦力君が朝から「リラっくまいいよ~」ってうるさいんですのw

こんにちは。

ワタクシのブログジャンルに「晒しちゃってもいいですか?」のコーナーがあることは本ブログをお読みの方ならご存じかと思いますがそんなワタクシのブログのメールフォームにまたもやワケのわかんねー営業メールが飛んできました。

この手の営業メール、、
一週間で10通くらい飛んでくるのですがこれをいちいち晒してると日々のブログ更新が全部「晒しますよコーナー」になっちゃうので最近はあまり晒すことも無かったのですが、今日はちょっと不動産に関係ありそうなのが飛んできたので晒します。。

------------ここから------------
□狼旅団@地下潜伏中様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:株式会社レン○ラックス ○島(affagent○○@ren○○acks.co.jp)
日付:2016/09/26 05:55:11
件名:【クローズドASP】高額報酬のご連絡(レントラックスの○島です)
ホスト:119.104.38.91
--------------------------------
初めてご連絡させて頂きます。
私、株式会社レン○ラックスの ○島 と申します。
(https://www.rentracks.co.jp/)

急なご連絡で大変恐れ入ります!

弊社は≪クローズドASP≫でございまして、
【アフィリエイター様を公募せず、こちらからの勧誘や紹介のみで
ご登録頂いているASP】でございます。

下記サイトを拝見いたしまして、是非とも、弊社ASPにご登録頂きたいと思いまして、
この度恐縮ながら、ご連絡をさせていただきました。

弊社ですが、不動産ジャンルに特に強いASPでございまして、
おススメの不動産査定案件がございますので、
下記にてご紹介させて頂ければと存じます。

もし、お眼鏡にかなう案件がございましたら、
是非とも、弊社ASP導入をご検討して頂けますと幸いにございます。
【各案件、特別単価・超特別単価交渉可能です!!】

■イエ○ール
http://www.rentracks.jp/rdct/761/p1272-3.html
単価:9,257円(税込)
承認率:通常条件から100%保証・当月中承認
(成果発生後1~2営業日以内に承認いただけます)
リスティングで人気の高い案件です。
全国どのエリアからでもCVが発生します
(実は他の案件ではCV発生しない地域がございます)

■スマ○スター
http://www.sumaistar.com/sell/promo/ssflrRentaracks?utm_source=Rentaracks&utm_medium=Affiliate&utm_campaign=Sell_MainLP
単価:9,603円(税込)
承認率:89.39%

単価・承認率ともに交渉可能案件です!
LPも優れている案件です。

■イ○イ (クローズド案件)
http://sell.yeay.jp/p/?utm_source=rentracks
単価:4,114円(税込)~特単事例も多数
承認率:80~90%

・LPが洗練されておりCVRも高く媒体様からも人気の案件です。
・承認率保証も多数

■リ○イド
http://www.rentracks.jp/rdct/488/p924.html
単価:5,000円(税込)
承認率:ほぼ100%

収益物件様LPもございまして特別単価も高単価交渉可能です!

■HOM○4U (クローズド案件)
http://www.home4u.jp/sell/promotion/index_01_05?ad=rtrc_fs_01&xadid=rtrc_sel_af_01
単価:10,000円(税込)
承認率:ほぼ100%

承認率保証・特別単価ともに交渉可能でございます。

■ふじ○ろう様
https://www.fujitaro.com/lp/baikyaku/1603_1/index.html?af=r
単価:12,100円(税込)
承認率:80~90% ※開始したばかりで未計測

スタート時でも100%承認保証(当月承認)適用可能です。
LPが少し未熟でして、CVRが低く、現在改修いただいております。
改善次第では、良案件となる可能性がございます。

■マイ○ミ様
https://www.mysumi.jp/realestate_sell?utm_medium=aff&utm_source=rentracks
単価:11,100円(税込)
承認率:80~90% ※開始したばかりで未計測

エリアが比較的に狭く、CVRがあまり高くない可能性がございます。

■オウチ○ノ様
http://tr.webantenna.info/rd?waad=frVTQYhW&ga=WAm6aj-1
単価:9,000円(税込)
承認率:ほぼ100%

■ソニー不○産様
http://www.rentracks.jp/rdct/1801/p2767.html
単価:25,000円(税込)以上
承認率:想定80%

高単価の単独リフォーム問い合わせ案件です。
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のみのサービスですが、こちらもお勧めでございます。

以上長くなりましたが、リスティングにおきましての各案件概要でございまして、
承認保証が適用できるかがポイントとなっております。

ご検討を頂けますと有り難く存じます。

その他、不動産査定以外でもご質問等ございましたら、
ご気軽にご連絡いただければと存じますので、
引き続きまして、宜しくお願い致します!

弊社には他にも多数の案件をご用意しております。
ご検討の程何卒よろしくお願い致します!

-------------------------------
株式会社レン○ラックス
東京都江戸川区○○○5-2-3
TEL:03-○○○○ー○○○○FAX:03-○○○○-○○○○
------------------------------   ○島
------------ここまで------------


ワタクシ、この手の話で専門用語がわからなかったので大手広告会社勤務の団員Tさんにメールを送り解説して貰いましたが、要するに「アフィリエイトの手先をやってくれませんか」という勧誘のメールだそうです。

しかもこのアフィリエイト、、
普通のアフィリだと登録制で誰でも手軽に始めることが出来るそうなんですが、ここは審査か紹介が無いと出来ないらしく、ワタクシのブログがこれらの広告主に優良な見込み客を運んでくれそうなブログサイトだと判断されてるからなんだそうです。。(なんかそう言われるとあまりうれしくない話ですw)

で、どうやればお金になるのかと言うと、
①ワタクシがこれらのサイトの広告バナーを貼る
②広告先のLP(ランディングページと言うそうです)に飛び飛ばされたやつがそこで無料査定する
③結果的に不動産を売りたい人の個人情報と物件情報をゲットされることになる
④その人には、この広告主と契約している不動産会社複数社からじゃんじゃん電話が掛かってくる

(ある意味、中古車査定にデータを載せた瞬間にバンバン電話が掛かってくるのと同じ仕組みですねw)

と、ここで気になるのが「承認率」という数字。。

ここまでの作業を完了するとCVした(コンバージョン:完了って意味らしいです)と言うそうで、このCVした中からどの程度お金の支払い対象になるか、ということだそうです。

いくら個人情報が取れても意味が無いようなケース(営業エリア以外とか、データが抜け漏れが多い、とかニセデータだったりとか)を除外するわけですが、その除外される率を100%から引いたものが”承認率”となりこれと単価の掛け合わせた売り上げが収入となるそうです。

あとLPとかCVRとか難解な言葉もありますが、おおよその内容はわかりました。

えぇ、、
要するにネットで価格査定を依頼するってことは「お金払っても売り客の個人情報が欲しい」と思ってるお腹を空かせた不動産屋に高タンパクなエサを放り込むってことと同義語なんじゃないかと。。。。w


中でも特筆すべきは最後の広告主の「ソニー不○産様(怖いので一部伏字で表記させていただきました)」。。。

大手企業とはいえ、まだ不動産業界に足を踏み入れて間もない企業だし、ネット広告主体で営業活動やってるのでこういう手法で集客しないと顧客獲得も難しいのでしょうか?(「難しいのでしょう」って断言すると怒られそうなので疑問形にしました)

こうやってリフォームの見積もりのLPに飛ばされてそこ見た一般の人がここにリフォームを申し込んで工事して得られた利益がこうやって回っているのかと思うと、、一体どんな額の見積もりが出てくるのか・・・?、、ワタクシ、非常に興味があるところです。。


最後になりますが、このメールの送り主のメール送信時間を見ると早朝の5時55分。。

よくアフィリで1億儲けたとか豪語する方もいますが・・・お金を儲けるのってやっぱりそれなりに苦労しないとダメなんですね。。。(もしかしたら自動送信ソフトでガンガン送り付けてるのかもしれませんけど手作業でやってるとしたら・・・寝てた方がマシな気がします。。)


あ、そうそう。。

手作業と言えば先週お申込みいただいたセミナー申し込みメール。。。

こちらも現在、手作業で返信メールを作成しておりますwww(5年もやってていまだにアナログ作業なんです。。。)

当選者全員に送り付けるにはまだ途方もない作業になりますので今しばらくお待ちください。。(月末の決済と同時進行なので作業が全然追い付きません。。。)


人気ブログランキングへ
腱鞘炎が再発しそうなんじゃんw

製本の話。。。

banner赤ずきん
朝帰りの新戦力君がやけに酒臭いんですのw

こんにちは。

不動産の契約などで契約書や重説を取り交わしますがその際にやるのが「製本」。。。

ワタクシ、実はこの製本があまり得意じゃないので(ぶきっちょなので均等に貼れないんですw)この作業は几帳面な新戦力君の基本業務。(あとコピー機を使って領収書を印字する画期的な技術も新戦力君仕込みなのですがその前は印字機使って項目は手書きのワタクシでしたww)

そんな書類の製本。。
なんでわざわざ袋とじしないといけないかと言うと、、ページの途中とかを改変されたりページごとすり替えられて契約内容がいつの間にか不利なものにすり替わってたなんてことを防ぐ目的があるからです。

また、不動産契約は取引金額も大きいことが多いし、文言を微妙に変えてしまえばたちどころに不利な契約になってしまうこともあるのでお互いに合意した内容をきちんと書面に反映させておく必要があるんです。

それをすり替え可能な状態で実印押すことにないよう製本して契約書にハンコおして製本したテープの上にも押印して内容のすり替え防止ってのが契約時のお約束。。。


ま、こんな紙テープみたいなの貼って切り離せないように封印します

しかし、今日契約した仲介さん、、
我々が契約しに言った際には製本はおろかそもそも書類自体がまだ未完成でした。(契約当日にまだ出来てないってどういうことだよw)

とは言え、ウチみたいに月あたりの契約件数が少ないとこと違い大きい会社になると契約数も桁違い。。
仕事が押せ押せになってる関係で契約当日ギリギリに仕上げてくる仲介さんも多いです。

だからなんでしょうか。。
大手の仲介さんの契約書って紙一枚にびっしりと条項を書き込んで製本そのものが省略出来るようになってます。(一枚ものならすり替えも出来ないし加筆訂正しないと改変も出来ませんから)

さて、
話は戻しますがこの未完成の契約書と格闘している仲介さん、、(「おーい!謄本の日付っていつだっけ?」なんて事務員に聞いてるくらいなので完成まであと30分以上掛かるんだろうな。。。)全日(ウサギマークの方です)の書式で作ってるらしいのでページ数も多いですから当然今回も製本して製本テープの上にもハンコを押すタイプの契約になります。

しかし、この仲介さん、、
「あ、ハンコ押す欄は出来たのでとりあえずそこにハンコ押しといてくれませんか?」
と我々にバラバラの状態で差し出して来ました。

契約書の内容(案)はすでに見ているのであれですが、契約書が閉じられていない状態で契約印を押すってのはおバカ以外のなにものでもありません。(それって言うなれば金貸しが用意した白紙委任状にハンコ押すに等しい行為ですからw)

「えー、、ちゃんと製本しないとハンコなんか押せませんよw」
我々、そう言って時間が掛かってもいいから「とにかく製本までやってください」とお願いしました。

で、仲介さんがめんどくさそうに「製本しました」と言って我々に差し出したのがこれ。。


えーっと、、これは製本じゃなくホチキス止めって言いますw


先ほども書きましたが製本って後で内容を改ざん、すり替えを防ぐ目的でやることなのでホチキス止めだけで製本となるとワタクシが同じ立場であればきっとバックヤードに契約書のコピーに行く段階で契約内容を差し替えた「我々に極めて有利な契約条項」にすり替えちゃいますw(契約書のハンコを押した書類ですからこれで「製本」しちゃえばこれが「正本」ですw)

今回のは賃貸の契約なので多少内容がすり替わってても気にしませんが、これ、悪意があればやりたい放題に出来ちゃうことだけにこういう雑な仕事する仲介さん、、ちょっと怖いです。。

でもそもそも袋とじにどんな意味が含まれてるのかわからない仲介さんだと決まってこう言います。

「いえ、ウチの製本ってずっとこれでやってますけど、、なにか問題ありますか?」

こう言われていちいち我々が「製本とはこういうものです(ドヤw)」とやっても「うぜーおっさん達だなー」としか思われないのでこういう時はホチキス止めされたページ全部にハンコ押しちゃいます。(ページとページの谷の部分に会社の実印をベタベタ押して改変出来ないようにマーキングですw)

当然、契約書が朱色のツブツブで汚くなっちゃうのですが後で「これが正本です(キリ」って言われるのもシャクですから仕方ありません。

そんな契約書を取り交わし本来であればわずか5分で済むはずだった契約も2時間半も掛かっちゃいました。(途中何回もお直しするとこが発生して面倒な展開になっちゃいました)

で、帰りしなに仲介さんの顔見たら「こいつらおっさんのくせに細かいことばっか言うからメシの時間過ぎちゃったじゃんw」って顔でお見送り。。

そういう気配ってすぐ顔に出るのでワタクシなんとなくわかるのですが、我々、もうこんな年なのでそういうことにいちいち目くじら立てて嫌われたくもありません。。(「いい年して最前線で仲介なんかやってんじゃねーよ」と笑われるのが関の山ですw)

ってか、、そういう仲介さんって二度と一緒に仕事しようと思いませんので今日が最初で最後の仕事。(そんな人にあれこれ文句を言ったところで何のメリットもありませんし、そう思えば腹も立ちませんw)

そう自分に言い聞かせて会社に戻って来たのですが、会社に戻るなりその仲介さんから着信がありました。

仲介さん「すみませーん、、さっきの契約書ですが数か所訂正があるのでちゃっちゃっと直して貰えませんか?」(なに?まだ間違いがあんのかよww)

間違いといっても見る限り些細なことだしウチは貸主側なので正直その間違い箇所ならこのままでも構いません。(ホント、段落とかフォントの大きさの違いなんですもんw)

そう思って「あ、このくらいなら別に意味は通じてるから大丈夫ですよ(ってかあまり君と関わりたくないし)」と返事をしたのですが、「いや、ウチのリーガルセクションがダメって言ってるんですよ」と譲りません。。

大手の不動産会社あたりだと法務部などのセクションがあってここのチェックを受けないと契約関係の書類を発行出来ないなんてことがあるのですが、この会社、、行った感じではそんなセクションがあるようには見えませんでした。(事務のお姉さんが見よう見まねで契約書類を作ってる印象だったし。。)

でもまあ、相手がそれで納得するならそれでもいいです。(面倒な人そうだからいう事聞いときましょう)

しかし、、面倒なのはそのあと。。

仲介「えーっと、、うちの会社、、ハンコ持ち出し出来ないのでまた来社してくれませんか?」


あんな雑な契約書作るわりにリーガルチェックとか言い出すので「一体なんのリーガルチェックなんだよ」とは思ってましたがまたウチがわざわざハンコ持っていくのもシャクなので「じゃあ、郵送で送ってくれればハンコ押して送り返します」って言ったんです。

そしたら・・・

「いえ、うちに会社、そういうのダメなんです。。。」


なんかもう、あれです。

社内基準がどこにあるんだかさっぱりわかりませんが1つだけ間違いない事は

二度とお付き合いしないようにしようってことです。。(絶対この会社、おかしいってww)




こんな仲介さん、、

新宿区に少なくとも一社存在します。。。



人気ブログランキングへ
二丁目にある変な仲介さんじゃないことだけは確かなんじゃんw