プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム

巨大なマスクメロンの話。。。


白昼、九州大家連合の襲撃を受けましたw

こんにちは。

本日は月曜日。。

我々、月曜の朝は一応ブリーフィング(と言っても仕事の打ち合わせじゃなく今朝のテレ東情報だのなんだのw)するのですがそんな最中にこんなものが届きました。。


えぇ、、全部食べ頃が同じ日の巨大マスクメロン6個です。。。

去年も同じものが6個届いたのですが、、
食べ頃になる日が同じだと同時に複数の巨大マスクメロンと格闘することになるわけで、我々、食べ頃である「メロンのつるが萎れてきてお尻がちょっと柔らかくなった時」に一気に食らいつきたいと思います。。。(ノルマは一人3個/日ですw)

さて、そんな食べ頃の話をして思い出したのですが、不動産投資にも食べ頃というものがございます。

ここ10年くらいのスパンで見ると不動産投資で明らかに美味しい時期だったのは今から10年くらい前のリーマンショック崩壊後のファンド勢が軒並みバルクで仕入れた投資物件の投げ売り時期からの数か月。。。、、。(2009年の春先の3か月くらいが一番の爆安絶頂期だったんじゃないかと)

都内23区のRC物件でも利回り10%あったくらいじゃ買主に微妙な顔されてたし、横浜とか川崎でも利回りは低くてもせいぜい13%程度、千葉、埼玉あたりで15%程度、札幌に至っては当時まだ道内の人向けの融資しか無かった関係で利回り18%くらいで業者が仕込んで13%程度で転売出来てました。

また、この時たまたま某都銀がサラリーマンの方にも融資の門戸を大解放し、さながら新規オープンのパチンコ屋みたいに軍艦マーチが轟くような様相でしたがこの不動産投資というモノがメジャー化し参入者が徐々に増え始め先日来の相続税の税制改正と昨今の異次元の金融緩和が追い討ちを掛け、さらに参入者が増えてしまったため美味しいところも少なくなり今では旬もすっかり過ぎてしまった感もあります。(日々、物確電話を受けてる我々、、この辺はリアルタイムでわかります)

あの10年くらい前に不動産投資に目覚め、当時フルローンで買ってた物件は今では恐ろしいくらいのキャピタルゲインを生み、売却益で得た資金をさらに突っ込み今では返済比率30%以下でブイブイ言わしてる不動産投資家さんも多いのでホント、投資って何事も始めるタイミングが大事だなーと思います。

ちなみに当時のワタクシはと言うと、確かにファンド勢が撤退に伴いバルクで仕入れた1億~5億くらいまでの小粒物件(ファンドの人からするとこの辺の物件は誤差みたいな物件だそうですw)をバラシて売ってるのは知ってましたが、

今みたいに大家さんとの繋がりもなくもうちょっと上のロットの物件をお金持ってそうな実業家(この頃、やたら高級時計で大儲けした人とか飲食店やって大成功した人が不動産投資に目覚めて恐ろしい買い叩きぶりで物件買ってました)に時々ハマりそうな物件として客付けしてた関係で成約率も低く(だって客付けなんて弱い立場じゃいくら買主がいても物件ロック出来ないんです)決まる時は大きい金額が動きはするもののトータルで考えるとあまり効率のいい商売では無かった記憶があります。

えぇ、、ホント、今思うとあの時に狼旅団を結成してて大量の不動産投資家を囲い込み、SMBCのチャンネルで片っ端フルローン付けることが出来てればワタクシの人生も大きく変わってたに違いありませんwww(えぇ、、今思えばワタクシも儲けの旬を逃したクチでございます。。。)

と、そんなタラレバ話をいくらしたところであの時代にあの場所に居合わすことが出来なかったわけですから今さらなにを言っても負け犬の遠吠えでしかありません。。(再現出来ないことを今になって本で書くのと一緒ですw)

となると今出来ることで最大限に儲かる方法を模索するしかないのですが、あの爆発的に資産を増やせた時期を知ってるだけに最大限に儲かる方法を考えてもあの時の爆発力はもう再現出来ないでしょう。。(当時から始めてる人の爆発力たるや、、イメージ的に考えると当時、2億のフルローンで買った物件が3億くらいで売れ、利益分でまた新築ブームに火が付いてない2014年代に土地を買って新築建てて、それが2016年くらいに4億5000万で売れてしまい、手金を一切使うことなく2億円くらい儲かっちゃうって感じでしょうか?)


と書いてしまうとこれで今日の話が終わってしまうのでちょっと見方を変えて見ます。

そういや最近、パチンコの規制話が出ててギャンブル依存を排除すべく一度で儲かる限度額を創設しパチンコでは爆発的に儲けることが出来なくなるとの噂が立ってます。

昔のパチンコってツボに嵌ると一日に10万発くらい出ましたから等価交換だと日給で40万円。。
まだサラ金もこういうお客さんにジャンジャン貸し付けていましたから一攫千金を狙うギャンブラーで連日どこのパチンコ屋の前には整理券を求めて長蛇の列が出来てたものですが、、サラ金にも総量規制が出来て警察も射幸性を煽っちゃダメとそれ以降数々の規制が出来てしまい今じゃ1円パチンコなんてゲーセンみたいな玉貸しまで出来てしまったとのこと。。

と言ってもまだパチンコで40万勝つことは可能だっただけにこの規制話はカジノのIR法を通すための詭弁でしかないようにも見えちゃいます。

で、今回、これを一日4万円くらい勝てるって設定に下げようってわけですから日給40万時代を知る当時のパチンコファンは物足りなくなり違うギャンブルに向かうんじゃないでしょうか。。。(そこでカジノ法案との関連を考えるとこれは明らかに古い体質のパチンコ業界を駆逐しようって魂胆なんですねww)

いずれにしてもこうやって儲けの賞味期限が切れてしまうとのめり込む気も無くなってしまうわけですから(ちなみにメロンは賞味期限が切れたの食うとお腹痛くなりますw)パチンコやる人も減少していくんじゃないかと思います。

と、考えると不動産投資も同じように
「1億借金して年間200万しか儲からないんじゃ寝てた方がマシ(恐らくですがこの年間200万の手残りも実際には他の諸費用で溶けて残らないはずですけどw)
となりプレーヤーが減少すれば無茶して買う人も減少し、築古物件とかリノベしつつ規模拡大を静かに狙ってた大家さんとかクソ業者に無茶なオーバーローンとかで掴まされた大家さんとかでも現実を受け止めて地道に返済を進めて嵐が去るまで耐えきってそこから逆転の規模拡大出来る環境になるんじゃないでしょうか?(そりゃ売値が下落しちゃうかもしれませんがそれは逆に正常化ってことにもなりますから地に足付けての運営も可能になる、、、気がしますw)

ただこの不動産投資の世界ですが、
どうもキャッシュフローだけを考えて参入してる人だけじゃないようでここがパチンコとかと違うところでもあります。

例えば、相続税の掛かる人や消費税還付受けたい人。。。

こういう人はキャッシュフローを得るよりも払う税金が多すぎて還付を受けてキャッシュを増やす(相続税絡みの人は増やすってこともないですがw)なんて時に不動産投資を使ってます。

こういう利回りをあまり考えなくても買えちゃうので築浅物件を狙うような不動産投資家さんにとっては結構脅威になります。(固定0.4%なんて物凄い金利で融資を受けられるのでここと物件を戦うとほぼ負けますw)

そうは言っても投資家人口としては少ないので築浅物件を狙う人以外ではほとんど脅威もなく結局はやはり減っていくプレーヤーの方が多いでしょうから気にする必要はないのかもしれません。

いずれにしても投資として魅力が無くなって不動産投資に目覚める投資家さんが駆逐されてくるのはそう遠い時代ではないと思いますので今、熱い信念を持って不動産投資したいって人はもう少しで潮目も変わるのではとちょっぴり期待してますw

なんとなくですが最近のパチンコ規制の話を聞いてると不動産投資のプレーヤーの動きと似てるので不動産投資のプレーヤーも同じことになるんじゃないのかなーって気もしますからw


なんて書いてるうちにメロンが2つ減ったんじゃんw

パンドラの箱。。。


本日も元気よくポチってからお読みくださいw

こんにちは。

最近読者の方から「以前にブログで書いてた1物件1法人スキームの話を詳しくブログで書いてくれませんか?」というメールが増えてきました。(ちなみに前回書いた類似ネタはこれです)

恐らくですが、実際にこのスキームですでに始められていて巷で「その手法はヤバイらしい」という噂を聞いてワタクシに質問してくるんだと思います。(たぶん「一括返済を迫られる恐怖」あたりじゃないかと、、)

で、このスキーム、、
要するに1物件ごとに法人を作りその法人に融資を付けて貰い物件購入。

以降、物件が出てくるたびに新法人を作りどんどん融資を引いて規模を拡大するという手法なのですが、
いくら法人を作ったからと言ってそこに無尽蔵に融資が引けるわけじゃありません。(それが出来ればまさに錬金術ですww)

当然、法人の代表である個人の資産背景が大事でそこをどう上手く見せるかによってこのスキームの可否が決まるって言っても過言じゃありませんので金融機関に「ワタクシ、これだけ金融資産を持ってます」とばかりに見せ金を作るのですがホントにそのお金があって金融機関に開示出来るならいいですけど、この見せ金のエビデンスを偽造して銀行を欺き融資を引いてしまうという荒業であるケースが多いです。。。(金融機関が最初からたくさんの法人を持って不動産投資してると知ってればいいですが見せ金まで偽造して法人作って融資受けてるってのはさすがにアウトですw)

これをあろうことか仲介手数料欲しさに仲介業者が裏で糸引いてやってるってのが前回のお話ですが、、金融機関も最近は賢くなり様々なチェックでこれを未然に防ぐ事が出来るようになったそうです。(言いたくはないけどこれのおかげで正常な融資までチェックが厳しくなってしまい我々少々涙目です。。)

しかし、この話、、
最近は相当いたちごっこになってるようで手法はさすがにここでは書けませんが金融機関がまだわからない手法を用いて見せ金を作りまんまと融資を引いて規模を拡大させてる人がいるんだそうです。。(詳しい手法を書くとまた誹謗中傷メールが飛んでくるので今回はカットさせていただきます。。。)

融資を引くところまででしたら「融資を引っ張る極秘テクニック」なんて話で笑って済ませられるのですが、融資ってのは借りた後も金融機関からちょくちょくチェックが入ります。

このチェックを潜り抜ける際に税理上のボロが出てしまい金融機関から突っ込まれたりして問題が発覚、金融機関によってはこれを「不正融資」と見なして厳格に一括返済を迫る、、なんて金融機関が出始めたのでちょっとシャレにならない事態になるんじゃないかと業者側も危惧し始めてます。。

我々業者側(もちろんこういう悪いことに手を染めてない業者側ですよw)からすると「一部の業者のせいで融資全体に影響が出ては更に融資がキツくなり、真面目にやってる人までもが迷惑を被るんじゃないか?」という話になってるのでこうやって改めてブログで書いてみましたが、、実際の話、これで物件を買い増してる人って全国にどの程度いるんでしょうか?

これも想像ですが、
このスキームだと個人属性いかんでは1法人で5億程度の物件が買えちゃいます。
これを5つ買ってしまうと彼らの言う資産総額は25億(言い方を変えると借金25億ですけど)。。。

これが10人いれば250億、100人で2500億、、もしすでに1000人くらいの人がやってるとしたら、、、ん?いくらだ?


え・・・?


2兆5000億・・・!?wwww
(金融機関の不動産融資の貸付残高合計が12兆ですからこれの2割がこんな無茶やってる計算になります。。)


と言っても全員が25億借りてるはずもないのでここまでは届かないでしょうけど、話半分でも1兆2500億。。。(どうでもいいですけど一兆って単位、普段使い慣れていないのでゼロがいくつなのかよくわかりませんw)

こんな話がスキャンダルになっていつぞやの大〇建託やシノ〇ンみたいに全国紙の週刊誌にでも出回れば、、、昨今の格差社会を鑑みても「金持ちだけが得して俺ら貧乏人には全然お金が降って来ねーじゃんw(ま、上向いててもお金は降ってきませんけどw)」と以前の「素人民泊業者への一斉締め出し事件」同様、、大騒ぎになっちゃう可能性も秘めてます。。(他人が一方的に儲かったって話をメチャメチャやっかむのが日本人の気質ですから)

なんてブログで書くと「俺ら、すでにこれで借りまくっちゃってるけど大丈夫かよ?」なんて戦々恐々としちゃうんじゃないかと思いますが、たぶんこれ表沙汰になることなく終わっちゃうんじゃないかと思います。。

と言うのも、この話、
すでに話の規模がデカくなりすぎて貸付残高も膨らみ噂では相当シャレにならないレベルにはなってるそうでこの「パンドラの箱」を金融機関側で開けちゃうとその金融機関の融資担当者の首がいくつあっても足りません。。

また以前にどこかのブロガーさんがス〇ガさんに二重売契の話で直接問い合わせたところ「返済がちゃんと出来てれば不問です」という話もありましたから、結局、ちゃんと返済が進んでいればわざわざこの話を蒸し返す人も少ないんじゃないかと思うんです。(えぇ、、金融機関の中の人だってこんな「火の中の栗拾い」する人はいないんじゃないかと。。w)

金融機関だって融資先がきちんと返済してくれてるならその程度の話はお目こぼししてくれるでしょうし、そもそもこのスキームを使ってる人はそこそこ高属性のはずですので万一、何かあっても本業収入でも返済出来ちゃいますからワタクシの長年の勘と目利きでどこをどう考えても失敗する要素が見当たりません。(ホント、、ワタクシもこう言うことが自由自在に出来るお金持ちに生まれたかったですw)



・・・・・


・・・・・


あ、


大したことじゃないですが、、


一つだけ心配なことがあります。。。(心配性なオオカミです)












ワタクシの予想って毎回毎回逆n、、、(以下略・・・・・・・






ってかこんなの名〇せで一発なんじゃんw

真夏のミステリー。。。。


いやー、、こりゃビールでも飲まなきゃやってらんねー暑さですってww

こんにちは。

一昨日のブログで「原本送ってくれたら買付け出します」って話を書いたワタクシ、、

狼旅団ブログ的には
結局このままグダグダに話になって買付けすら出てきませんでした、、、
じゃないとウケないし我々も当然これで終わる予定だったのですが、、、

今日になってなぜか融資特約無しの買い付けが飛び込んで参りました。。。(もちろん売れて嬉しいのですが、、ブログ的には少々消化不良でありますw

ただやっぱり当初の話通りの指値はきっちり入っていましたのでこちらとしてはあくまでも「瑕疵担保免責&現況有姿渡し」を主張しようと相手仲介を事務所で待ち構えていたのですがこれまた意外なことにこの条件どころか、測量も境界明示も無し、壊れてるとこもそのままでOK、さらにさらに決済日が8月中と言うことで我々の8月の長期休暇も吹っ飛ぶことも確定www(意外にこの契約、難易度高いので長期休暇なんて悠長なこと言ってられなくなりましたw)

ってか先日、「わざわざ取得してきた原本をFAXで送る」という意味不明な行動も結果的にあれでよかったことになるんですが、一体どこがどうなってこんな売り主有利な契約になっちゃんたんでしょうか?(まさに真夏のミステリーです。。。)

ま、あれです。
たまには我々もハッピーエンドになることもあるってことですよww(我々にもたまには不動産の神様が降臨してくださるってことでもありますw)

ただ、やっぱりここは狼ブログ。。。

首尾よく契約は出来たけど、、
そこからグチャグチャになって決済まで行かずに違約金とかで揉めて裁判になり「こんなことなら契約なんかしなきゃよかった」と東京地裁に通わされて無駄な時間を費やす可能性も無くはありません。。(ま、狼ブログ的にはこっちの流れになった方が圧倒的にウケるんじゃないかとw)

と、我々、いっつもこんな感じで「不幸なことが起こる」とやたらネガティブなことばかり考えてますが、これもひとえに過去の経験が言わせてることなんです。。(えぇ、、それはそれは我々過去にたくさん辛酸を舐めさせていただいてますからw)


例えば、意気揚々と入れた満額買い付け。。(我々業者ですからカッコよく融資特約無しで出させていただきましたw)

普通、一番手で満額・融資特約無しの買付け入れて売り主から「じゃ、契約は一週間後で」とまで言われればもう買えたも同然、、くらい考えるんじゃないかと思いますが、、、

我々、、ここから親戚筋の不動産屋が登場して「仲介手数料を他人に払うくらいなら身内仲介で売った方が得なんじゃない?」となり同額2番手の買付け(しかも融資特約付きww)にひっくり返され涙目になったことがございます。。

また、
無事に契約が済み、お客さんの融資も無事通り決済日は明日の朝10時というとこまで決まり、前日に「さすがにもうここまで来たら大丈夫でしょ」と仲介手数料を貰うべく領収書に印紙を貼って割り印したところで売り主が脱税でパクられ連行されるシーンがその時のテレビニュースで放映されその画面に向かって領収書のタイプライターをぶん投げた過去もございます。。。(直後に買主から電話が入り「明日の朝までに払った手付金回収してこい」と言われその敗戦処理で一晩中駆けずり回ったのもそんな古い話でもございませんw)  


こんな経験があるからこそ買付けが入ったくらいじゃ喜びも出来ないし(我々がこの買主さん、、ホントに買うんだって思うのって最低でも融資が通って買主さんが銀行と金消契約を締結して実行日にちゃんと応接間の確保が出来たって時ですw)、

買付け一番手確保に躍起になる仲介に「この買主さん、、個人資産〇億のお金持ちなんですよ」とと言われても信用しないし(お金持ちほど他からもたくさん物件情報貰ってるはずだから心変わりすることもあるでしょ、、とw)、

埼玉の某大手業者さんの融資特約無しの買付けであっても信用できないんです。。。(社内稟議通って役員会通過してOK出て契約前日になって「えーっと、、社内の方針が変わりまして・・・」とか言いやがって買付け撤回してきたくせに未だに偉そうに不動産投資セミナーで集客して「管理会社とは信頼関係を築かないとダメです」とかのたまうオマエら一体なんなんだよwww)

逆にこれだけ辛酸を舐めてますので我々、常に最悪の事態を想定し、そんな流れに持ち込まれないように事前に手を打っておく戦術にも長けてます。。。

例えばですが、
今回の取引で予測されるのは、

①契約前・・・
実は仲介の独り相撲が続いていて買主さんはまだ細かい契約条件をこの仲介から聞いてない

対策
→実際に買主と面談してホントにこの仲介が言ってることがホントかの裏を取るまで契約しない

②契約後・・・
気が変わって手付放棄される可能性があること

対策
→手付放棄したら損しちゃうくらい手付金を多めに積ませる

③決済直前
買主死亡・・・(そこまで考えちゃうネガティブなワタクシをお許しください。。)

対策・・・
→大抵売買自体が消えちゃうので防ぎようがありませんがとりあえず契約時にさりげなく健康状態をチェックww(ワタクシの場合、ごく自然を装って雑談に病気ネタを織り込みますw)

あと一番大事なのが、、
売り主様に対して「契約はミズモノなので決済するまで何が起こるかわかりませんよ」と言い続けることです。

一般の不動産投資家さんが経験する売買経験は我々が経験する経験の100分の1程度だし、大抵の場合、出した買い付けが流されるとか融資が通らずに断念するとか実際に決済まで進んで話が飛ぶという経験をするケースって極めてレアなケースじゃないかと思います。。(となると契約まで首尾よく運べば大丈夫と考えちゃう人も多いはず。。)

しかし不動産は契約行為だし、売り主買主双方が売り買いで得をしたいという利害関係が一致しない契約なのでちょっとなにか起きると裁判沙汰で大騒ぎになる要素を常に孕んでるし、仲介さんもそんな頭のいい奴ばっかりでもなく、彼らも「決済して仲介手数料貰えば終わりじゃん」と考えがちですので多少なにか売り主、買い主間で不穏な動きがあってももみ消して決済まで強引に持って行こうとするものです。

こういう動きが起こる可能性を常に売り主さん買主さんに叩き込んで「いざと言う時はこういう風に立ち回って貰う可能性もあるんですよ」と言っておくか言っておかないかで結果がまったく違ってしまうこともあるだけにこの「不測の事態が起こるだろうと決め打ちして先回りして準備しておく」ってのは非常に重要な戦略ではないかと。。。。

もちろん「オマエ、、ホント、、心配性だなーww」と言われることも多いですが、人間同士のつまらない利害関係の激突一つで紛争になってしまっても面白くないですし、一旦巻き込まれるとそれこそ貴重な時間を無駄にすることにもなります。(ワタクシ、カネにもならない裁判沙汰で時間取られるのってホント、イヤですもん)

これ以外にも契約から決済までにいろいろ伏線を張っておかなきゃいけないことも多々ありますが、とりあえず今日はその基本的な考え方だけ覚えていただけると幸いでございます。。(ってか更新時間まで5分しかないので書いてる時間が無くなっちゃいましたw)



しかし、ここまでネガティブに考えてても話が飛ぶときは飛ぶんじゃんw

巨人戦と池上無双と「トピ」のお話し。。。


皆さんのご協力で5年ぶりの10000点越えブロガー入りしましたーww

こんにちは。

昨日は日曜日。。

普段の日曜は自宅警備で忙しいワタクシですが、 ワタクシには「ジャイアンツ戦を見に行けば負けない神話」があるので土曜日に自力優勝が消滅したとは言え、同一カード3連敗(ちなみに昨日負けると4連敗です)を阻止すべく昨日はそのDNA戦の応援に出撃してきました。。

ただ、今のジャイアンツは成績下位のチームで、かたやDNAは現在3位で貯金もある勢いのあるチーム。。
本拠地東京ドーム開催だってのに応援の勢いは明らかにDNAの方が上で「一体どっちの本拠地だかわかんねーじゃん」って勢いで、結局、今期新記録の19安打の猛爆撃を受けてあっけなく今季4度目の同一カード3連敗を喫して帰って来ましたよ。。(3回表の時点で0-6となり5回裏が終わったら早々と空席だらけになってましたw)


昔は横浜なんてお得意様だったのにもはやすっかりカモにされてる気がしますw

そんなわけでワタクシの不敗神話もあっさり崩れ、予定していた「3タテ阻止の祝勝会」は中止になり、這う這うの体でまっすぐ帰宅したワタクシ、、
毎回お楽しみの都議会選挙のテレ東の「池上無双」を見るべく7時半ころからテレビの前に待機していたのですが、まだ放映時間には間があるとNHKの「ダーウインが来た」を見てました。(公職選挙法の関係で投票が締め切られないと当確予測の発表が出来ない関係でどこの局も20時近くならないと始まらないんです)

で、昨日のダーウインのネタはと言えば、、「トピ」


ちなみにこんな動物です

聞きなれない動物なのですが確かに写真を見ても目立つ特徴も無くきっと上野動物園に展示されてても「こりゃ、誰も気が付かずにスルーされちゃうんだろうな」って部類に入る超地味な動物なんじゃないかと思います。。


ま、いわゆる一つのザコキャラってやつですねw

そんな動物「トピ」ですが、、聞けば危険いっぱいのサバンナを強かに生きていく術を持ち合わせています。(説明が面倒なので端折りますが要するに大きい草食動物の群れに紛れ込み身を守って貰ってるそうです)

さらに繁殖時期の行動がなんとも地味に凄いんです。。。

①普段はオスメス分かれた10頭くらいの群れで生活(人間で言うと普段のオスは新宿二丁目みたいな生活ですw)
②雨季になると部分的に雨が降りその雨のあとに生育する新芽を食いにメスがやってくるのでそれに合わせて移動
③10頭くらいの群れが次第に増えて千頭単位の群れになりそこでオスがメスを物色
④集団お見合いパーティースタート(こう見ると人間も哺乳類なのが妙に納得ですww)

当然、メスは強いオスと結婚しないと強い子孫は生まれてきませんからオ「選ばれしオス」になるべくオス同士でメスを取りあう戦いをするのですが群れの中心のメスの輪に入りたければオス同士の戦いに勝たなくてはいけません。。

普段は離れて暮らしてる群れがこんな自然の特性を利用して繁殖してるってのもすごいですが、、
普段、男同士だけで群れてるのってなにやら他人事に見えないのは決してワタクシだけではないはずですwww我々、旅団の飲み会もよくよく考えたら最近は中高年の男性大家ばっかりですw

で、強いオスであれば難なくたくさんのメスと結婚出来ちゃうのですが弱いオスはどうなるかと言うと、、、
群れの輪の外側が定位置になりその群れの外側にいるオスが強いオスとメスの犠牲になるべく、その「弱いオス」だと認識したハイエナやライオンがその群れの外側のオスに一斉に襲い掛かりエサとしてるそうです。(まさに究極的な自然の摂理ですw)

ってことはハイエナやライオンも雨季になるとこのトピの習性を利用して雨が降った後の新芽が生えた土地の周りにさりげなく潜んでいれば自動的にエサが勝手に転がり込み、襲ってみればそいつは戦いに負けた弱いオスですから大して苦労せずに捕食が可能にっちゃうわけです。。。


どうでもいいですけどこれホントに子供向けの番組なんですか?www

そんなダーウィンを見ててこれが「昨今取り巻く不動産マーケット」に見えちゃうのってもはや職業病なんじゃないかと思うのですが(こうやってワタクシ、子供向け番組からでもブログネタを収集してるんですw)、、ワタクシのはこんな風に見えます。

まず、不動産投資の世界で弱者となるのは「資力」などの力関係でもありますが一番は「情報量の強弱(あとはその情報の優劣)」。。

すなわち、
これら「情報弱者」であれば知らず知らずのうちに群れの外側に追いやられそこで待ち受ける悪徳不動産屋や悪徳コンサルさんの餌食になっちゃうわけです。(ちなみに悪徳系業者は理論がしっかりしてる情報強者には返り討ちに遭う関係で「襲い掛からない習性」があります)

単に情報不足だけならまだいいですがひどいことになると「間違った情報」をインプットしてしまいその間違った情報を信じて突き進み気が付けばリカバリー不能なところまで追いやられやはり群れの外側で待つハイエナ系の業者やコンサルさんの餌食になり、最悪なケースだと持ってる物件を「これは処分した方がいい」と言われ売らされて仲介手数料にされ、「その代わりこれ買いましょう」とクソ物件を掴まされまた仲介手数料を取られるという違った往復ビンタを喰らう人が最近少なくありません。。。(そりゃ相場が高いときに買っちゃえば今まで得られた利益も次の出口で溶けちゃうじゃん、、、と)

さらに言わせていただくと昨日の都議選で都民ファーストが圧勝してあれだけ一強状態だった自民党に取って代わって小池さんが総理大臣になる可能性も浮上してきました。(たぶん自民党と組んで党内のイニチアシブを取って発言力マシマシになるんじゃないかと予測してます)

アベノミクスとか言って株価がダダ上がりしてたのも自民党政権が安定多数になり多少力ずくでコトを起こしてもコントロール出来てたからこそ出来てたものが二つのスキャンダルと二人の国会議員の行動や発言ですっかり流れが変わりいつぞやの民主党みたいな「信頼されない政権」に成り下がりそうな勢いになってる昨今の政治要素を考えると連動している日本経済も大きく変化する可能性が高いです。(たぶん安倍さんが失脚すると黒田さんもいつまでも日銀総裁にいられるわけも無いしw)

今の時期に売却益があって「なにか新しい物件買わないとお金増えないしなー」と買い進み一辺倒ではなくここ数か月のうちに政局も動き、5年ぶりに一つの変換点になりそうなこんなおいしい時期だけにいろいろな情報を集めて検討し、どう立ち回ったらいいのか?をもう一度自問自答していただき上手い流れに乗っかっていただきたいと思います。

で、ワタクシ、昨日の「池上無双」を見てて思いましたが、
①当選した都民ファーストの議員の経験値
(なんか議員としてやっていく以前にマスコミの餌食なってスキャンダルだらけになりはしないかと。。)
②都民のための政治と言いつつ、結局何も出来ずに都民からそっぽ向かれちゃう可能性
(今度は都庁の中の抵抗勢力の妨害でスピード感が削がれやしないかと。。)
③「今のところ国政に参戦する気はない」と言ってた小池さんも気変わり
(総理の椅子が狙えると周りに唆されて国政参戦に舵を切るんじゃないかと。。。)

なんてことが現実化してオリンピックまでの4年間を無駄にしてしまい挙句、国政までグチャグチャにしてしまうんじゃないか思うワタクシです。。。(ま、逆にこういう戦国時代みたいに不安定な時期がお金稼ぐチャンスっちゃチャンスなんですけどね。。。)


ただあれです。。。

いつも言ってることですが、、

ワタクシの予想は決まって逆張りの方が儲かる法則があるので悪徳業者の言いなりになって買い進む方が良かったりしてwwww



さらに物件価格が値上がりして莫大な利益を生むかもしれないんじゃんw

不動産投資の甘い罠。。


昨日はダラダラと長くて不評だったので本日は短めに更新しますw

こんにちは。

あちこちのブログで話題になってる今週の週刊ダイヤモンドを買ってきました。


今週は不動産特集でございます。

「不動産投資の甘い罠」という書き出しで書かれた内容を読んだのですが、、、

すみません。。

これってワタクシが書いたブログネタの焼き直しにしか見えないのは気のせいでしょうか?(特に冒頭のHMネタってワタクシの記念すべき6年前のファーストセミナーのネタだった気がしますw)










と、PC探したら当時のセミナーレジュメがありましたw(ってかあの頃は猛毒放ってましたっけw)


ただ、今回凄いのは紙媒体だってのにちゃんと実名挙げて具体的に「収支計算が全然違うだろww」と指摘してる点。。(蛇足ですが、、HM業者に都合のいい超甘々収支計算は6年の歳月を経て脈々とコインランドリー業界にも波及しておりますw

特に今、飛ぶ鳥を落とす勢いで破竹の快進撃を見せる某〇ノケンさん。。(TVCMでは毎朝笑わせていただいておりますw
この会社に至っては「紹介料でも取る気だったんじゃね?」としか思えないヨイショ記事書いてた某ブロガー様の言ってることとまるで正反対のことが無慈悲に書かれていました。。。(そういやこの出版社も昔は不動産投資マンセーって書いてた気もします)

いつの時代もそうですが周りの誰かが「不動産投資もそろそろヤバイかも」と言い出すとこんな記事が紙媒体でショッキングに書かれてしまうもの。。(と言ってもこの手のネタ、、ここ数年ではちょくちょく見かけてましたけど)

ただここまで実名で書かれるときっと国会とかで少しでも点数稼ごうとする野党が社会問題として取り上げ与党もなんらかの対策を打とうとしますのでこの「実名記事」が出た時点からここ1年くらいで不動産投資を取り巻く環境も変わっちゃうんじゃないかと少々心配しております。(ってか不動産業者がこぞって新規上場を果たす時代ってのはもうなにかしらおかしくなって来てるってことです)

と、そんな話を書いてて思い出したのですが、
ワタクシが6年前にセミナーデビューを果たしてこんなHMネタがウケてあちこちの大家の会から「うちにもセミナー来てください」と言われていた折、都内でかなりの集客力を誇る某大家団体からもオファーをいただきました。

当時のワタクシ、
人前でしゃべるのがこんなに楽しいものなのかとほぼ有頂天状態で「お声が掛かればどこでもしゃべりますよ」状態でしたがしゃべる予定のレジュメをその大家の会の首脳部に見せたところ「うーん、、うちでこのネタは毒だからご遠慮ください」とやんわりお断りされちゃいました。。(つーか毒で悪かったなw)

後になって別の大家さんから「あの大家の会は地主さんとか主体ですでにHMで建てちゃってる人が多いからオマエの話は傷口に塩を擦り込むようなもの」と揶揄されたので妙に納得しましたが、

あれから6年経って

あの大家の会に参加していて当時は建ててなかったけどここ6年で相続対策という名目でHM系物件の餌食なった人ってどのくらいいるんでしょうか? (そう思うとあの時断られても強行してセミナーやってれば良かったと最近すごく後悔してるワタクシです)


でもあれです。

6年前の当時はこんなネガティブなネタを書いてるやつなんてほとんどいなかっただけに(あの当時はどいつもこいつも不動産投資を絡めて使えねーノウハウや商材を売ってお金を巻き上げようとするコソ泥みたいなやつばっかりでしたからw)遅きに失するかもしれませんがこうやってネガティブ記事を書いて警笛を鳴らしてくれる人が増えたってのは不幸中の幸いなのかもしれません。。。(てことでワタクシもやっと市民権を得た気持ちになって参りましたwww)



市民権を得た引き換えに敵もメチャメチャ増えたんじゃんw