FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)

最近、このブログを丸々パクって掲載する人が多いので無断掲載された方には掲載記事一つにつき3万円/日をご請求させていただきます。(2018.4.12より適用)

あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「秘密結社狼旅団」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム

日本中の不動産全部買うたる。。。


缶コーヒやめただけで体重が3キロ落ちましたw

こんにちは。

先日のYahoo!ニュースでも出てた姫路のトランプさんについて読者様より意見を求められていたので今日はそのネタを書いてみます。

この姫路のトランプさん、、
不動産ポータルサイトでさんざん名前が売れてたのでご存知の方も多いかと思いますが「日本中の不動産全部買うたる」の方でございます。

幼い頃家が貧困で若い頃から努力してお金を稼ぎそのお金で不動産投資を始め、その努力が実り今では資産500億を誇るギガ大家さんとしてその立身出世ぶりが話題にもなりましたがやはり急激な資産の増やし方に無理があったようです。

ワタクシ、この方がマスコミを賑わし始めたあたりからずっとヲチしてましたが地方都市でドミナント経営するのはいいけど無理して買う必要のない物件まで高値で買ってるのを見て正直、「これで何年持つんだろう」とは思ってました。(こんな買い方で不動産投資が成立するなら誰がやっても失敗しねーよって感じでしたw)

ただ規模がデカくなればそれなりにキャッシュが廻り多少の失敗も帳消しに出来るのも事実なので返済がうまく進めばあとはチカラ技でなんとななるんじゃないかとも思ってましたが、予想だにしない社員の持ち逃げ横領や管理会社の謀反(ま、管理不能な規模の物件保有すればこうなるくらいわかりそうなもんですけど)で先行きが非常に不透明になってきました。

とは言え、借りてる金額も金額なので金融機関からしたらそうそう簡単に潰せる規模でもないので「なんだかんだ言ってリスケで乗り切らせてくれんじゃねーの?」と思ってもいましたが3銀行が手のひら返しで銀行取引停止にしちゃったせいで先行きが不透明どころか持ってる物件を銀行主導で売らされる羽目になりそうで仮に物件に500億分の価値が無ければ結構な傷を負うことになってしまいます

ご本人は他の雑誌の取材で「不動産と言う担保もあるし毎月家賃が入って来るんだからちょっとは大目に見てよ(それに貸した方にも「貸手責任ってのがあんじゃない?」とまで言ってました)」とおっしゃってましたが金融機関からすれば支払いの遅延があれば当然、こんな措置をするでしょうし毎月きちんと返済が進んでいればこんなこともしなかったと思います。

弱小不動産屋レベルのワタクシが言うことでもありませんが、不動産投資というのはアクセルとブレーキを上手に使いこなしつつ冷徹に弱者から資産を奪い取り、時には笑顔、時には鬼の顔にもならないと巨大な資産構築は難しい投資ですのでイケイケの常時アクセルオンで買い進めて行けばコントロール不能になるのは当然ではないかと思います。

さて、この姫路のトランプさんが500億の借り入れで地方都市中心に5000部屋の運営をしていたそうですが、実は旅団にもこの規模の部屋数の投資家さんが少ないですが数名おります。。。

ただ部屋数が同規模であっても借り入れは1/5程度(いや、もっと少ないだろうなー、、)の規模で持ってる物件も首都圏のわりと交通事情のいいエリアにドミナントで持ってる人が多いです。

そんな大家さんをずっと見て来たので「500億で5000部屋ってどんだけ効率悪いんだよ」と思ってましたがウチの大家さんは業歴が非常に長く(えぇ、、ここ15年くらいで急拡大したのではなく最初の昭和バブルで生き残って拡大した方が多いです)借り入れより資産の担保価値の方が遥かに高いしいつでも共担突っ込める底力もあるので結果、銀行金利も滅茶苦茶低いです。(えぇ、、当社比1/8でございますからwww)

また物件一つ買うにしても超シビアな目で見てます。
と言ってもCFはすでに潤沢に廻っているので利回りなんてところにはあまり注目はせず買った後の資産性と保有ストレスを見る方が多い印象があります。(一般のサラリーマン投資家さんとは若干違う目線で見てる印象です)

それと姫路のトランプさんと正反対なのがやっぱり生活ぶり。。(どなたも非常に質素でございます)

ま、お子さんにはその資金力でそれなりにお金を掛けられるのでお子さんには教育費用で膨大にお金を掛けてますがお子さんも来てる服は至って質素(持ち物見てもそんな滅茶苦茶贅沢なものは与えておりません)。

あと絶対顔出ししませんw(旅団セミナーに来ても影でひっそりしてますw)

恐らく本能的に顔を出すとロクなことが無いってわかってるからなんでしょうけど間違っても財布の中身を自慢することもないし物件を買う時も誰にも言わずにコッソリ買ってますw(ちなみに物件買う時も己に自信があるのであまりワタクシに相談することもありませんww)

「日本人はそうするのが美徳だからそうしてればエライって思われるからだろ?」
と揶揄する人もいるかもしれませんが、正直、ホントにお金持ちになってしまうと他人に自慢することに何の得もないと思ってしまうんでしょう。。(まさに金持ちケンカせずってやつですw)

逆にお金持ってるアピールをちょくちょく繰り出して「この人はお金持ちだから」と寄って来てホントに儲け話が舞い込んでホントにお金持ちになっちゃう人も少ないですが稀にいらっしゃいます。(ま、大抵の場合、投資と言う名の出資でお金をまきあげられちゃってるようですがw)

そう考えるとどっちがいいのかって話になりますが、こと不動産投資で考えると後者だとずっと演技を続けないといけないしちょっとでも綻びが生じたらあっという間に奈落の底に落ちるリスクを考えると前者の方が得なんじゃないかと思います。

ただあれです。。
どんな経緯、手法であれ500億借りれるだけのごっつい人ですから正直、この人にとってこの程度のことはかすり傷じゃないかとも思います。(だって金融機関から500億引っ張れるってそんじょそこらの人じゃそうそう出来ないし端数のお金だけでも一生食うのは困りませんからw)

えぇ、、
あのかぼちゃのサトーさんだって何度死んでもかぼちゃで復活して結局メチャメチャ儲けで姿消しましたからwww(申し訳ないですがワタクシ、未だにこのトランプさんとサトータイジさんの見分けが付きませんwww



500億レベルのお金溶かすって人は1億稼ぐのって簡単なんじゃんw

実需マンション目線。。。


いよいよ明日で10周年w

こんにちは。

コロナになって住宅ローンが払えないと言う方がじわじわ増えてるようです。

当然ですが、住宅ローンは本業収入で返済している人が多く、昨今は余裕を見た返済比率ではなくちょっと背伸びして「このくらいならギリギリ払える」と先々のことを考えずに融資を引いてたもんですから本業収入がコロナの影響で減ってしまった人にとっては「こんなに毎月払えねーよ」と音を上げてしまう構図ではないかと思います。

そんな話もあってか最近、この住宅ローンを問題視する専門家が増えて来て大抵の人は「これから人口減になるし出口も無くなって行くんだから住宅ローン組んで家を買うなんて馬鹿げてる」って論調が増えてるように感じます。

ウチの実家も住宅ローンで家を買ってたのでよく見てましたが確かに35年ローンで出口の見えない一戸建てを建てて35年払いきる頃にはもう当時の工務店も存在するかわかりませんし(ま、35年経って工務店が残ってるかどうかなんてもう関係ないですがw)広い一戸建ても小さかった子供が独立してしまえば無駄に広いだけ。。

階段のある家だと歳取ると二階に上がって洗濯物干すのも面倒だし1度くらいはリフォームで凌いだ水回りもさすがに2回目ともなると結構費用も掛かりそれのお金を使うのもどうなのよって気もします。

そう考えると住宅ローンで35年ローンを払うのは単なる罰ゲームじゃねーの?wwとも思うのですが、建物はボロでも土地の返済も終わってるので土地の価値さえ残ってば少しはお金も取り戻せないこともありません。

と言っても当時は夢の街なんて言われてた小高い丘の上なんかにある旧高級住宅街もなんか年配者ばっかりになってしまいあちこちの家はもう人の気配の無い家ばっかりになってしまえばその街自体の価値も無くなってしまい土地として売ろうと思ってお持っても買い叩かれてしまいます。

恐らくはそういう死んだ街の土地値以下の古家ってのは昨今の築古不動産投資の一翼を担っているんじゃないかと思いますが、これを買う側の投資家にとっちゃお宝物件かも知れませんが売った方は二束三文っぷりに涙も出ませんwww

さて、そんな住宅ローンですが、、
昔々の住宅ローン金利をご存知ですか?(えぇ、、平成元年頃の住宅金利ですよw)

今でこそ1%台なんて言われると「ちょっとちょっとww俺たち与信低いんじゃね?」と思うのが当然なくらいの低金利ですが当時は6%でも安い方でした。

参考までに当時の金利です
1987年 昭和62年 6.600%
1988年 昭和63年 6.480%
1989年 平成元年 6.780%


てなわけでワタクシが若い頃は3000万の住宅ローン組んだら倍返しが常識。。(返済総額は3000借りたら6000払うくらいの勢いでした)

今だと3000万借りたところで4500万くらい返せば終わってしまうんじゃないかと思います。

何が言いたいかと言えば不動産投資の立場で考えたらこの住宅ローンってのは見えない不動産投資じゃないかとも思えるんです。(「住んでも投資」ってやつです)

だってこんな低金利で不動産資金が借りられるのは住宅ローンしかありません。
しかも住んでる間の35年という長期返済ですので返済額も普通に賃貸物件借りるよりは安いはずです。

しかも残債は年を追うごとに減っていき仮に35年払いきらなくても残債と売値のバランスさえ間違えなければ差益が出る可能性もあります。

大抵35年ローンの悪口言う人は35年そこに住む前提か、不動産の価値の下落を想定して言ってるんじゃないかと思いますが、東京に長いこと住んでて思うことは東京ってやっぱり安定して不動産価値が下がらないところと予定通りダダ下がりするエリアがあるってことです。(これって地方の制定指定都市でも当てはまるんじゃないかと思います)

ウチの団員あたりになるとさすがに値上がり狙って一戸建て物件を買ってる人は少ないですが、将来絶対値上がりするであろう区分ファミリーレジを抽選会でもぎ取ってヤドカリスキームでそこそこ保有して転売を繰り返し住宅ローンなのに資産を1億近くまで増やしたツワモノが結構います。

ちなみにそんな人達が良く買ってたのは勝どき周辺や横浜界隈でどう考えても値付け間違いじゃねーのと思われる値段で売って分譲区分レジ。。

特に最近分譲予定の渋谷区役所の定借分譲レジを転売目的(ま、ご本人はロケーションが良いのできっちり住宅ローン組んで数年は住むそうですけど)で買いましたが、これは抽選会で当たった人は宝くじに当たるくらい大儲け出来るはずです。(だってそんな広くない部屋だってのに家賃計算してもらったら60万で貸せる査定らしいですもんw)

都内の分譲ファミリー区分はきちっと勉強すれば将来値上がり確実ってものが抽選ではありますが手に入りますので住宅ローンは地獄の入り口と毛嫌いしないでちょっとはお勉強してもいいかもしれませんね。

ましてや今は投資用不動産の融資はさほど期待出来ませんし住宅ローンは仮に金利が上がったとしても「1.25ルール」があって急激な金利変動があってもそれに連動して上がらないように出来てます。(サーキットブレーカーみたいなものがついてます)

そう聞くと「どんなマンション探せばいいの?」と聞きたくなるかもしれませんがそんなのTwitterに実需の相場を敏感に感じ取ってる業者さんが採算度外視で連日TL上にて図面入りで解説してます。(ワタクシ、分譲レジはあまり詳しくなかったんですがここ一年くらいで急激にお勉強出来ました)

今だと相場の上昇もあり当時6000万くらいで買ったマンションが8000万くらいの値段で売れておりますが当然値下がりする時もあります。

今回のコロナ禍で区分マンションは値下がりすると恐怖に震えてる人も多いですがたとえ値下がりしてもいつもの10年周期で中古になったマンションでも新築時価格より値上がりすることも多いですのでこの実需の分譲マンションを投資いう視線でマーケットを眺めているのもそう悪いことじゃないとワタクシ思う次第であります。。。(いつものように分譲賃貸を狙うと良いことあるかもしれませんよww)


と言うことで本日のブログは終了ですが
明日は狼ブログ開設10周年なので土曜日でお休みの予定のところ無理やり更新させていただきます。



明日も18時に更新なんじゃんw

スルガ問題再燃w


「                    」
↑誰かここの出オチを考えてくださいw
(ブログ書くよりめんどくさいのよw)

こんにちは。

昔、かぼちゃの時の裁判ネタのどこかで書いた話で(どこで書いたか覚えてないので記事が発掘出来ませんw)
「かぼちゃの借金チャラなんて認めたら一棟レジでサンタメ喰らって儲からない人が俺も俺もとやってくるぞ」
ってのがありましたが

やっぱりやって来たようです。。。

「借金チャラ」求めて民事調停 スルガ銀行融資不正問題

記事によれば新たに25人の顧客がシェアハウスじゃない一棟物件や新築区分レジなど33物件を手放し借金をチャラにしろというお話だそうだそうですが言われてみればかぼちゃとサンタメ不正融資に大した違いはなく「かぼちゃがチャラならこっちもチャラにすべきだろ!!(ガオーー!!)」というのは至極当然の話でございます。。。

なのでワタクシ、被告の立場で徹底抗戦してかぼちゃ裁判に討って出て力ずくでも拒否すると思ってたのですが当のスルガさんは今までの膿を出し尽くして新生スルガ(なにやら新生銀行っぽいですが違いますw)として生まれ変わりたいという欲求が前に出てしまいかぼちゃの件はほぼ丸呑み的に容認してしまいました。(「投資は自己責任」という古からの掟が崩壊した瞬間でもありました)

ご存知の通り、かぼちゃの融資スキームは融資書類の偽造(エビデンス偽造)をお互い数字のノルマを抱える不動産業者と銀行の担当者がグルになってやってたことでこのスキームは別にかぼちゃだけじゃなかったでしょ?てのは投資物件を仲介する業者からしたら知らない方がおかしい話でした。

事実、うちで仲介した物件でスルガあたりの融資でサンタメ決済してたサンタメ業者からは契約の度に「管理会社が募集してる家賃を審査部が見たら融資落ちるので今すぐ消してくれと頼んでくれ」と依頼され断るとその業者が直接管理会社に電話しやがるものだから売主さんに叱られるのはいつもウチ。。。

また、「空室があるのが審査にバレると困るので合鍵貸して欲しい」と言うので断るとその空室のカギを鍵の110番に電話して勝手に開錠してカーテンスキーム(カーテンして空室じゃない風を装う)を行使され管理会社が偶然、案内で客連れていったらキッチンに洗剤まで並べてましたw

果てはまだ契約もしてないのに「契約書の原本を貸して欲しい」と言うので何に使うのか聞いたら「契約書をバラバラにしてスキャンして賃料を大幅に水増しないと審査に通らない」とか言い出し本気でその偽造賃貸契約書を審査部に出そうとしてました。

そんなことやられて審査に落ちたらそのデータが審査部に残ってしまい違うお客さんと売買契約するとなった時にそれが障害になりかねないのでお断りしましたが、断った後でも担当を変えて電話して来て最後の方ではもう物件確認の段階で「弊社、基本二重売契での契約をお願いしてるんですが・・・どうでしょう?」と聞いてくる業者ばっかりになりました。

とにかくサンタメ屋さんも偽造エビデンスを駆使する仲介さんも「融資が出るんだから文句ないだろ」という発想でしたし、当時は様々な人が不動産投資を推奨し、手金無しでフルローン組んでキャッシュフローでセミリタイアなんて耳心地いい話ばっかりが世に蔓延っていましたから今思えばあの「中間省略登記」を禁止したままにしておけばこんな不正融資の問題も起こっていなかったでしょう。

そう思うと「新中間省略登記(第三者のためにする契約)」なんて形で復活させた国会議員やその法律を後押しした不動産関係者にもご意見を賜りたいところでございます。(朝日の藤田さん、、この辺の経緯も取材して関係者を締め上げていただけると嬉しいです

とは言え一度融資チャラと言う水門を開放してしまった以上やってたことは同じなので不動産屋と銀行員のグルが認定された案件は同じようにチャラになる事態が増えるんじゃないかと思います。

そうなれば過去に遡ってそんな不正が立証される売買に関しては全部チャラになってしまうんじゃないかと思うのですがそうなると補償の金額も天文学的数字になってしまいます。(ま、ほとんどのサンタメ契約で水増しをやってたはずなので額的にはの単位まで行くんじゃないかと思います)

ワタクシが恐れるのはただ一つ。。
今、閉めてる融資の水門がこの問題のせいで長期にわたって開かなくなること、、、です。。

だから「与信を偽造して無茶な融資で物件買って回らくなって困るのは買った人ですよ」とブログで口酸っぱく書いてたわけですが「行動しなければ始まらない」「行動しながら考える」なんて自己啓発用語に釣られてクソ物件を高値で掴まされ「収支がマイナスになったのは貸した銀行が悪い」って論法で来られちゃ今まで真面目に金貯めてコツコツ物件増やしてた投資家から見ると単なる言いがかりでしかありません。

ってかあれです。。

銀行ばっかりを責めてそんな物件を揉み手で勧めて来た不動産屋さんには全くペナルティ求めないのはなんでなんでしょうね?

これはあくまで想像ですが、
①実は買主さんもエビデンス偽造の事実はなんとなく知っていた
(業者に「みんなやってることですから」とか「これやらなきゃアナタなんか融資通りませんよ」と恫喝されたか)
②一度手を染めてみたら何のお咎めも無かったので調子に乗って何件も同じ手法で買ってしまった
(その後一物件一法人スキームを教えてもらい更に深みに嵌ったとか)
③業者から「貴方も共犯なんだからウチを訴えたら貴方も巻き添えにします」と言われてる

のどれかがあって業者さんを追及すると自分の身も危ないので銀行だけを攻撃してる、、、って気がします。

銀行だけを責めるとその被害はその銀行の株を買ってる株主にも及ぶし将来裕福になりたいと願って貯金して爪を研いで待機してる真面目な投資家にも被害が及ぶわけですから儲けるだけ儲けてあとは知らないよってシラを切る旧サンタメ業者さんにもなんらかの調査の手が及ぶことを期待して本日のブログは終了でございます。。



業者に手口だけ聞いて記事にするだけじゃこの闇は語れないんじゃんw

暦の上ではセプテンバー。。。


不動産屋さんが口々に「魔境」と呼ぶ物件を現在買うかどうか迷ってますw

こんにちは。

暦の上では今日からセプテンバーなわけですが、そう考えると今年もあと3か月でございます。。

そんな9月を無事に迎えた我々ですが、
残念にも今月を迎えることが出来ずに消えて行った不動産屋さんもそこそこいるようです。

と言っても不動産業の業種は多種多様で恐らくここ最近のコロナ禍の影響で飛んでいるのは
①規模のそこそこデカめで固定費が結構掛かる業態(賃貸・売買共通で)
②融資利用で業績を伸ばしていた(エンド客不在で出口が無くなった)

で収入が途絶えたためデフォルトしちゃったところじゃないかと思います。

実際、うちと取引してた業者さんも数社飛んでしまいましたが共通してるのは「飛ぶ前日まで兆候が見られない」ってこと。

ま、現在進行形で取引して連日電話やメールでやり取りしてればなぜか急に連絡が取れなくなったりいきなり担当者がやめて後任に移行するなんてことである程度予想も付くのですがちょっと油断してるといきなり担当君からお知らせメールが届き倒産を知る羽目になります。

幸いにも取引してた数社の不動産屋さんとは最近はめっきり取引も無かったので実害もありませんが、ウチの団員で「来週決済予定だった状態で売主業者さんが消えた」という事象が発生しております。。。

来週決済と言うことはすでに手付金を支払い融資を取付けていろいろな手続きを踏んでた最中だったはずでこのままだと
①手付金の回収が出来ない
②当然債務不履行になるが違約金も取れない
③契約は成立してるので仲介さんによってはこの状態でも仲介手数料を払う羽目になる

の3つの事態は覚悟しないといけません。

とは言え、売主が飛んで決済出来ないとなると預けていた資金の回収はほぼ不可能に近く、物件は手に入らない、無駄なお金を取られるということになり訴えようが何しようが全額回収はかなり難しくなってしまいます。

現在、弁護士さんを介入させて事態の打開に動いているそうですが、相手の不動産屋さんも計画的に逃げる準備をしていた可能性もあるので回収できる資金なんて全部逃がされた後じゃないかと思います。。。(正直、ワタクシの力ではどうすることも出来ません)

不動産屋さんという人種はいかに金回りがいいかをアピールして集客する傾向が多々あるので経営が傾いているのは案外中にいる社員も気が付かないものです。(必死に資金繰りで走り回る会社の代表だって普段から留守がちだと「あ、今日も営業に行ってるんだな」くらいにしか感じないしw)

えぇ、、リーマンショック時代に大きなゼネコンや不動産屋さんがバンバン飛んだ時も中の社員は倒産の当日会社に来て事態を知るなんてことも多かったのでこれは今もあまり変わらないはずです。(給料だって倒産するギリギリまで支払ってたりするのでなかなか気が付きませんw)

ワタクシ、よく「不動産は実体経済よりやや遅れて波及する(時間軸が長い)」と言っておりますが、この不動産屋の倒産劇も遅効性で襲い掛かって来るのでもしかしたらコロナ禍が収まったしばらくあとになってドーンと来るかもしれません。

と言うことでこれから不動産取引を考えてる人に於かれましては相手先(売主、買主、仲介、工事業者に至るまでです)の与信というか取引が終わるまで飛ばれないようにチェックを怠らないようにしてください。

不動産屋というのは一発で多額のお金が動くことも多く、経営者も「ここを耐えれば来月はドーンとお金が入って来る」なんて資金繰りしてることも多いのでそのアテが外れたとなるとさっさと会社を畳んで逃げてしまうものです。

そんなことを書くと「じゃ、その予防策は無いのか?」と聞かれるのですが、正直、相手もタヌキですのでなかなか弱みを見せませんからワタクシでもなかなか見破ることは出来ないんです。

ただ一つ二つ上げるとすればまずはその会社の謄本の定款、、でしょうか?
ワタクシの経験では不動産業として登記されてる会社の定款になんか派手目な定款(ファッションとか通販とかなんとか販売とか)が載ってる会社はわりと注意して見ています。

また会社の代表がSNSとかで積極発信しつつも時々、妙なことを呟いてたり(俺は負けない系の呟きが多いかな)いつもの金持ちアピールが止まったらちょっと警戒しますw

またHPに載ってる取引銀行の序列なんかも見て社格らしきものを判断しています。

さっきも書きましたが社員数がやたら多い会社は人件費や事務所費用などの固定費がそこそこ掛かります。
そんな会社なのに序列上位が都銀じゃなかったり虫食いみたいにバラバラな序列で金融機関を載せてるなんて場合、経営者も結構場当たり的な性格じゃないかと予測出来るんです。。(そのくせHPではやたら「お客様第一主義」なんて心にも無いこと書いてますw)

また突然、仲介だけだったのが買い取り始めたり、買取メインでやってたはずが仲介に舵を切るとか言い始めたらワタクシは結構警戒して取引をやめてしまいます。(ま、うちの場合仲介メインなので取引やめるって言っても電話しないだけですけどww)

ただ、社員がちょこちょこ辞めていくってのは会社のノルマが厳しくてやめるケースがほとんどなので「この会社社員の入れ替わりが激しいな」というのはあまりアテになりませんw(逆に何年の勤務してる社員が相次いで辞めていく場合は「本人が独立する」って話意外だと警戒します)

それだけ警戒しててもいきなり飛ぶことが多い業界なのでここしばらくはそういう気持ちでお付き合いした方がいいかもしれませんね。。。(なんてこんな業者が飛ぶだの飛ばないだのって話書いたの10年ぶりくらいですwww)



昔は毎週金曜日15時過ぎになると「今週はどこが飛んだ」なんて話題で持ちきりだったんじゃんw

アベノミクスは終わらない。。。。


今週は10周年WEEKなので毎日更新しようと思ってますw

こんにちは。

先週の金曜日は安倍さん辞任のニュースで大騒ぎになっちゃいましたが、
週が明けて月曜になると後任の名前がチラホラ出始めました。。

また実際に安倍さんが病気でやめると言うことで絶賛下落中だった支持率も大きく跳ね上がり自民党の中の人もアベノミクスについて「ま、あれは安倍さんがやってたことだから(次の総理は別腹)」という考えが世間体を意識した「安倍路線継承」へ傾いて来た感があります。(だからでしょうか?先週ダダ下がりした日経平均も週明けには元通りになっちゃいました)

そこで無派閥ながら安倍さんの側近で支えてた菅さんがその空気を読んで出馬なんて話になったんじゃないかと思いますが、それを聞いた国民から一番総理待望論のあった石破さんはすっかり戦意喪失。。。(そりゃ菅さんが出てくるとなればいくら頑張っても勝てるわけないですから)

今週中に菅総理誕生へ一気に傾くんじゃないかと思いますが、なんだかんだ言って危機的な国内経済を立て直したのは安倍さんだし、世論も「安倍さんは頑張った」と評されているだけにこのアベノミクス路線に逆行するようなことはしないでしょう。。(菅さんは極端な緊縮財政派でもないし)

そうなると先週心配していた先行きの景気にもあまり影響が出ないような交代劇になると言うことになり終わってみれば首だけがすげ変わってお終いという流れになるんじゃないでしょうか?(まあ、来年9月以降の頃はわかりませんけど)

と、安倍さん辞任で起こりそうなことをざっくり想像してみましたが
問題は不動産投資にどんな影響があんのよ?って話。。。

前にも書きましたが、「コロナ禍で不景気になっては大変」とわずか半年で50兆円以上のお金が市中に投げ込まれたわりにそのお金がどこで使われているのかもよくわからず、給付金のおかわりはもう出そうにないので国の方針としては早いところインフル並みの感染症扱いにして経済を平時の状態に戻したいはず。。

今ガチガチに閉ってる不動産系の融資も景気対策の一環で考えればちょっと金利を上げてでも再開させたいって金融庁も考えている気がしてならないのでこの辺の方針がピシッと決まればなんとなく緩んで来そうな予感もします。(えぇ、、金融機関だってこの低金利政策じゃ利益稼ぐのも容易じゃないですから)

ちなみにこの金融機関の融資の閉り具合っぷりで一番恩恵を受けてるのがノンバンクじゃないかと思いますが(都銀、地銀、信金で貸してくれないんだから皆さんもノンバンクで資金調達って考える人も多いかと)そのノンバンクもお客さんがたくさんやってくる関係で「貸しやすそうな人優先」で貸す傾向が強くなってきました。

要するに以前は融資属性について一定の基準をクリアしていた人であれば余裕で満額近い、もしくはフルローンで融資してくれたものが物件自体にも審査のメスを入れきっちり担保評価を出して足りない分は自分で用意できる人を優先して融資を出してる模様です。

そうなると以前なら楽勝で通ってたのに最近がほぼ謝絶という人が増えてしまい、よほど担保評価の出る物件じゃないと貸してすらもらえないという事態。。(ウチの団員でそこそこ富裕層な人でもゼロ回答が増えております)

これもノンバンク以外の金融機関が融資基準を緩くし始めれば元に戻って「何か買いたい物件があればフルローン出しますよ」なんて通常営業状態に戻ると思いますが、、、そう考えれば融資基準の緩和の情報はこのノンバンクさんの融資姿勢の変化にさえ気が付きさえすれば世の融資基準の変化に敏感に反応出来るんじゃないか、、、と思うわけですw。。(ってか「そんなの当たり前じゃん」って思う人も多いと思いますが今週は10周年週間なので毎日更新したくて当たり前のネタでも書かなきゃいけないんですってwww

よもやノンバンク様まで都銀の融資基準みたいなこと言うとは思ってもいませんでしたが今のノンバンク様の頭の中では
「は?こんなコロナ禍で先が見えない状態だってのに「俺も私も不動産投資w」なんて話で築古物件に金貸せって言うんですか?ww」
と思ってるかもしれません。。。

しかし、これもコロナ禍の先が見えてくれば「ま、世の中も平穏に戻りそうだからそろそろ緩めてもいいんじゃね?」って真っ先に反応しそうなのもノンバンクですからここの挙動に要注目でございます。

そう考えると持ち込む物件がことごとく「今回はご縁が無かったということで」と書かれた融資お断りメールを喰らっても
「バーカw こっちは借りるつもりじゃなくオマエらの挙動見るためにわざわざ申し込んでやってんだよww」
と笑い飛ばせる気がして来ませんか?www


となにやらブログ後半が太字フォントでやや荒れ気味になった感もありますが、、

明けない夜はありません。頑張りましょうw(なんかすごく頼りない言い草で申し訳ありませんw)



何事もモノは考えようなんじゃんw