FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)

最近、このブログを丸々パクって掲載する人が多いので無断掲載された方には掲載記事一つにつき3万円/日をご請求させていただきます。(2018.4.12より適用)

あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「秘密結社狼旅団」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム

台風とキッチンジローの話。。。


最近やたら残業続きです。。。

こんにちは。

今年は去年と違い台風の襲撃が少ないなーと思ってたのですが、、
どうも週末にドえらい台風がやって来そうです。。

天気予報でも言ってましたが今年は例年以上に海面温度が高く台風が発生すれば日本近海でめちゃめちゃ発達しデカい台風になるとのこと。

で、今回やって来る台風10号はいつぞやの関西空港をぶっ壊した台風15号よりも勢力が大きいようでその台風の進路になるエリアはいつも以上に厳重警戒が必要になるとのことです。

その大きさですが、噂では伊勢湾台風並みの920hPaレベルと言うのですから正直、ワタクシが生きて来た歴史の中では最大のデカさ。。

進路予想からすると最近災害の多い九州が危ないらしいのでそちら方面の読者の方は特に念入りに警戒していただきたいと思います。(不動産投資家が台風に備えて準備する事、、そんなこと言わなくてもわかりますよね・・・w)

さて、そんなニュースをネットで見てたらこんな記事に遭遇しました。

「キッチンジロー、外神田店含む13店舗が閉店へ 15店舗から2店舗へ激減」

思えば今から40年前、、
世の中はファミレスブームになりビフテキ(今で言うところのビーフステーキ)が大衆に認知され月曜日に学校行くと「俺昨日すかいらーくでビフテキ食ったんだよね」って金持ちの息子が自慢する時代でございました。(同級生だった地主の林くんと小野沢くんはビフテキとクリームソーダの自慢ばかりしてました)

かたや貧乏な家でスクスク育つワタクシは当時、「ビフテキは金持ちが食うものでアンタが食うものじゃないの!」と何の肉かわからないハンバーグがメインディッシュな時代(ちなみにクリスマスケーキはバタークリームでした)。。

また平日の貴重なたんぱく源は今では高価なクジラ肉(当時のクジラ肉は鶏肉より安かったんですよ。信じられます?ww)だったのですが、そんな時代に親に連れて行かれて度肝を抜いたのがこのキッチンジローのクリームコロッケでございました。。


浅草で森進一ショー見てなぜかここに連れて来られましたが、、
見てください、、この勇姿w

当時のコロッケはジャガイモメインと言うかなんかパサパサしてて食ってもなんかボソボソした感じであまり好きではなかったのですが生まれて初めて食したこのキッチンジローのクリームコロッケはホント別次元の食い物。。

食レポが得意じゃないのでザックリ書きますが、熱々の衣を開くとトローンとした熱々クリームが滴り落ちて来てそれは甘味もあり塩気もありそしてなんだかかわからないコクってのがありました。

これを一緒に頼んだハンバーグのデミグラスソースに絡めて熱々の白ご飯で一口食うとその瞬間、記憶がすべて吹っ飛ぶくらいの美味しさでうまいもの食うとなにやら頬っぺたの内側がギューッとしますがあの状態がずっと続きます。。

その状態で更にジューシーハンバーグを口に運ぶとここでもまた悶絶。。。。


彦摩呂名言集探したらこれしか無かったですw

まだマグロの乗った寿司すら知らない時期(えぇ、、ワタクシの家ではお寿司は金持ちしか食えないものと教えられド根性カエルのウメさんは今で言うところのジョエルロブションみたいな人なんだなと思ってました)にこんな食育されればこの世で一番うまいものはクリームコロッケと舌が覚えてしまうのも無理もない話なんじゃないかと思います。

そして高校時代になりワタクシ、
そのクリームコロッケ好きが高じてアルバイトも迷わずキッチンジローを選択。(時給850円は当時では結構破格でしたっけ)
えぇ、、夏は後楽園でビール売ってシーズンオフはキッチンジローというローテでバイトしてましたw

もちろん他のお店でクリームコロッケを食う機会もありましたがキッチンジローのクリームコロッケは今になっても別格で、、、

いえ、、

別格なんてもんじゃなくってキッチンジローのクリームコロッケそれ以外のクリームコロッケです

と一通りキッチンジロー愛を語らせていただきましたが
そんなキッチンジローがコロナのせいで閉店を余儀なくされております。。(と言いつつもさっき官報の発表がありましたがどうもコロナ前から売り上げ低迷してた模様ですね。。。)

恐らくはワタクシ以外のキッチンジローファンもこの話を憂いでなんとか存続を希望するんじゃないかと思いますが幸いにも全店閉鎖ではなく東京では九段下のお店だけは存続出来るとのこと。

でもダメなんです。。それじゃ、、。

ワタクシはあの初めて食べた秋葉原(外神田店)のキッチンジローのクリームコロッケじゃないとダメなんです。。(いろいろ食べ比べましたがやっぱりなんか他店のキッチンジローはよそ行き感があって自分には合ってないんです)

といくらワタクシが騒いだところですでに決定事項が変わるはずも無く「九段下の店で食えばいいじゃん」って言われるだけなので諦めますがとりあえず9末までは足げに秋葉原に行こうと思っております。(なんて書いたら誰かクラファン呼び掛けて秋葉原も残すってならないか期待を込めてブログネタにしましたw)



あのクリームの中身がなんなのか結局わからずじまいだったんじゃんw

印旛沼入水地獄。。。(あとちょっとだけセミナーの話題)


ブログサボりがちですが皆様の温かい留守ポチに感謝ですw

こんにちは。

いんやー、、、、危ない危ない。。。

先週、日経平均がダダ下がりしてそろそろ印旛沼にINしようと投資侍さんに打診しつつ月曜日になってさらに爆裂してたのでワタクシもウエットスーツ着て準備してたらエスパー君に「いや、こいつはフェイクかもしれないから念のため火曜まで待ってから参入した方がいい」と言われ体育座りで待ってたところ、、、案の定、夜になってPTSがざわつき始め明けて本日の日経平均は前日比1051円の爆上げとのこと。。。(ワタクシ、危うくW印旛沼に入水自殺するところでした。。。)

いつのもようにエスパー君のアドバイスで命拾いしたわけですが、当のエスパー君、、
この混乱に乗じて日本株4.3倍のBULLでしこたま儲けた模様。。。。(昨日の日経の下げで拾い、今日の爆裂で売り抜けるというまさに波乗りジョニーなエスパー君でございます。。)

エスパー君「こういうボラが激しいときは鉄火場みたいなもんですから勇気さえあれば誰でも儲かるんですよ」と誇らしげに言ってますが、生憎ワタクシにはこの場の空気を読む才能はございません。。。(ま、あったらあったでワタクシの性格じゃいつか大火傷してたはずなので無いに越したことはないですけどねw)

と言うことでそっちはエスパー君に任せるとしてワタクシは比較的得意な分野の不動産で勝負したいと思います。(ってかワタクシにはこれしか無いんじゃないかと思います。。。)

さて、そんなワタクシですがさらに不動産業界で高いところを目指すべく一番の苦手教科でもある税務を学ぶべくとある本を買いました。。(Twitterで不動産クラスタの方が絶賛したのでどんな本だろうと思って頼んだクチでございます。。)


不動産の評価 権利調整と税務(定価5000円)

不動産系の真面目な本と言うのはそもそも販売部数が少ないので一冊当たりの定価がクソ高く(住宅新報社系の本だと薄くても2000円以上します)Amazonでこの本を見つけた時もそうなんだろうなと思ってたら、、、

なんとこの本、、1000ページの電話帳みたいな本でございましたwww(重くて電車の中でちょっと読みながら通勤しようなんてレベルじゃございませんw)

さらに良かったのは税務だけじゃなく鑑定評価の基準や借地、地上権など普段ワタクシが扱う投資系不動産では深堀りしない部分もかなり専門的に解説されていて久しぶりに買ってよかった一冊になりました。(えぇ、、先日も借地権&地上権区分売り出すのに地上権がどこまで波及するんだっけ?って部分を忘れてしまいとても苦労しましたゆえ、、)

ただあれです、、
ワタクシにとっては未知の情報がたくさん載ってて「すげー、、なにこの本!!」と思うのですが本の表紙カバーを見ると「基礎こそ大事!ロングセラー!究極の一冊!」と書かれております。。(えー、、こんな小難しいことが基礎なんですか?)

要するに「この程度の知識無しに不動産屋を名乗るんじゃねーよ」ってことなんでしょう。。。(実際他の業者さんにに聞いたらこんなの持ってて当たり前だそうです。。)

よくよく考えてみたらワタクシが物件を売り買い仲介する際は相場観というものを大事にして売り側で仲介する時は今の相場で高値の限界で売るように考えあれこれ作戦を建てますが、そもそもその相場観の根拠になる数字は実勢価格の比較でしか出来ず、この本のように地価から比較して根拠のあるデーターを示して売主様に納得してもらうなんてシーンはありませんでした。(ま、首都圏の場合、売買事例がたくさんあり、実勢価格で比較した方が高値設定出来る気がするのでそうしてたのですが、、w))

これは地方の物件を正しく査定するとなるとこの本のような手法で算定しないと以前に安く売り買いされた業者の戸建て用地みたいなのを参考データーにしてしまいマーケット価格ではもっと高値で売れたかもしれないのに知らずに安値で売ってしまうなんてこともあり得ます。

逆に買う側の仲介の場合、指値の根拠もこの実勢価格の比較でやることも多く、実需の売買事例しか無い場合、投資物件としての比較が出来ずロクな指値も出来ずに売買しちゃうなんてこともあり得ます。

取引相手を数字で納得させて信頼関係を崩さずに取引してるファンドの人あたりだとこういう根拠をデーターで示して取引してるんだろうなと思うとワタクシがやってる不動産取引なんてまだまだお子様レベル。。。(ホント、上には上がいるもんです。。)

ま、そうは言っても投資系不動産の場合どうしても収益性重視な取引になるので土地の値段がどうのよりその土地でいくら稼げるか?が問題なので不動産鑑定士がやってるような実務を勉強するよりこの本の中盤以上に書かれている権利関係のお勉強を今のうちにやっておこうと思います。(読んだら意外にうろ覚えな部分が多く、もはや宅建取った時の記憶なんて消し飛んでると認識しましたww)

えぇ、、もはや株や為替の取引でエスパー君には敵いませんのでこっちを伸ばして少しでも長く上司ヅラ出来るように切磋琢磨しないと将来的には会社ごと乗っ取られそうな気がしてならないんです。。。。。(「オマエ、最近稼ぎが悪いよな」と顔を足で踏まれないように頑張りますw)


さて、
話は変わりますが、
明日の18時より今週土曜日のセミナー前のZOOM接続テストを1時間程度実施します。

今回ご参加予定の方には昨日メールでご案内しておりますがこの接続テスト、
最近のZOOMの脆弱性を解消するためにアップデートされたバージョンへ移行して貰うための機会でもあります。(なんでも旧バージョンの4.0台のプログラムでは正常に使えなくなってるそうです)

前回のゼミナーが5月2日でしたから恐らくはその当時のプログラムではダメそうなのでアップデートが済んでない方(今日現在5.0以上にアップデートのプログラムが置いてありました)はセミナー前に必ずアップデートしておいてください。

と言ってもパソコンで参加される方はセミナー時にZOOMを起動すると強制的にアップデートさせられるので心配はいりませんがスマホやタブレットで参加される方は必ずアップデートが必要ですので明日の18時までに自力でアップデートを済ませておいてください。(アプリセンターに行くとアップデート表示があるのでそれクリックしてアップデートするだけなので意外に簡単です)

あと次回のセミナーではつまらないと酷評されていた背景を準備しました。(ソフマップの背景にしたら意外に面白かったので当日はこれも使いますw)

それと方向が一定方向にしか向かないカメラアングルも新規にWEBカメラを買って来たのでセミナー後のネット飲み会でも姿を映して(多分背後からの撮影になるかとw)お送り出来るようになりました。

で、そんなセミナー時に皆さんが意見を見れるようにチャット機能を復活させたのですが、、、
セミナー中にレジメを大写しするとそのチャット機能が使えないことが判明しました。(よくよく考えたらレジュメが全画面表示されるんですからチャットの窓を映せるはずもございません。)

なのでこのチャット機能はネット飲み会の時だけ開放します。(重ねて申し上げますがQ&Aはワタクシにしか見えませんがチャットに書いたことは参加者全員に丸見えになりますので実名出したくない人は匿名で書き込んでくださいねw)

そんなテストも明日やりますので使い方がわかんないって人は明日の18時にZOOM接続したパソコンの前に集合してください。。


明日はセミナーで被るズラの試験もするんじゃんw

明るい近未来と自動保存の話。。。


投資侍さん、、ここから印旛沼入って大丈夫ですか?ww

こんにちは。

先週、クソ暑いと思ってたらわすか一週間で梅雨になってしまいました。。

そんなワタクシ、
ここ数日現調やら営業活動やらで忙しくなってしまいブログもお休みしておりましたが、どうも世間はコロナ禍を克服したようで今月に入り急に不動産業界も忙しくなって来た模様です。。(商売繁盛でヨッシャヨッシャですw)

思えばここ数か月、、
売り手、買い手、果ては仲介さんまでもが自宅待機状態になってしまい物件の動きも止まってしまってましたが人が動くようになれば物件も動き始めるようでまるで長い眠りから覚めたような様相。

と言っても物確してくるのは目下のところ「買取転売業者さん」ばかりなので高値売買を目論む我々からすると箸にも棒にも引っ掛かりません。。

そんな買取業者さんと電話でよく話すのですが彼らの今現在の買い目線の上限はせいぜい1億以下。(大抵の業者さんは5000万以下だそうです)

銀行融資の関係で1億超えると急にエンド買主さんがいなくなるので仕入れる決済が下りにくくやむなくこの価格帯で勝負するしかないとおっしゃっていましたが、今後の展開も読めないので仕入れる方も情け容赦ない指値で攻めて来ます。

以前ならちょっとは控えめ感もあったのですが最近は5割指値が当たり前で1億の物件でも平気で「5000万で買いますけどいかがですか?」とか言ってきますw(これ、何度も交渉を重ねてではなくファーストコンタクト、、での話ですよw)

そう考えるとこの指値、、
「予算が5000万しかないので5000万で買わせろ」っていう風にも取れちゃいます。(コンビニで子供が「チョコモナカジャンボが欲しいけどアタチ30円しか持ってないの」って言ってるようです)

恐らくこれ、数打ちゃ当たる的な架電で片っ端当たってるんだろうと思いますが、正直なところ「当たるのか?これ?」って感じですw(まー仲介さんもいつまでも成約しないとお金にならないから適当なこと言って売主に安く売らせちゃうのかもしれませんがお嬢ちゃん、、30円じゃあチョコモナカジャンボは買えないよw

とは言え、今日から東京都の「東京アラート」が解除になり明日から警戒レベルの最も低い「レベル3」に移行するようです。

蒸し暑くなってマスクなんかしてると熱中症になるんじゃないかと言われているのでなんとなくマスクを外す人や、このレベル3への移行とテレビでの感染者報道の減少が進むと急激にコロナへの関心が薄らいで再び感染者拡大って心配も無くはないですが手洗いして3密に注意して夜の欲望渦巻くところにさえ行かなきゃ感染しねーんじゃねーの?(あと不要不急の病院巡り)って雰囲気が醸し出されて来ているのでワクチン無しでも案外早期に収拾する可能性も出てきました。(ってかこんな騒いでるのってもはや東京くらいで他府県はもう感染者もほとんど出てないので気にもしてないんですよね?ww)

そう考えると不動産売買もより積極的になってくるんじゃないかと思いますが、ワタクシが一番気になってるのは例の公庫水などの助成金です。

体感で書いちゃいますが、
①不動産投資やってる法人でも数千万単位の据え置き融資が出てる(らしい)
②不動産投資以外の業態はいろいろな助成金が出てるし緊急融資も緩い
③しかも皆さん、実はそれほど困ってるようではなくあわよくば物件購入資金に充てようとしている
④しかしその支給・融資実績を見るとほとんど行き渡っていない(体感で20%くらい?)

と思ってます。

そう考えると市中で大量のお金が使われる(買い物や飲食など)のはもう少し先で今回は意外に宵越しの金は持たないタイプの人中心にお金がバラ撒かれているので過去の震災時の東北のプチバブルみたいになるんじゃないかと思い始めてます。(えぇ、、「なんだか財布にお金が入ってるから今日は特別にいいもの買おう、食おう」が連日続くイメージです)

ワタクシの人生でこの市中になんとなくお金が溢れてるって感覚だったのは20代のバブル景気の頃でよく覚えてないのですが、六本木交差点でタクシー拾って反対側の道路にUターンして下車して1万円で「おつりは要らないよ」ってのだけは鮮明に覚えています。(あとタクシー乗り場が毎日長蛇の列で乗り場以外でタクシーチケットぴらぴらさせて「遠くまで行くから乗せろー」って叫んでるおっちゃんがたくさんいたってことでしょうか)

要するにこのままコロナ感染が終息し、冬を迎えるなんてことになったらこのダブついたお金が市中に派手に廻り始めドエラいバブルになるんじゃねーのって思うわけですが、ホント、ワタクシにはその経験が無いので一体、半年後にどんな社会になってるか予測も付きません。(多分弊社の実績予想からして今年の冬までに会社自体がバブることも無いでしょうから前回のバブル同様また蚊帳の外に置かれる予感マシマシですw)

お国も出すだけ出しておいて「世間はバブってるようだから貸した(支給した)お金を返せ」とも言わないでしょうからそのダブついたお金が廻り回ってどこに集まるかで不動産業界にも明るい近未来が来るんじゃないかと思い始めてるワタクシですw(えぇ、、お金がダブつけば最後に不動産などのカタチのある金融資産に戻って来るもんですw)

そう書いてると、過去に2回開催したセミナーの第一章が大外れすることになってしまうのですが(ワタクシ、どちらのセミナーでもメチャメチャ悲観論をしゃべってましたからw)ワタクシの超ネガティブ予想が外れると言うことは世の不動産投資家さんには大チャンス。。。(・・・なんか書けば書くほど悲しくなるのはなぜでしょう?)

もしかしたらですが今回のコロナ禍はお国の財布を緩めるだけ緩めさせてお金がドバーっと出たタイミングでウイルスが収まり世に出回ったお金だけがグルグル回り続け過去に経験したことのない金余り状態になるための話だったのではないかと。。。w(なんて明るい話を書いてたらこっちまでなんか明るくなってきましたwww)

さてと、、、(椅子に座り直しながら)
気持ちも明るくなって来たのでワタクシこれからまた来週のセミナーレジュメ作りに取り掛かることにします。。

実は昨日、3時間掛けて作ってたパワポのレジュメが保存しないうちにデータが吹っ飛ぶと言うアクシデントに見舞われてすっかり心が折れてしまったのですが、、PCを再起動して恐る恐るパワポを開いたらなんと。。
飛んだはずのデータが自動保存されてたんですwww(いつの間にこんな新機能が付加されてたのよとワタクシ、ビルゲイツさんには足向けて寝れませんw)


しかし、、

しかしです。。。

次回の予定稿の第一章のコロナ話はいまだにネガティブ予想なのでここから一気にポジティブ仕様に直さなければいけなくなりそうでワタクシ今日もこれから残業でございます。。。(えぇ、、「なんだかんだ言ってオマエラ全員干上がって死んじゃうんだよ!!」ってとこから「これで皆さん高級シャンパン開け放題!ロレックス買い放題ですね!!(揉み手)www」に変更しないとですからw)



楽〇のような手のひら返しなんじゃんw

今日で9年経ちました。。


ん?電話がさっぱり鳴りませんが皆さん死んじゃったんですか?ww

こんにちは。

本日は3月10日。。
我々にとって今日はこのブログを書くきっかけにもなった新築レジの9歳の誕生日でございます。

思い起こせば9年前の今日、
都内の城南エリアと言うわりに乗降者数わずか3000人という辺鄙な駅でそこに土地を持ってるという理由だけで当時無謀と言われたDINKSレジを竣工したわけですが、

引き渡し翌日に例の東日本大震災の震度6の抜き打ち耐震検査を受け吹っ飛んだ原子炉から飛んできた放射線が金町浄水場でも検出されたなんていきなりの暗雲が垂れ込め「先々どんな不幸に見舞われるのか」と家でフォカッチャを量産しつつ見えない恐怖に震えておりました。

また当時、最寄り駅周辺の賃貸仲介さんに客付けして貰おうとせっせと足を運んでも「あー、、こんな中途半端な1LDKじゃ埋まらないからもっと家賃安くしなきゃダメ」と嫌がられ仕方がないので戦略を変え家賃の高い似たエリアから客を引っ張り込んで埋めて貰う戦術で埋めた部屋でございますが、、、

9年経った現在はおかげさまで満室どころか当時の家賃収入より4%値上がりし残債も減って来たので残債利回りという卑怯な計算式で計算すると表面利回り21.4%と我々の貴重なタンパク源と化して参りました。(コツコツ返済を続けると残債って結構減るもんですねーw)

9年前と言えばリーマンショックの余波で建築業界も薄暗い不況の真っただ中、
そんな時期だったからこそRCレジだってのに坪単価63万なんてバカみたいな安さで建てられ無駄に借金せずに済みましたが、建築時期が9年前でなく5年前あれば新築坪単価100万くらい掛かってたはずなのでこんな親孝行な振る舞いはしてくれなかったはずです。(さっさと換金しちゃえとその後の融資ジャブジャブ期に高値転売を目論んでいたかとw)

そう考えると「不動産投資は世間が不況の時に始めてた方が有利」という話になるのですが、
そんな中、幸か不幸か、今回のコロナショックは不況の入り口とも言える世界的景気後退局面になって来ました。(不況になって喜ぶのって不動産関係者くらいなのかもしれません。。。

昨日も書きましたがこのウイルス、、「感染力が強いわりに重篤化しにくいウイルス」なため「元気に感染した人」が知らずにウイルスをまき散らす可能性が高く、すでにマスクしないくせにハグ文化のある衛生学上発展途上な国を含め世界中に散らばってしまったことでしばらくは世界中を旅するかと思います。(特にラテン系の人って身振り手振りを駆使しないとしゃべれないのでいっそのこと国民全員を後ろ手で縛り上げるのが一番のコロナ対策じゃないかと大真面目に思っておりますw

この間に特効薬的なモノが出来ればその評判で予想外に早く鎮静化するかもしれませんがそれはあくまでも風評被害の話であって一度止まってしまったお金の流れはそうそう元には戻りません。

お金が止まれば経済は停滞しますからこのウイルスがいなくなったとしても一度止まった経済を動かすにも時間が掛かるはずでその間が長ければ長いほど不況の波は続きます。

だって仕事が無くなり解雇された人が再就職したところで元の賃金に戻るのって相当時間が掛かっちゃいますから。(その時間が長くなりそうなので意外に不況が続くと思っているんです)

過去の不動産投資の歴史を考えるとやっぱりこういう時に現金や金融資産を持ってる人は安く買えるし今回の場合、10数年ぶりに世界中の人が危機感を持ってくれてます。

言うまでもなく不動産価格は株価となぜか連動しますのでここから奈落の底のように際限なく株価が落ちるようなことがあればここ数年間の高値推移で手も足も出なかった投資物件も安く買えそうな局面に変化しそうな局面。。

と言うことで今後、政府や金融庁がどのような政策を打って来るか静かに待ちたいと思います。(ま、やっぱり消費税をいじることななさそうですけど)

えぇ、、
これだけの大騒ぎですので政府も昨日発表したショボい対策以上に何かしら上乗せの景気対策を講じるはずでその対策の対象は弱い中小企業あたりじゃないかと思います。

これも結局、また貸付って形でやるんじゃないかと思いますが、銀行からしたら政府の債務保証が無ければ経営基盤が脆弱な中小企業に貸せません。

当然、そこで政府保証を付加するはずですが日本で一番お金を使ってくれそうなインバウンドがしばらく戻って来てくれなさそうなのでお金を借りたところで果たしてV字回復できるのか?ってところにワタクシ、疑問符を付けちゃいます。

かと言って経営基盤が脆弱な中小企業を見殺しにするわけもなく(そんなことしたらまた蓮舫さんとかテレ朝の玉川さんに叩かれちゃいます)形式上的にも貸し付けるとは思いますがワタクシここで「金融機関の融資姿勢の心変わり」を大いに期待しております。

今の不動産融資で一番融資を難しくしてるのが「融資年数」「融資総額」ではないかと思います。

えぇ、、
融資は出るけど「年数が伸びないのでCFが出ない」ってのと、「評価が低く手金入れても物件価格に届かない」と言う部分さえ見直してくれれば以前のジャブジャブとまでは言いませんがそれなりに物件が買えるレベルの融資が引けるはず。(そのかわり例のエビ偽造・乱造は致しませんw

このコロナ前までは過去の悪夢もあり金融機関も金融庁の干渉もありで融資を厳格化してましたがこんな不況時の緊急事態ですから金融庁も多少はお目こぼしして

「やっぱ不動産業界を活況にすれば景気刺激するんじゃね?」

とは言わないまでも各金融機関に「こんな時期なんだからもっと民間に金貸してやりなさい」なんて通達出してそれを「ん?これって不動産融資もそれほど厳格化しなくてもいいってこと?」と読み取り「じゃ、融資しやすいように耐用年数を見直して融資できるようにしましょう」なんてことになるんじゃないかと思っております。

実際、一度締まってしまった融資の蛇口はこういう不況のドサクサで開くことが多いし今回もこんな世界的景気後退の局面ですから「景気後退しようが当行は引き続き不動産融資は厳格に見ますよ」ってことは続かないんじゃないかと思うわけです。

え?

いつもネガティブなことばっか書く狼にしては今日はやけにポジティブじゃん、、、ですって?



いつも言ってるでしょ?



ワタクシ、株とか他の金融商品の予測はまるでポンコツですけど不動産の予測だけはことごとく当たってるって・・・・・。


・・・・


・・・・

ホント、この予測、、、

当たるといいなー。。。(こんな暗い世相なので本日はちょっとポジティブなブログにチャレンジしてみましたw)



こんなこと書いちゃうと明日は雨どころか槍が降って来そうなんじゃんw

狼さんはこんな不景気なのになぜ不動産屋を続けるんですか?


クソ物件オブザイヤーに応募したのに得点でポールさんにすら負けてますw

こんにちは。

最近、融資がシオシオになりウチみたいな投資系物件の仲介でしかメシ食ってない我々業者に対して「以前より仕事も減りじり貧になっていくのになんでまだ不動産屋さんやってるんですか?」と聞かれることがあります。

確かに一時期のサンタメ、エビどう?時代と比較したら比べ物にならないくらい取引は激減し、今後は人口の減少もあって賃貸物件は過供給になるし融資も出ないから不動産投資が出来るのは一部の富裕層に限られるしそんな富裕層の顧客がいなければ取引機会も減り仲介手数料が入って来ないから不動産屋なんて畳んでしまった方がいいということなんでしょうけど、、、

何十年も不動産屋をやってるワタクシの立場から言わせていただくと今の状況の方がいつもの不動産市場なんじゃないかと思います。。(えぇ、、ちょっと前までが異常なだけで今の状況が普通なんじゃないのか、、、と)

一時の過剰融資の時代しか知らない人から見たら昨今の融資事情は異常だと思うかもしれませんが金融機関だって元々はきちんと担保評価してリスクヘッジの掛け目を入れて融資額を決めていたものです。

そこに偶然、アベノミクスが起こり金融機関がいろいろこじつけて担保評価以上の融資に舵を切っただけでそこに偶然通りかかった「将来の雇用不安」「将来の資産不安」、」などで動揺していた比較的高属性なサラリーマン層に「この方法なら自己資金無しで不動産投資が始められます」と嗾(けしか)けたチョイ悪系の不動産屋さんの口車のうっかり乗ってしまった人が一斉に不動産を買いに走るもんだから物件価格が恐ろしいほど値上がりしバブってしまっただけに過ぎません。

融資が出てるうちは価格に上乗せが起こりさらに値上がりしどんどん膨張の一途を辿りますが何かが起きてどこかの銀行が融資を止めてしまえばあっという間に波及し今度は揃って融資を見合わせてしまうから一気に物件の流通が止まりスッ高値で買ってしまった人はもはや売るに売れず(とてもじゃないけど抵当外れるくらいの価格じゃ誰も買えませんから)いつまで経ってもマーケット価格は高止まりしちゃって「そろそろ暴落するんじゃね?」と思ってる人か若干肩透かし気味になってると思います。

こんな話は過去に何度もあったし昔から不動産屋をやってた人であれば「こんなバブルっぽいのはそう長くは続かねーよ」と身構えていつ何が起きても攻守の切り替えが出来るようにするものですが(ホント、今の惨状もそうそう長続きしませんからw)、途中から参入してきたイケイケ業者さんは稼ぐときに一気に稼いでさっと消えて行きます。

前者後者、ビジネスと考えればどちらが正しいとジャッジも出来ませんが個人的な意見を言わせていただくと一応、国や都道府県から免許を頂いてやってる事業だし、取引したお客さんのことを考えるとそう易々と会社を畳むわけにもいきません。(何度も言いますが一度仲介印を押した以上仲介責任は一生付きまとうと言っても過言じゃないし)

それでも会社を運営していて真っ赤かな赤字じゃこっちも困りますからワタクシの場合、業者として最低限生きていくだけの備えだけは作ってきました。(ま、社員も少ないし増やす気も無いので大した備えも要りませんけどw)

ウチの会社の場合は物件を保有することで仲介業務がゼロでも生きていくくらいの備えがありますが、他社さんあたりだとこれに加えて管理業務(5%課金が一般的)を付加して手厚く備えを作ってたりします。(いわゆるストックビジネスですね)

よくある今にも建物が傾きそうなボロいところで何十年も営業してる見た目にも「いつも暇そうにしてるおじいちゃん不動産屋さん」ってタイプの業者さんがずっと営業出来てるのも恐らくなんらかのストックビジネスを持ってるからこそ続いてるんだと思いますが、古くから不動産業を営んでる人ってのは何度も不動産業界の危機的状況を潜りぬけて来てるので自然とそんな備えを持ってるんでしょう。

またワタクシ、やっぱり不動産の仕事が一番性に合ってるように思います。

不動産業と言うのはどちらかと言うと利害関係者同士の利害が激突し、それの間に入って調整して円満な取引に持ち込むという仕事がメインなので、時々は「こんな醜い人間同士の擦れ合いに割って入るのはもうたくさんだww」と辞めたくなるときもありますが、考えてみれば人がする一番高い買い物の一つでそんなデカい取引に立ち会って成果を成し遂げお礼を言われてそれなりのフィーが得られる商売ってそうそうありません。(しかもそれほど大した学歴がなくともちょっとした専門知識と経験だけで出来ちゃうところも魅力ですw)

幸い、何十年も無事故無違反で信用無くさないように仕事をして来た甲斐もあり古くからのお客さんもいまだに健在で10年ぶりに仕事を依頼されたりまた過去のお客さんが新しいお客さんを紹介してくれるということも多く、最近はブログ書いてたおかげで相談から商売に結び付くことも少ないながらに徐々に増え数年前のサンタメ時代ほどのバカみたいな売り上げはありませんが毎月毎月の資金繰りに心配して仕事をやるような羽目にはなってませんw(ま、潤沢ってわけでも無いので誰か仕事くださいw)

あと、うちの会社に来たことがある人ならご存知ですが、正直今のうちの会社はワタクシにとって遊び場でもあります。(また恐らくですがエスパー君は給料が出るネットカフェだと思ってるはずw)

忙しいときはクソ忙しく応対してる暇もありませんがそうじゃない時はエスパー君といつも遊んでます。(いい年したおっさん二人が何して遊んでんだよとか言わないでw)

この年でいろいろ試行錯誤して仕事を思いついてやったりする時間もあるし、そういう時間が自由自在に取れる職場作りに精を出してきたので出来ることですが、ワタクシは今の環境にとても満足しています。

とは言え、一応会社なのでやはり年間にこのくらいの売り上げ上げないとダメって数字もありますから(夜な夜なの接待交際費は自力で稼がないとダメなんですw)それはそれで頑張りますが、その数字は今のまま普通にやってれば難しい数字でも無く振り返ってみれば「お客を騙して金儲けに走らなくてホント良かった」と思います。

えぇ、、不動産屋なんてのは経験値が上がれば上がるほど悪いことを覚えてしまいそれをド素人相手の金儲けに生かせばたちまち億単位のお金が作れてしまう魅力的な職種でございます。。

ただそれをやると嵌められたお客さんは知恵がついたときに気が付き二度と戻って来ません。(さらに悪評はどんどん喧伝され最後は携帯ポチポチする羽目になります

顧客を一度で殺すつもりの会社であればそれで一瞬のうちにお金を作ってさっさと店を畳んでしまえばいいですが不動産業の実業はブログのように偽名を使うわけにもいかず将来どこかで会った時に「あ、こいつは以前に俺様を嵌めた野郎じゃねーかよ」ってことにでもなればシャレにもなりませんし、まして相手が商売相手であれば取引もしてくれなくなるでしょう。(実際にいましたそういう人ww)

人の一生なんて長くてもせいぜい100年くらいでその時間で何をするかと悩む人も多いでしょうがワタクシは人生ってお金だけじゃないと思うし、一生暮らせるお金があればここから無理して会社をデカくしようとも思いません。(大きくする分一緒に仕事する人達との擦れ合いできっと自分の人生の削られるでしょうからw)

だからって現状に満足はしてるわけでもありません。
当然、日々あれこれ考えお金を使い「何か儲かるビジネスは無いか?」ってくらいはやってますが自分の信用を安売りして儲けようって気はありません。(古臭い考えですがやっぱビジネスって信用が第一と思ってます)

そんなこんなの毎日ですがワタクシが今、一番幸せだと思うのは仕事してもほとんどストレスを感じないこと、、です。

好きな仕事だし、仲間に恵まれてるし、好きな時間に好きなことを出来る今の環境でそこそこ食えているのになんでこの仕事を手放す必要があるのよwwってのが偽らざる本音。。

「ちょっと前の好景気が異常だっただけで今の状態が普通なのよ」と思ってるワタクシからするとサンタメ時代のまったく買う気も無いのにガンガン掛かって来るクソみたいな物確電話が無くなっただけで充分幸せなのでとりあえず体が動かなくなるまでは続けて行こうかと思います。(どうせ定年退職も無いでしょうから死ぬ前日まで仕事してそうですw)

あとよく「仕事辞めてストレスフリーな生活をしたい」って人もいるんじゃないかと思いますが、あれをやるなら本日もワイキキビーチで昼寝してるであろう赤井親分のように世界中を飛び回って好きな時に好きなことが出来る財力になるまでやらない方がいいかと思います。(一応、大して儲かって無いのに儲かってるアピールをして更なる騙し系商売に結び付けようとしてる人への牽制球も含まれてます


えぇ、、よく耳にするんです。。
「ウチの旦那、、仕事やめてからずっと家にいるから煩わしいんだよねー」(ソースは嫁友20名w)


「亭主元気で留守がいい(っつーか金だけ入れろw)」ってのは偽らざる奥様方の本音ではないかと。。。(と言うことでお互い気をつけましょうw)



「今日のお昼ごはんなに?」とか「どこ出かけるの?(ってか俺一人で留守番?)」って毎日言われると不意に殺意が芽生えるらしいんじゃんw