FC2ブログ
プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼と申します。
スラッシュメタルをこよなく愛するただのデブですw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。

ただ、書いてることはネガティブなことばっかりなのでこれから不動産投資で大儲けしようとか考えてる酔狂な人は読まない方がいいですw(ホント、ロクなこと書いてませんw)


あとFacebookとTwitterやってます

Facebook
http.www.facebook.com/ookamiryodan
「ryotaro morino」

Twitter 「狼旅団 森野狼太郎」

最近は嫌いな奴の幅も広がり「キラキラ系」「共喰い系」も嫌いリストに登録されましたので空気も読まずに友人申請しないでくださいw

フリーエリア
banner赤ずきん shobokuren
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム

パンドラの箱。。。


↑これポチってもおサルバナーと同じ効果って知ってました?w

こんにちは。

月曜のブログや先週のセミナーで発覚した「ポチする場所どこ?問題」。。。(ってかポチバナーのおサルが「じろーくん(ラーメン二郎に由来)」だと言うのも知らない人が多いなんてこのブログの読者層って気が付かないうちにめちゃめちゃ変わってたんですね。。。w)

結局「拍手ボタン」「ポチボタン」だと勘違いしてる人が圧倒的多数派だったことがわかり早速問題の「拍手ボタン」を撤去致しました。。。(これだけブログのファンがいながらこのポチ数って絶対おかしいだろって理由がわかりやる気も出て来ましたw)

そんなやる気の出来て来たワタクシですが、
ここ最近気が付いたことがあるので今日はそれを書きます。

実は最近、とある売り物件を頼まれたので早速広告作ってレインズに載せたのですが、言うまでもなくワタクシの基本的な販売方針は「無慈悲なまでの高値」。。(えぇ、、物件は一つですからその一つを一番高く買う人に売りたいのでございますw)

かと言ってバカみたいな高値で載せると電話も鳴りませんから「途中でバタバタ脱落するも最後の一人が指一本でギリギリ登って来て諸費用がギリギリ足りないので親戚縁者を駆けずり回って金をかき集めてギリギリ買いたいって思う売値」で設定するのですが

今回はなぜかレインズに載せてわずか10分でその物件への問い合わせで電話回線が一気に塞がりワタクシとエスパー君はジャンジャン掛かって来る電話に右往左往してしまいました。(えぇ、、感覚的に言えば数年前のサンタメ全盛期の様相です)

一瞬、ワタクシ「ギャー!!もしかしてこれって値付け間違いやらかしちゃいました?ww」と思ったのですがかかって来る電話の話を聞いてみるとどうもある一定条件を満たすとその物件は一気に値が上がる物件に変貌を遂げるんだそうです。。(この物件もその条件を偶然満たしているので特需的に電話がガン鳴りした模様。。。)

さて、そんな話を聞いて、思い出すのが先日ラクマチで書かれてたこの記事。。。
「自己破産者100人超か、フラット35「なんちゃって」の闇」

投資用マンションを実需用マンションだと偽ってフラット35の融資を申し込み低い金利で投資物件を買う「なんちゃってローン」なんてのは10年以上前から代々伝わる伝統芸能ですので何を今さらって気もしますがこの「なんちゃって」は自宅(その買ったマンションです)に送付する金融機関からの転送不要のお手紙を無事に受け取ることで「めくられない」と言う過信がありました。(「なになに?この「めくられる」って?」、、と言う方、、このくらいは不動産基礎用語ですので早速ググってください)

転送不要の郵便ですのでそこに所有者が住まずに賃貸なんかに出してると受け取る人がいなくなってしまいそこで「なんだよ、、住宅ローンで貸したのに違う人間に貸して家賃貰ってんじゃん」と投資目的がバレてしまい(これをめくられると言います)融資の約定違反で強制的に繰り上げ返済となり売ろうにも実際のマーケット価格の2倍くらいで買ってますので売却して一括返済したところで残債が残ってしまい自己破産に追いやられるというケースに陥ってしまうわけです。

ちょっと前であればこの転送用郵便を受け取る別ポスト(大抵の場合は賃借人のネームプレートに小さく持ち主の苗字を入れて置きそれもポストに投函されて管理やってる売った会社の管理会社が回収するなんて方法でめくられを防止してました)で凌いだり、融資担当者が黙認する(ま、返済が滞っているわけじゃねーし、みんなやってることだし、これが無かったら融資残高伸ばせねーし)ことでやりたい放題出来てたわけで「このパンドラの箱を開けたらどうなるか?」なんて話はこのブログの古い過去ログを漁ればあちこちに登場する話でもあります。(「この箱開けたらエライことになるから絶対開けないよね」って言われていた都市伝説みたいなものですw)

そのパンドラの箱を開けてしまったわけですから機構としても国民の血税集めて貸した金だけに見過ごすわけにもいかず自己保身的な意味合いでも「契約違反なので残債の一括返済ですね」って言うしかありません。(間違っても返済が滞っているわけじゃねーし、みんなやってることだし、これが無かったら融資残高伸ばせねーしと開き直るわけには参りませんw)

また最近めくれちゃった案件では二重売契以外に無茶なリフォームローンまで組ませたりワタクシの及び知らないサブリーススキーム(ラクマチ読みましたがここまでボッタくるスキームは知りませんでしたw)でワタクシが知る時代のなんちゃってスキームもかなり凶暴化を遂げております。(そう思うとワタクシの知ってる時代のなんちゃってスキームってあれでも激甘設定だったんですねwww)

さて、本題に戻ります。。
昔ワタクシのブログを読んで「新築区分を掴まされて困ってます」って相談がひっきりなしに入ってましたが、あの時ワタクシは別のスキームを考えてなんとな売り抜けられないかを模索してました。

ただ、思ったようにその物件を欲しがる地主さん現れず(地主の近所の物件なので欲しがらねーかなと思ったのですが「一部屋じゃなく建物一棟丸ごとでなら買うけどなー」って地主が多すぎて不発に終わってしまいました)この計画は現在お蔵入りしておりますがあの当時のまま物件を保有し続けてる人って現在どのくらいいらっしゃるんでしょうか?

実は現在、様々な事情でこの「ワタクシの知ってる時代のなんちゃってスキーム時代」の物件であれば絶賛確変モード中で少なくとも買った時の値段以上で売れるケースが続出しております。

そこでそんな物件かどうかの条件を書いてしまうと各方面に迷惑も掛かるので詳細な条件は書けませんが
①物件が都内近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉)
②築20年くらいまで(ま、それ以上の高齢物件は中古で買ってるはずなので除外)

の条件を満たしてる物件を持てって「持ってても儲からないから売れないかな」と思ってる方がいましたらこのコメント欄かメールでご一報ください。(細かい条件がありますが築20年くらいまでの分譲区分物件であれば大抵条件を満たしてるんじゃないかと思います)

その際に、物件名称だけ入れてくれたら条件に当てはまってるか否かをお返事します。(なので連絡先も書いておいてください)

と言ってもこの話、、
すでにあちこちの業者さんがDMや訪問等で「貴方のマンション高く売れますよ」なんて自宅まで来てるんじゃないかと思います。(あれは買った客リストや一棟丸ごと謄本あげて住所を調べて飛んでくるものです)

いつまで続くかわからないチャンスタイムな話なのでどこの業者さんも必死にブツ上げしてるはずなのでその提示額とワタクシが見た査定がどのくらい開きがあるか?なんてのが知りたい人がいるようでしたらご一報ください。(2000~3000レベルでも300~500くらい違うのはすでに確認しております)

ただあれです、、
このブログの読者層がホントにガラッと変わってしまってるようなので対象になりそうな人ってもうこのブログ読んでないんだろうなー。。。(今日のブログネタがちょっと思わせぶりでボカした書き方になってるのは対象者がまったくいないのにブログで吠えて企画倒れになるのが嫌だって部分によるものですw)



正直、俺様の名前を知らないなんてモグリも同然なんじゃんw

プロかどうかの見極め方


朝から爆音でスレイヤー聴いてますw

こんにちは。

ここ数日、連続更新なこのブログですが、Twitter経由がやたら増えて来た模様です。

きっとどなたかフォロワーの多い方がいいねしてくれたおかげで拡散されているんじゃないかと思いますが、そんな数日の更新でどうやったら読んで貰えるかがわかってきました。(えぇ、、ちゃんとブログの中身がわかるようなブログタイトルにすれば読んで貰えるんですねw)

と言うことで今日もブログの中身がわかるようにタイトルをこんな感じにしてみましたが、今日のお話は、「プロかどうかの見極め方」。。。

不動産の世界ってびしっとしたスーツ着て宅建証と白い歯を見せて笑顔で小難しい不動産横文字用語をしゃべってるとなんとなくプロっぽく見えるものですが長時間話してるうちに「んんん?この人どこまで不動産のこと理解してるんだろう?」と不安になることありませんか?(何度も書きますが「宅建証持ってるからプロ」だなんて思ったらそれこそ養分まっしぐらですよw)

しかし、困ったことにそれがわかるのっては話がかなり先に進んだかなりあとだったりします。(例えるなら買付け入れて契約段階になってその契約書のダメダメぶりに気が付くとか、無料コンサルから課金されて有料コンサルになってから気付くとか・・・・w)

ただ業者さんとのやり取りであればその担当君がダメダメでも上席などが登場してうまく仕切ってくれたりするので実害は少ないのですが、不動産コンサルさんや不動産について詳しいと言うわりにそうでもない投資家さんあたりで金取ってる人が相手だと場合によっては払い損になるだけでなく微妙に間違った知識を与えられ成功への道のりが余計に時間が掛かったりしちゃいます。(昨日の話じゃないですが中古区分投資一つとっても変な知恵付けられるとそれはそれはかなりの遠回りを強いられるものですw)

と、そんなおり、「その手のコンサルさんってどこで見分けるの?」とご相談があったのでそんなのも含めてブログネタで書いてしまいますが、まず最初に「初心者にしか教えることが出来ない人」というのを挙げておきます。

ワタクシも昔からいろんなセミナーをやってきましたが一番簡単なのは初心者向けの「ひよこセミナー」です。レジュメ作るのもそんなに時間も掛からないので頻繁に開催出来なくもないですがウチの場合初心者じゃない人まで初心者のふりして紛れて来ちゃうのでひよこセミナーと言いつつ結局難易度をあげる羽目になってますがw

不動産の初歩の話ってほんの入り口の話を薄く話せば「あ、この人の話ってわかりやすい(そりゃそうですよ、わかる話しかしないんだからww)」と勘違いして貰えるので正直それほどの深い知識も不要でちょっと不動産売買をかじった程度の人であっても実際に売買取引の現場の一度でも見ておけばこれは誰でも出来ちゃいます。(初歩的なこと書いてある本も今ではたくさん出版されてますからそれ10冊くらい読んだだけでも薄い知識ながらそれなりに喋れる程度の知識は身に付きます)

また初心者系のセミナーなどに集まる人は基本的に初歩的なネタじゃないとなかなか理解してもらえません。(初心者セミナーでいきなり一種単価がどうのとかレンタブル比がどうのなんて説明しても居眠りされるのがオチです)

そこを狙って集客し、物件によってガチャガチャ動いてしまう根拠のない分母で計算した30年先までの収支表を示してさもプロっぽく振舞えば初心者の人から見たら立派なセミナー講師にも見えてしまいます。(蛇足ですが世の不動産投資本で初心者に的を絞った本が8割占めてるのも恐らくはそのせいじゃないかと思います)

そんな「初心者にしか教えることが出来ない人」ってのは傾向としてご自身の人脈や経歴をを猛アピールする傾向があるようです。(ここでも注意ですが〇〇大を首席で卒業後、大手上場会社で〇年連続トップの成績とか〇〇銀行で〇〇〇億円扱った経歴なんて猛アピールする人、、普通に考えてこんなとこでチマチマと不動産セミナーなんてやってませんw

よくセミナーの冒頭で自己紹介に30分も費やす人なんかがそうなのですが、正直、そんなのドヤ顔で話す時間がもったいないから早く本編始めろよと言いたくなっちゃいます。(ひどい人になると90分のセミナーで自己紹介30分、本編30分、残りの30分で自分の塾の勧誘なんてパターンもあるそうです)

で、彼らは大抵の場合「業者開催のセミナーはクソ」とおっしゃいます。

業者が無料で開催するわけですから参加者に対し何かしらの対価を求めてやってるわけで<strong>「そんなのノコノコ行ったらかぼちゃ事件みたいに嵌めこまれますよ」と言いたくなるのもわかりますが、仮にも業者さんは不動産取引には長けているので使い方次第では立派な戦力になることも多いです。(ま、これには無用な勧誘話には乗らない・断れるって条件が付きますがw)

ただ初心者のうちにノコノコで行ってしまえば知らず知らずのうちに嵌めこまれるのでこの手のセミナーに行くのでしたら「担当者の名刺を奪って後日自分だけにいい物件を出して貰おう」的な使い方がいいかと思います。(現にウチの団員でも業者セミナーに初心者のふりしてノコノコ出掛けてその会社のお偉いさんの名刺をゲットして後日美味しい物件を売って貰ったりしてるそうです)

と、この作戦、、
注意して欲しいことがあります。

この手の無料セミナー直後は問い合わせして来た受講者を「見込み客」として見る傾向が高くすぐにコンタクト取ると「ほーら、、さっそくカモが引っ掛かったぞーwww」と思われがちなんです。

また、不動産屋さんの社員さんは営業的な数字が上がらなければ長期間その会社には居られません。
そこで数か月くらいその名刺を寝かせておきその社員の名刺に電話して居残っていれば「営業的数字をクリアした人(要するに戦力認定されていてブツ上げくらい出来てる人)」と認定出来、もしかしたら数か月でエライ地位になってるかもしれません。

そんなところに「昔、御社のセミナーに行ったんですけど、、なんかいい物件ないですかねー?」と聞き融資属性だけは高いぞ(うそでもいいです、、うそでもww)とアピールすると「ここだけの話ですけどね」なんて物件が30回に1回くらいの割合でゲットできたりします。

「え?融資属性なんて全然高くないからそんなのすぐバレちゃうじゃんw」
と思う人も多いですから先に教えておきますがこういう時のために「魔法の言葉」がございます。

【魔法の言葉】
「いやー、、参っちゃったよ。。先月買付け入れた〇〇万円の物件、、せっかく融資通ったのに現金買いの業者に横取りされちゃったんだけどなんかいい物件無い?」

これを聞いただけで業者さんは
①こんな時期でも融資が引ける客
②気に入った物件があれば即決しそうな客
③こんな時期に物件買おうとするくらいだから代替え物件出したらすぐ飛びつく客
④買える物件の融資の枠が〇〇万円の客

なんて風に感じ取ります。(えぇ、、「俺様は融資属性高いぞ」なんて一言もアピールすることなく、、、です)

だからと言って明日からここ読んでる人が一斉にこのウソをついてしまうと業者さんも「なんか最近融資属性のいい人ばっかりうちに来るけどなんで?」と勘違いしちゃうのでちょっと寝かせて置いて欲しい作戦ではございますが、、発想を変えると無料セミナーをやってるクソ業者さんもこんな風に自分の味方にできるってことをご理解ください。ちなみに融資属性なんてのは物件ごとに変わってしまうので融資が付かなくても「あれ?おかしいなー、、先月は大丈夫だったのに(もしかして融資方針でも変わったのかな?)」で充分逃げられますw

結局のところ、業者さんは融資が付く客であれば儲かる儲からないは関係なくいろいろな物件を紹介して来てくれますのであとは物件一つ一つの目利きさえ出来ればいい物件が買えてしまうというわけですね。(的中率は不動産なので1000に一つですが、やらなければ一つもありませんから試してみる価値はあるんじゃないかと。。。w)

それともう一つ、意外に役に立ちそうな魔法の言葉がございます。

【魔法の言葉その2】
「〇〇をするにあたって注意する点って何がありますか?」

実はこの言葉、、、ものすごく漠然とした質問なのですが、、
返って来る答えでその人の不動産スキルとセンスが丸見えになってしまう言葉でもあります。

で、この質問をして「質問が漠然としてて答えようがない」とか「まー、、いろいろありますけどね」と逃げを打つとか「ネット見たら誰でも答えされそうな通りいっぺんの答え」しか返って来なければ持ってる不動産スキルが低いか、まともに相手する気が無いか(客として見てない)、あたりに該当し、不動産について相談する相手としては正直、付き合ってて良いことは無いかと思います。

逆にこの質問されて「いろんなシチュエーションがあるから、今、取巻いてる細かい状況を先に教えて」と細かく聞き返してどの条件に当て嵌まりさらに聞いたことも無いような斬新な答えが返ってくれば恐らくは過去に様々な修羅場をくぐり抜けて来ていてうまく対処できたから今も不動産屋として君臨してる可能性が高く、またこっちのことをちゃんと理解しようとする気とお客さんとして親身になってくれている証拠でもあります。(先日のセミナーで、「この世に信頼出来る業者なんかいないぞ」と話しましたがごくごく稀にこんな人がいますので見つけたらどうぞ末永く大事にしてあげてくださいw)

但し、業者の人からするとこうやって相手してる時間も売上上げて会社に貢献し続けないといけない立場ですし、相手にとって時々でも利がある話をしないと高スキルな人でもそのうち相手にしてくれなくなるので用法にはくれぐれもご注意ください。(使い方としては一人に一回ぶつけてスキルを確かめる的な用法でお願いしますw)




なんか今日は吐かなくてもいい毒まで吐いちゃった気がするんじゃんw

ポエマーな話。。。。


次のセミナー用にwebカメラとミキサー探してるんですが、どこにも売ってませんw

こんにちは。

普段は2000~3000アクセス程度のこのブログ、、、
何がウケたのかわかりませんけどTwitterでもちょっと爆裂しました。。(ブログネタでインプレッション5万って今まで経験したことがございませんw)

ってことはあれでしょうか。。
最近このブログ読んでる人の大半はTwitterから流れて来た人達なんでしょうか?

そんな流れであれば今日はTwitter見てる人が好きそうなネタを書いてみます。

さて、
不動産投資って10年くらいのスパンで流れが変わるというのは以前にも書きましたが、言うまでもなく今は完全に引き潮状態でございます。。(えぇ、、あの融資ジャブジャブ状態の宴はもうこの世界にはありません)

融資が渋くなれば物件買える人も少なくなるので当然と言えば当然なのですが、10年前と今の最大の違いは10年前と今ではネット上に氾濫する不動産投資情報の量が圧倒的に違う点です。

昨日も書きましたが、10年くらい前に出版されていた不動産投資の指南本はまだ今ほど毒されていなかったですし、当時カリスマ大家と言われた人も試行錯誤しながら本を出版していたのでわりと実戦的なものが多かった記憶があります。

それがいつからか自費に近い形で本を出版することで箔付けし、メンターだの先生だのと呼ばれる人がネットに顔出しするようになり、あちこちの不動産イベントの客寄せパンダと化し、そこで集客された素人投資家がことごとく嵌めこまれていきました。

内容的にきちんと作り込まれてる書籍も多々ありましたが、出版して箔付けしようって人の本はどこかでコピペしたネタだんだろうなーって内容の薄さなのでいくら情報量が多くても最後に盛り込まれた「ここから先の話は有料です」という文言に乗せられて結局、その大家塾なり大家の会なり不動産会社なりの養分へと変化します。

これは不動産投資業界にネットビジネスを持ち込んだ人がいたからでそのビジネスに活路を見出そうとした人たち(借金苦の人生で一発逆転狙うやつ)の存在が大きくウエイトを占めてます。

ただ悲しいことにこれらのネットビジネスはどこでどう儲けるのか理解してる人が少ないからなのかほとんどが猿マネ方式で一番酷かった頃のカウントダウンタイマーであと23時間58分342秒って表示されてた頃はいつものクッソ長いランディングページを見るたびに吐きそうになる人も多かったと思います。(あれはそうやって情弱者を煽り早期に入会させるベタな手法なのですがその網に引っ掛かる人じゃないと課金出来ないのでそのフィルター代わりだったそうです)

やがて短い動画で断片的に説明する方式(たしかプロダクトローンチって言うんじゃなかったかと)が大流行りしてこれも皆さんが猿マネするようになり届くスパムメールが全部動画式になったりしました。(この薄い内容の動画がまた30分とか60分とかクソ長いので視聴する気にもなりませんでしたが)

ワタクシ思うにこれが今のyoutubeでアクセス稼いで広告費をゲットする方式に流れていったんじゃないかと思うのですが、そう考えるとここ10年で「ブログからメルマガというパターン」から「オンラインサロンで集客して動画流しエセっぽいノウハウ売って小銭を稼ぐ」という流れも時代の流れなんじゃないかと思います。

ただ、その集客には謎めいたポエム(これもマインドセットの一種ですよねw)を唱える人がやたら多くそんなことが書いてあるTwitterのTLを見てると皆さん「つい最近まではホームレスかうつ病で収入がまったく無くなって一念発起した今が一番幸せだ(そして決まってウェイ系パーティー画像かブランドものを身に纏った画像がトップページになります)」と言います。

そう思うとやっぱりワタクシも「一度ホームレスにならないとお金持ちにはなれないんじゃないか?」と錯覚してしまいますが年齢的に今からホームレスになる勇気もありません。。(なったら二度と浮上できない予感マシマシです)

と、そういうバカフィルターを駆使して濾した情弱者が集まるような動画に登場して自信たっぷりに話しつつも一瞬だけ見せるさも自信なさそうな目を見ると「ここに行く着くまでにどれだけ無駄に養分になったんだろう(商材買うのに使ったサラ金の借金もそろそろ限度額いっぱいなんだろうな)」と思うのですが、それを見てTLで叩く人を彼らはすべてアンチと称し「アンチはノイズなので即ブロック」という態度を取ります。

ノウハウを教えた彼らの親玉からは「アンチは金生まないし相手するだけ時間の無駄だから相手するな」と言われているんだろうなと思いますが、これは10年以上前から存在するとある投資塾のモットーでもある「100人に1人は情報弱者で金を払うのはこの人だけなのでそれ以外は相手にするな」という教えがしっかり根付いているんじゃないかと思います。(えぇ、、これらのビジネスは集めたリストの情報弱者を何度でも嵌めるビジネスですからw)

不動産投資の世界でもここ10年で登場したこれらの人の影響で情報量が格段に増えていったのですが、不動産投資なんて結局、儲かりそうな物件を見つけて融資受けて物件を買い、その物件の部屋埋めて家賃を稼ぎ、最後に売ってキャピタル得るって流れでしか無いので基本的なことさえきっちり理解出来てればそうそう失敗することはありません。

しかし昨日も書いたように不動産投資を出来る属性の人は最初の時点で手金を持ってるので初心者のうちに先生ヅラして近づき、うまいこと言って小銭をまきあげようと考えたらわりと簡単に出来ちゃうのも事実。。

そんな釣り堀みたいな環境が構築されてるのを見て「この話をありのままにブログで書いたら痛快だろうなー」と思いワタクシこうやって10年も前からブログを書いてるわけですが、おかげさまでこのブログを日頃から読んでる人であれば「人を見たら泥棒と思う属性」に進化しているし、間違っても「信頼出来る業者さんやコンサルを探そう」なんて思う人はいないはずです。(何度も言いますが信頼出来るコンサルを探すのではなく自分が信頼されるようになれば美味しい話は勝手に向こうからやってくるものです)

また、最近やたらブームなのか数年前にも一時流行ってた「子宮系」なるスピリチュアルな人がTwitter界隈を賑わしております。(安倍総理の奥さんの登場で最近また脚光を浴び始めちゃってますw)

何をどう考えたらこの手の人を信用しちゃうのか思考回路すら理解出来ませんが昨今のコロナ禍に乗じて「これは宇宙から届く悪い波動のせいなのでそれを防ぐグッズを持ってれば安心です」なんて布教活動してわけのわからない教祖様の安普請なグッズを高値で販売してるのと見ると情報弱者ってのはいつまで掘っても無くならない無限の資源なんだなーと思います。

とは言え、こんなビジネスを不動産投資業界に持ち込まれて不動産投資を通じて利益を得ようとしてる人の邪魔をして欲しくないので日々こうやってブログを書いて注意喚起してきたわけですが、これはワタクシの心の根底に「真面目にやってる人がバカを見ない」というブログ開設当初からの意地がございます。

「って、オマエ、そう言いつつもいつも人を騙す不動産屋なのに何言ってんだよwww」
と思われがちですが、ワタクシ、人様を幸せにするウソこそつきますが、人様を不幸にするウソは今まで付いたことがございません。(だから全然儲からない不動産屋になっちゃったんですがw)

これはブログ開設当初から一度もブレたことが無いのでこれからもブレることは無いでしょう。。(えぇ、、そこがブレたらワタクシの言ってたことは全部ウソになっちゃうので今さらそんなこと出来ませんwww)


ただあれです。
このウソの話はあくまでもブログ開設してからの話ですので「じゃ、ブログ書く前はどうったのか?」と聞かれるとちょっと自信はございません。。。。(そこを突っつくのって野暮ってもんですよw)


と、なんとも締まりの無いオチで終わってしまいましたが、とりあえず今日は「Twitterで妙なポエム書くやつは信用に値しない」と覚えていただいてブログ終了です。。。



「本気でビジネスを成功したい人」って逆に本気じゃないやつなんているのかよって思うんじゃんw

月末を迎え撃てw


ブログよりここの前落ち考えるほうが苦痛になりつつありますw

こんにちは。

まずは先日のセミナー募集の件、、。
昨日の夕方に当選された方に一斉に当選メールをお送りしましたのでご確認ください。
※FC2ドメインの関係で迷惑メールと勘違いされて迷惑メールホルダーに格納されてる方も多いかと思いますのでそちらを重点的にご確認くださいw

あと一部、申し込みいただいた後に急用が出来て申し込みキャンセル方にも(2名ほどいらっしゃいます)当選メールを送ってしまいましたがこちらで申し込みキャンセルにしておきましたのでご安心ください。

さて、本日は4月最後の金曜日。(もはや巷ではプレミアムフライデーすら死語でございます)
明日が25日なので世の中の大半の人が本日給料日ではないかと思いますが、
今月くらいからボチボチいつも貰う給料より減額されたお給料を受け取る人が多いんじゃないかと思われます。

賃貸物件に居住している人でそれなりの社会保障を受けてない人だとこのケースに該当する人が多いんじゃないかと思いますが、そんな人が家賃の支払いに窮し滞納を始めるのも今月くらいからではないかとも思います。

事前にその旨を大家さんに報告してくるタイプの人であればいいのですが「無いものは払えん」と開き直り大家側が提案した市町村への「家賃補助申請」すら手続きの煩雑さから「もうどうでもいいや」とさらに開き直る居住者も確率的には相当数になると予測されますので大家側からしたらここの対処一つで慢性的な滞納者に化けさせるか留めることが出来るかが決まるんじゃないかと思います。

先日も書きましたが外食産業では盛んにロビー活動を展開し「大家に対しての家賃減額正当化」で世論を動かそうとしております。(昨日更新された記事を読んだら減額交渉に応じない大家には罰則も、、なんて言い出しておりますw)

このロビー活動では基本的に大家側は「今回のコロナ家賃補助禍で一番被害が少ない金持ち層」と見られていて日本の借地借家法をよく理解してない一般人の人は「フランスやアメリカでは家賃のボイコットしてるんだから日本でやって何が悪い」と言い出しておりますので騒動が大きくなると手が付けられなくなる可能性も予想されます。

今の日本はもはや平時ではないのでこんな些細な話がマスコミやネットを通じてデカくなって変なムーブメントになり「大家はズルい」なんて話にもなりかねませんからここは大家側もきっちり防衛線を張っておかないといけないんじゃないかと思っております。

さて、そんな賃借人から実際に「家賃の減額交渉の話が飛んできたけどどうしたらいいですか?」とワタクシのところにも連日相談メールが飛んでくるようになりました。

基本的には先日も書いた「家賃補助の申請」を積極的に発信して賃借人さんに行動して貰う、、、が一番ではないかと思いますが、これだけだと「大家側は無傷で済むじゃないか」と思われかねません。(えぇ、、彼らも恐らくはこの大家は金満地主で身銭は切らずに済まそうと思ってると思いますし意外にサラリーマン大家さんが自らの属性を削って土地建物の融資受けてひーひー言いながら物件を買ってる思ってる人は少ないものです)

そこで「私も銀行に返済があるし、家賃貰っても修繕費や税金などの諸経費も掛かるので家賃の減額は苦しいんです(涙)」と付け加えたりして賃借人に対して理解を求めてもらう人も多いんじゃんないかと思います。

それでも普段物件に行くときになにやら真新しい高級車に乗って現地の草むしりや清掃なんかやってるところを目撃されてたりしようものなら「大家は苦しい金が無いとか言ってたけど、、あれ嘘だな」と決めつけられ反目されちゃう可能性も否定できません。

そこで最近わかったことを書きますが、
家賃保証会社経由で賃貸契約を締結してる場合に出来そうな話で「家賃保証会社との契約内容で家賃減額請求を拒否できる」という話を聞きかじりました。

なんでも家賃保証会社経由の賃貸契約を締結してると賃借人と大家が直接交渉して家賃減額なんて勝手に決めたらその家賃保証契約が打ち切られるって約定になってるそうでこれをうまく賃借人に伝えることが出来たら「大家としては減額交渉に応じてもいいんだけど保証会社がOK出してくれないのでこっちもなんともしようがない」他人のせいにして減額交渉を拒否れるんじゃないかと。。。(と、書いてみたものの、、当方の賃貸物件、、ほとんど保証会社使って契約してないのでウラはまったく取れてませんw)

他人からの無茶なお願いを断る口実で一番有効なのは「俺は構わないんだけど〇〇がダメって言ってるので無理」なんじゃないかと思うワタクシですが、、、(えぇ、、「確かに決定権者は俺だけど、、実際の決定権者は俺じゃないので、、、ごめんね」って口実は最上級なお断り常套句な気がしますw)

ってなこと言うと中にはその家賃保証会社の契約書を読み「そんなことどこにも書いてねーじゃねーかよ!!」と文句を言ってくる人も一定数いるんじゃないかと思います。

その時はあれです。。
「コロナ禍のせいで家賃保証会社さんが急に方向転換したみたいで、、だから契約書にも書いてないんじゃない?」としらばっくれてもいいし、家賃保証会社をダシに使いたくなければ「銀行が返済元本に穴が開くからダメって言ってる(意味不明ですが、ま、ものは言いようですw)」でもいいんじゃないかと思います。(いつも言ってることですがウラの取れない嘘は時として事実になりますw)

この話、実は次回のセミナーでだけしゃべろうと思ってましたが、
今回のセミナーで200人くらいお断りしちゃったし(無観客セミナーの定員は500なのでそれ以上はホント無理なんです)今週話しておかないと間に合わない人も出てくるんじゃないかと思いあえてブログにも書いてみました。(このネタはセミナー時より今月末を迎え撃つときに一番使えそうなネタな気がするんですw)

「なんて書いてるけど狼の言ってることって大袈裟だよね」
と思う人も多いかと思いますが、ワタクシはこのコロナ禍はまだまだずっと続くと思っています。(ワクチン出来るまでこの厳戒態勢は続くはずですし、警戒を緩めたらまた第二波が襲ってくるのがこの無茶苦茶感染力の高いウイルスでございます)

今月はなんともなくとも遅かれ早かれ世の大家さんにこの災いは必ず飛んで来ると思いますので先手先手で対応していただけると幸いです。(口酸っぱくなるほど言い続けてきた保有耐性が試されるのも今ではないかと。。。)

今日は短めな更新となりますが、
週末から本格的な戒厳令みたいな状態になりますので心に余裕をもってお過ごしください。。(ワタクシもようやく平熱に戻り食欲も平時に戻りましたw)


履けないズボンが増えてきたんじゃんw

二番底の話。。。


不自由な生活に慣れてきた自分が怖いですw

こんにちは。

二月の中旬くらいに発熱し「もしかしてワタクシもコロナ貰っちゃいました?」と思ったら単なる風邪だったワタクシですが、
昨日のお昼くらいにまたもや発熱し、現在自宅で自主隔離の生活を送っております。。。

ただ昨日から測り続けてる体温は37.2度からは上がらず心配になって駆け込んだ馴染みのお医者さんいわく、
「コロナだときっちり37.5度を超えるから、ま、これもいつもの風邪でしょうね(肺もゼロゼロいってないし)」とのこと。(今回はちょっとだけビビりましたw)

と言っても時期的に今どきの発熱はコロナと疑われても文句言えないので熱が下がるまでは念のため自宅に籠ってるよう言い渡され今週いっぱいは家でおとなしく静養しようと思ってます。

そんな病院ですが、今発熱して外来に行くとほぼもれなく発熱外来みたいな別ルートで部屋に通され完全防備のお医者様がお相手してくれます。(イメージ的にはAmazonの過剰包装された荷物みたいなお医者さんがお出迎えってイメージです)

また診察料も重装備での診察ゆえいつもの倍以上、
診てくれる先生の緊張感も半端なく「発熱=コロナ」というスタンスで診察されるのですごくピリピリしております。(ちなみにこの病院からも数人陽性患者が出てるそうなw)

そんな先生から「狼さんは夜の欲望渦巻くところには出入りしてるんですか?」と聞かれましたがどうも都心の成人男性(主に30代~50代)のコロナ陽性患者の大半はここでの感染だそうで「感染経路不明なんて言ってるやつ多いけど突き詰めて聞くと皆さんそこで喰らってるんですよw」と笑っておっしゃってましたw(「ははは、、ワタクシには縁のないとこですからw」と否定した瞬間からあの独特なピリピリ感もなくなったので結構マジな話じゃねーかとw)

1シーズンで2度も発熱しちゃう運の悪さもあれですがまさかワタクシも一度で済むものが二度喰らうなんてほんと発熱二番底状態でございます。。

そんな二番底と言えば、昨晩、WTIの原油の先物が史上初めてマイナス表示されましたwww

要するに「この原油を買うと1バレルあたり40ドル貰える(瞬間的ですが昨日はマイナス40ドルなんでとこまで行きましたから)」というなにやら昔あったドラえもんの話みたいな状態なのですが、


プラモデルを買うと店主からお金を受け取らなければいけないってやつですw

何十年も1バレルあたり50ドル前後で取引されてたものが20ドルを下回ったあたりで「いくらなんでもここまで下げたらさすがに下げ止まるだろう」と思ってロング張ってた人からすると思わぬ二番底だったわけでございます。(まさかホントに買ったらお金がもらえるなんて展開はありえないと思ってましたからww)

この大暴落劇ですが、
実際の話は昨日が決済期限だった先物の原油をファンド勢が一斉に投げ売りしちゃったもんだからマイナス圏に振れてしまったというお話でございますが、そもそもの原因は世界的に原油の需要が大幅減して取引所のタンク(オクラホマ州のクッシングって町らしいです)がパンパンになってしまいこれ以上補完するところがなければ買ってしまった人は高コスト保管な洋上保管になってしまい大赤字になることから昨日の決済期限ギリギリで大慌てで投げ売りしちゃったとのことです。(この知識、ツイッターで今朝調べた完全付け焼刃でございますw

来月分の先物原油はまだ時間もあるのでここまで下がることはなく「原油が水より安く買える」とか「タダで貰える」ってわけでもないので(とは言えガソリン代は先々も安くなるとは思いますけどね)ぬか喜びしちゃいけませんが、世界中の経済活動が止まるとこんなことまで起こるわけですから国から10万円+マスク2枚貰ってるくらいじゃ先々とても心配でございます。(これ以上は保証も期待できそうも無いし)

えぇ、、そう考えると不動産投資の世界でも例の「家賃減額問題」や「家賃保証会社クライシス」以外に想定もしてない二番底があるんじゃないかと。。。(言ってるそばから保証会社1社飛んじゃったしもっとドえらいことが起こるんじゃねって気がします)

さて、そんなツイッターを見てたら(ワタクシクラスになると37度の熱があってもツイッターだけはマメにチェックしてるんです)三井トラスト様が新規の融資をストップしたらしいという情報が不動産クラスタ界隈で錯綜しておりました。

ただストップの理由は「内部行員のコロナからの保護」が目的だそうで融資がストップする時期も限定的ではないかと言われております。(同様にオリックスもそういう動きを見せてます)

どのみち今のタイミングで融資付けに動くのは感染リスクを考えると得策でもないし金融機関の中の人も「何もこんな時期に申し込んでくるなよ」って思ってると思うのであまり無理はしない方がいいのかな、、と思います。(今の時期にそんないい物件が出回ってるわけでもないですから)

と言ってもこのコロナ騒動、、
5月6日に一度警戒宣言の期限を迎えますが誰がどう考えても再延長でしょう。。
またいつかは元の状態に戻すでしょうけどワクチンが無い以上、戻すに戻せない→結局1年以上こんな不自由な生活が続くという図式なのでやっぱり手元資金は分厚くしておかないとダメだと思います。(ということで団員各位におかれましては無駄遣いしないようにw)

と、とりとめのない話をズラズラち書きましたが(ここまではブログの文字数稼ぎみたいなもんですw)
明日のブログ更新時に5月の無観客セミナーの申し込みを開始します。

すでに今日の昼間に先行して前回ご参加いただき後払いの振り込みをしてくれた方に先行募集のメールをお送りしましたが、明日の受付はその優先募集で余った枠となる予定です。(ZOOMは500人が限界なのでその枠内でやりくりさせていだきます)

どのくらい先行募集で申し込みが来るかわかりませんのでご希望の方は出来るだけお早めにお申込みいただければ幸いです。

なお、ワタクシ、現在も37度越えの発熱でございますが、
セミナーはオンラインですので感染することはございませんw(なので安心してお申し込みくださいw)

また万が一、ワタクシの発熱が収まらず当日のセミナーが中止になっても今回も前回同様「後払い制」なのでそっちも心配ご無用でございます。。

ということでご参加希望の方、明日までお待ちください。。。


「二番底」って言葉を使いたいがために前半のネタを無理やりこじつけたんじゃんw