プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム

不動産ブローカーの登竜門。。。


昨日からコメント欄とかメールで「このネタ書いて」とお願いされたので本日は急遽ネタを差し替えます。。。

こんにちは。

昨日の積水さんのIRでデカデカと表沙汰になった「63億地面師事件」。。。(金額が金額なのでしばらく不動産業界はこの話題でもちきりでしょう)

実はこの事件の舞台になった本物件、、ウチの会社から一番近い「有名物件」で、
この物件をいじって騙されて一人前の不動産ブローカーになる登竜門的物件でございますw。。。(この物件の資料見せられて「あ、あれいじってもお金になんないよw」とドヤ顔で言えて一人前の不動産ブローカーですw)


そんな現場を先ほど通り掛かったら早速テレビクルーがいましたw


看板もそのまま付いてます


ここが入り口です


ワタクシも本物件は馴染みの不動産ブローカーさんから「この土地、持ち主のEさんが旅館廃業するから売りに出るんだよ」と何度も聞かされて育ったクチですので「この物件を得意げに他人に話すとバカにされる」と言うことを本能的に悟り、以降この物件はずっとスルーしてましたが、今年の6月くらいに「どうもあの物件、、積水が買ったらしい」と噂話を耳にしたときは「あー、、やっぱりドアをノックし続けるといつかは扉も開くもんなんだなーww」と感慨深く思ったものです。(やっぱ何事も諦めたらゲームセットなんですねwww)

しかしその話が段々とキナ臭い話になってきたのはどこかのアングラ情報誌で「なんか積水が手付を騙し取られたっぽいぞ」と書いてた7月の上旬。。(さっきその記事読んだら6月くらいから囁かれてたみたいですけどw)

結局昨日の積水のIRで被害額が売買代金の90%の63億だと言うことがわかり大騒ぎになったわけですが、はやりこの事件の最大の原因は「売り主一人」・抵当権が真っ白」と言う点でしょう。。

この売り主1人と言うのは「この一人が売ると言えば売買は成立する」ことを意味しているのでちょっと頭のいい人なら「じゃ、その一人をでっち上げちゃえば簡単に地面師詐欺が出来るじゃん」と思うもの。。

売値70億で手付10%と仮定すれば契約時に7億のお金がGET出来ちゃいますから多少の費用を掛けてニセモノ所有者一人をバイトで雇い、偽造印鑑証明と偽造パスポートくらい作っても充分お釣りがくるはずです。(しかも売り主は老婆と言う設定なので多少わけの分かんないことを口走ってもなかなかバレないしw)

ただあれです。
ワタクシもよくわからないのですが、上場企業ともあろう会社がなぜ決済前に代金の90%まで支払ってしまったんでしょう?

これは想像ですが、
今回の取引は売り主側主導で「こっちの条件飲まなきゃ売らないよ」と迫ってたんじゃないでしょうか。。(契約時に仮登記までやるから90%支払って決済時に留保してた10%を払う、、、みたいな)

買う側である積水さんはここに最近始めた高級レジデンスを建てて他の同業者に「俺らだってやる時はやるんだよ」と存在感を示したかったのは容易に想像出来ます。

そんな「どうしても買わなきゃいけない」って局面で売り主から「こっちの条件を飲め」と言われたら、、、うーん、、もしかしたらワタクシも「エイヤッ!」って行っちゃってるかもしれません。。(ちなみに去年始めたシェアはこんなノリで買ってしまいましたw

積水さんも不慮の事態に備えて弁護士、司法書士を同席させて万全の態勢で臨んだようですが、結局、仮登記までしておきながら法務局に「この取引、、怪しいですよ」と却下されその後、、まさかの相続登記が入りジ・エンド。。(まさかあの頑固ばーさんに弟がいるなんて思ってませんでしたよww

これから刑事事件化してすでに海外に逃亡してしまった犯人を追っかけたりすることになるんでしょうけどこの手の詐欺師はすでにそのお金をどこかに隠し万一捕まっても懲役刑後にその隠し金で一生のんびり過ごす気でいるでしょうから全額戻るとも思えません。。(最終的には損金で処理するんじゃないかと思います)

ただ可哀そうなのはこの取引実務に関わった積水の用地買収の担当さん。。。

上司から「高級マンション建てられるようなマンション用地を草の根分けてでも探して来い」とか言われて野に放たれてこの話に乗っかってしまったんじゃないかと思うのですが、あちこち業者を回ってるうちにこの手の輩に捕まってしまい話を聞いてるうちに「これってホントの話なんじゃねーの?」と思ってしまったんじゃないかと思います。

ただ厳しい言い方をしますがこれも不動産取引です。
我々もそういう詐欺話っぽい話を何回も聞いてるうちに相手の顔を見ただけで「こいつの話、、なんか信用出来ねーなーw」とわかるくらいに育ったクチですのでこれは机上の理論をいくら学んでも得られません。。(ってかいちいち相手のツラ見て判断するのも面倒なので我々は第一印象がどんなに良くても疑ってかかるようになっちゃいましたけどw)

そう考えるとワタクシが過ごしたあの不動産ブローカーと過ごした10年というのもまんざら無駄じゃなかったのかもしれません。。(だって彼らに出会ってなかったらワタクシもドヤ顔で「今度五反田の一等地の物件が売りに出るんですよー」と吹いて回ってたかもしれませんからww)


・・・・

・・・・

えーっと、、

最後になりますが、

よく歌舞伎町界隈では

①サラリーマンが給料をキャバクラで使う
②そのお金がキャバクラ嬢の給料となる
③その給料はホストクラブのホストの給料になる
④ホストがその給料でフェラーリを買う
⑤フェラーリが走るとガソリン代が掛かる
⑥ガソリンが売れれば景気が良くなる
⑦景気が良くなればサラリーマンの給料が上がる
⑧サラリーマンは増えた給料でまたキャバクラで使う

・・・以後ループ

というものがあります。。



ま、こんなこと言ったら叱られるかもしれませんが、、


今回騙されてしまった63億も元はと言えば地主様と騙しt、、、、(以下略)




途中まで真面目に書いてたけど最後でつい本音が出そうになったんじゃんw

真夏の安否確認電話。。。


ゼンチン行ってるからポチしてる暇なんか無いとか言わないでくださいww

こんにちは。

本日は諸々、業務連絡から。。

その1
日曜のブログ(「え?日曜にブログ更新したの?」とか言ってる人は読み飛ばしてOKですw)の件ですが、実際の募集は8月に入ってからやりますのでしばしお待ちくださいw(日曜のブログのコメント欄にドカーンとコメントが入ってましたがあれは申し込みにはなりません)

その2
先日のブログで予告した「九州遠征」の件、、。
昨日、九州大家連合が会社までやって来てくれて詳細に打ち合わせしました。
で、福岡開催は狼旅団主催で11月11日(土)かその翌週の11月18日(土)のどちらか会場が確保できる日と決まりました。
こちらの募集も追って行いますが会場の都合もあり、東京開催より少ない100人程度の募集になりそうです。
この福岡セミナーですが10月くらいに予定している東京セミナー(会場確保出来てないので開催が危ぶまれてますがw)と内容は同じですのでどちらかに参加される方は両方参加しなくても大丈夫ですw(とか書いてもラスティーあたりは両方来るんだろうなーww

その3
ここのところ連日のように我々の会社にお中元の貢物が届いておりますが、届く量が半端なく、現在冷凍庫も冷蔵庫もいっぱいで受取不可能な状態になってますw(ホント、食べてるそばからまた届くんですwwww)
また我々、8月は会社に来たり来なかったりの状態になるので会社に誰もいないときに冷凍モノが届くと悲劇に見舞われますので「オオカミに何か送ってみよう」とお考えの方、、せめてお盆明けの8月17日以降着でお願いいたします。(だからって無理して送ってこないようにw)


さて、
そんなわけで7月もあと一週間余りとなりましたが、お盆が近づくにつれいつものワタクシへの「安否確認電話」が増えてきました。(本日は午前中、管理物件のエアコンの水漏れ対応中に着信がありムカつきましたw)

このブログを過去から読んでる人はご存知だと思いますが、ワタクシの周りには盆と暮れになると食いつぶしてる不動産ブローカーからの金の無心の電話が掛かってきます。

それの前段として今の時期(夏場だと7月後半、冬場だと11月の終わりくらい)に「オオカミちゃん、、まだ今の会社で不動産屋やってんの?」と軽く在席確認の電話が入り、8月の1週目くらいになると「8末に決まる契約があるんだけどちょっと物入りなことが多くて100くらい回してくれない?(無理なら10でもいいんだけど)」なんて電話が掛かってきます。

「え?お盆に100貸してくれって海外に家族旅行でも行くんですか?」

ここ数年、電話だけでリアルな接触もない奴が無担保で100万貸せというのも無茶な話なので思わずこう聞き返したいのですが、他の不動産ブローカーに聞いたところによると他で「お盆までに金返す」と約束しておきながら仕事で成果もなくその返済用資金をお盆前に借り歩くというほぼほぼ自転車操業みたいな資金繰りだそうで、、、これで調子こいてお金貸したら巡り巡って来年のお盆前に去年貸したお金を返すためにまたワタクシに借金を申し込まれるという情けないオチになりそうですwww

ただ、この不動産業界って不思議なもので「①同じ不動産屋で②10年以上勤務してて③携帯電話もいまだに繋がる」と言う3つの条件を満たすやつは彼らかするとお金が回ってるように見えるらしくこの条件を満たすワタクシは格好のターゲットに見えてるようで(条件を満たしても自転車操業なやつもいるってこともぜひ覚えといてくださいww)察するに一度携帯電はの番号でも変えてしまえば「あ、オオカミも飛んだっぽいなーw」と嘲笑われて二度と電話も来ないでしょう。。。

ただ15年以上、この携帯番号を使ってるワタクシ、、(IDO時代からの生粋のAUユーザーでございますw)
そんな金の無心ごときで電話番号を変えちゃうのも癪です。。(しかもワタクシの電話番号、昔の030時代の名残で090の次の桁はだけにこの番号は絶対変えたくありませんww)

そんな理由なので毎年この時期になるとこんな電話を受け続ける羽目になるのですが、さっき掛かってきた電話の人は
①仙台の学校用地の契約時期が延期になった
②売買総額8億円
③契約書にも押印貰ったので決済は間違いない
とワケのわからないと言って30万の融資申し込みがありましたw(契約延期で契約書の押印済みとはこれいかにw)

よくある話でこの手の学校用地ってのは許認可の関係でなかなか売買には至らず時間だけが過ぎ去り当事者はやきもきしちゃうものなのですが、結果的にこういう話は途中で裁判になったりして話も進まず頓挫しちゃうことがほとんど。。。(なぜか土地の所有者が必ず揉めだして途中で萬田銀次郎みたいなのが登場して取り仕切っているうちに話があちこちのブローカーに飛び火してグチャグチャになるんですw)

写真
あとのことは一切合切ワシにおまかせなはれ

この話もどこからどう見ても怪しさ満点な話なのでハナから与太話にしか見えないワタクシ、、
「とりあえずその押印されてる契約書FAXで送ってください」って言ったら、、ホントにFAXで送って来ましたよ。。(どうでもいいけどあなた達には守秘義務って概念は無いんでしょうか?ww)

えぇ、、その「契約書」
売買契約書ではなく媒介契約書でした。。。。
(どうでもいいけどエスパーくん、、ゲラゲラ笑いながら「うーん、、惜しい」とか言うのやめなさいってwww)

要するにこれって媒介契約を締結してるから売買契約締結は疑いの余地も無いし売り主は売るということで話は付いていてあとは買主の建築屋さんが設計図をあげてくればめでたく売買契約が締結出来るって話なのですが、、、

正直、学校用地と聞くとここからが正念場でワタクシの経験ではここからあと数年掛かるんじゃないかと思います。(だって許認可のこと聞いたら「そんな細かい話は後回しでいいんだよ」って言うんですもんw)

ただこの話、、不思議なのは宅建業者でもないこのブローカーさんがなぜ売り主と媒介契約出来たんでしょうか?

そう思って媒介契約書を見たら答えが書いてありました。。

売主→仲介さん・・・一般媒介契約

仲介さん→ブローカー・・・専任媒介契約


えぇ、、この媒介契約書、、
仲介さんとブローカーさんで締結した仲介の媒介契約書というまるでわけのわからない書面だったわけです。。。(書きようがなかったのか、、売り主欄にこの仲介さんの社名が入ってたの見てワタクシ、倒れそうになりましたw)

でもこれって怖いのはワタクシが売主の存在を謄本で知らなければこの仲介さんを売り主だと疑いもしなかったことです。。(念のため謄本見といて良かったです)

「田中さん(ブローカーの仮名)、、こういうインチキやってちゃ誰もお金なんか貸してくれないっすよw」

もうちょっとまともな話かと思って書面をFAXして貰いましたが、、、まさか媒介契約書で金を引っ張ろうとするとは驚き以外のなにものでもありません。。。(これが出来るならワタクシ、今頃大金持ちになってますw)


そんな暑い夏、、これからが本番ですw(意味不明w)


8月に大型連休取るのってこれも一つの理由でもあるんじゃんw

現金客悲喜こもごも。。。


週末もポチっていただき誠にありがとうございますw

こんにちは。

物件の売り出ししてると時々「現金で買うぞ!」ってお客さんがいらっしゃいます。

お客さん的には「なーに、、そんな数千万くらいのハシタ金、、キャッシュ一発で払ってやるよ」くらいに思ってそう言ってるんでしょうけど、それを聞いた我々はと言うと、、
ホントにそれだけ払える現金持ってるんですよね?
と疑います。。。(やっぱりレバレッジ型の投資ばっかり見てるとどうしてもレバゼロで買うってのが信じられないんです。。)

とは言え、3000万くらいの区分マンションであれば退職金とか株で儲けた人なんてものいますので我々もそこそこ信用しちゃいますが、

これが3億の投資物件ともなると「オマエ、ホントにそんな現金持ってんのかよ?www」と警戒度も3段階くらい一気に上昇します。。。(ま、そんなお金持ちもいることはいるでしょうけどウチではそんな客、滅多にお目にかからないので思いっきり疑っちゃうんですww)

そこで我々、その話のウラを取るために相手仲介さんにいろいろヒアリングを掛けるのですが、現金買いを宣言するだけにお客さんもそうそうたる経歴をお持ちの方が多く、その輝かしい経歴と実績を聞くと「お、お、お、恐れ入りましたーーー!!(疑った我々が間違ってました。。ごめんなさい)」とひれ伏してしまうこともしばしば。。(大手仲介さんと信託銀行とのタッグでやってきた買主さんあたりになるとこのケースが非常に多いです)

そんなおりの週末の朝、、
会社にそんな「いつもニコニコ現金買い」での商談が舞い込んで参りました。。

ただ、今回の現金客の仲介さん、、

ブローカー系不動産屋さんにありがちな「会社名を名乗らない仲介さん」なのでいつものように「ホントに現金持ってんの?」と話の冒頭から軽く疑いだしてます。。。。。(えぇ、、会社名聞いても「そんなことよりこの物件まだあるの?」って返してくるタイプの仲介さんなんってすごく怪しいんです。。)

ワタクシの経験ではこの社名を名乗らない仲介さんで成約出来た事例はここ10年でもゼロですからこの時点で電話を切ってしまっても差し支えないのですが、さすがに「現金買いのお客がいる」と言われれば我々もちょっとは色めきます。。。


だって、もしかしたら・・・って思うじゃないですかww

しかし、この手の仲介さんの抱える現金客、、
大抵の場合「現金で買うんだから思いきり安くしろ」と迫ってきます。。(ちなみに大手不動産屋+信託銀行系ですとほぼ満額で買付けが飛んできますw

で、今回の物件の売値は25000万。。

この物件を「2億で買いたい」とおっしゃってるのですが、
売り主さんからしたら高く売りたいし、御徒町の宝石屋さんで宝石を「現金でまとめ買いするからマケろ」って話ならいざ知らず、別に現金2億でなくても銀行で借りた2億でもお金の色は変わりません。。(現金の方が価値が高いっていうならいいですけど同じ2億には変わりませんからw)

しかも本物件、、
融資特約付きで24000の商談が来てる状態なのでここで無理して現金だから2億売りますってわけにもいきません。

「なんだよー、、せっかく2億の現金客がこれ欲しいって言ってんのに。。。。」

とおっしゃる仲介さんの気持ちもわからなくはないですが、
「そう言うことであればその2億を銀行に差し出してその担保でもう4000万借りてくれればいいんじゃないですか」、、、と言いたくなる我々の心情を察していただきたいです。。。(ま、それじゃ買う側からしたら現金買いのメリットが無くなっちゃうからダメでしょうけどw)


それにしてもあれです。。

こんなブローカー臭のする不動産屋にホントにこんな素敵な現金客がいるんでしょうか?(この時点で我々の疑惑度はMAXですw)

と言うことで一応ヒアリングしてみました。

狼「ところでこのお客さんってどんな方なんですか?」

不動産屋「あぁ、、知り合いのお客さん・・・」

・・・・

・・・・

なんだよ、、やっぱアンコじゃんw(ちなみにその知り合いは太陽光コンサルの会社に勤務する人だそうですが、、太陽光コンサルって一体何者なのでしょう?)

狼「いや、そうじゃなくて・・どんな属性なのかってお聞きしてんですよw」

不動産屋「属性?・・・あぁ、、お金持ちだよ・・・」

・・・・

・・・・

お金持ち・・・。

なんかあれです。

もしこのヒアリングが減点法で持ち点100点だとしたら、、

この時点で持ち点はゼロどころかすでにマイナスです。。(ワタクシ、「属性は?」って聞いて「お金持ち」って答える不動産屋と初めてお話しさせていただきましたwww)


狼「いや、あの、、現金買い出来るくらいのお金持ちだってのはわかってますってw、そうじゃなくて、、どんなことやってこんなお金持ちなのかって聞いてるんですよw」

不動産屋「あぁ、、なにかの投資会社やってるお金持ち・・・だったかな?(小声)」

・・・・

・・・・

うーん、、まったく要領を得ない答えばっかり返ってきます。。。

どっちにしても本物件はこの仲介さんの希望価格じゃ売れないので適当なところでお断りしようとしたのですが、

不動産屋「え?現金で2億持ってる客なんかそういないんだからウチと契約してよ(懇願)」

・・・・

・・・・

ホント、繰り返しになりますが、、

融資のお金でも現金でも売主から見たらお金の色は全く変わらないのでそのお金を担保にあと4000万借りて来てください。。。(融資特約付けてもいいですから)



と、この話を進めたところで結局、途中で消えていくに100エスパーなんじゃんw

「アレ、まだある?」


今日も皆さんがポチってくれるとまた10000点届きそうな予感がしますww

こんにちは。

本日はいろいろバタバタしてるので読者様からの質問に答えて終わりにします。。

質問
17/07/06 カーカス大好き

No title

不動産ブローカーについて質問させてください。

不動産取引で、うさんくさいブローカーがかんできた場合の対処方法などあれば、教えていただけますか?
また、宅建業者に所属しながらブローカー的立場で活動している人についても同様に教えてください。


そういや、さっきも宅建業者なのに名前も名乗らず物件名も言わずいきなり「アレ、まだある?」とまるでてめーの奥さんにでもモノを尋ねるかのような物確電話がありましたが「あっそ、、あるんだね、ガチャン」と電話をガチャ切りされて軽い殺意を覚えたワタクシが真摯にお答えいたします。。。

相談者の方がどのような属性かわからないので一般的な不動産投資家(要するに非業者って括り)と言う前提で考えてみますが、、、

結論から言ってしまうと、まずこの手のうさんくさいブローカーから物件紹介を受けることもないので対処法なんて覚える必要もありません。

ただそんな中でも、一般的な不動産投資家の前にこれらのうさんくさいブローカーが登場する可能性があるシーンってのがいくつかありますのでそれをご紹介します。

まず第一に、「サンタメ売買時の謎のアンコ業者」。。。です。

流れ的にはこんな感じです。
①物件出した業者が売り主
②しかし謄本見ると他人名義
③「サンタメ売買になります」と宣言
④この売り主業者と買主の間になぜか仲介業者が介在
⑤業者直販なのになぜか仲介手数料を払わされる


一般的に売り主業者からの物件紹介でエンドのお客さんがその物件を購入する場合、、直販なので仲介業務というモノが無くなり仲介でなければ仲介手数料ってのは発生しません。

しかし、物件を買うには仲介手数料が掛かると思い込んでる一般の人も多く、この謎の仲介介入が実は「売り主業者の担当者のこずかい稼ぎのためのアンコ業者介在」だと気が付かない人って結構多いらしいです。

要するに売り主が業者で直客に転売する際、本来必要ない仲介を契約の間際に「一社仲介さんが入ります」なんて言われて訳も分からず仲介さんが介在するパターンなのですが、この仲介さん、、実は売り主業者の知り合いの仲介で満額の手数料を取りつつ担当さんにその仲介料をバックすると言う手法で私腹を肥やしてるのがいるんです。。

これらのアンコ仲介さん、、
契約の時、一応仲介業務らしきことはするのですが、実際に裏で糸を引いてるのは言うまでもなく売り主業者。。(大抵、売り主が書類作成してアンコ業者はアルバイト的位置付けでの仲介印を押すだけの簡単な作業ですw)

例えば仲介手数料で300万貰うとアンコ仲介にはハンコ代として「50万」、残りを自分でこっそり作った個人法人やひどい奴になると自分の個人口座に振り込ませ本来、直販で手数料が掛からなかった話なのに余計にお金をブン取るという荒業を駆使します。

また更に荒っぽい手口だと契約直前になり「この物件は極めてレアな物件だったので手数料は不要ですけど別途コンサルタントフィーが掛かるんです」とか言い出して決済時にどこからともなく「なんか部外者っぽいけどこいつ誰?」みたいな奴がデカい態度でパイク椅子に座ってるケースがあるんですが、これも売り主業者の担当者が用意した頭数要員であることがほとんどです。(一旦こいつにコンサルフィーが支払われ当日、決済が終わるや否や大慌てでこのコンサルから現金を回収し「ほれ、小遣いだ」と銀行出たとこでバイト料10万を渡してるシーンにたまたま出くわし、お互い目があった時のバツの悪さと言ったらwww)

このケースですが、、極めてレアでもなんでもなく単に融資打診したら想像よりたくさん融資が出そうだという場面で起きるのでこんなことをいきなり言い出されたら「あ、俺はカモ客として見られてる」と思っていただいてまず間違いありません。。

ただ悪いのは売り主業者の担当くんであってこの手のブローカーらしき人は買主を騙してどうこうしようってわけでも無いので万が一こんなのが偉そうに決済場所でふんぞり返ってたら「どこの誰だか知りませんが名刺交換お願いします」と言ってどんな素性なのかでなぜここに座ってるのかなど根掘り葉掘り聞きだそうとすると面白いことが起きます。(なぜか青くなるのはこのブローカーではなく売り主業者の担当だったりしますw)

あと、宅建業者でありながらブローカーっぽいことをしてるやつですが、これらの人の最大の特徴は、「売り主、買い主の両方と直接繋がってない」って人がほとんどです。

要するにブツ上げも出来なければ客付けも出来ないという「オマエラ、、一体なんのためにこの業界にいるの?」ってタイプの奴なのですが、売り主、買い主どちらのグリップも無ければ不動産仲介の世界では千三つどころか万に一つ程度しか成果は上がりません。(ちなみにワタクシが付き合ってたブローカーさんは成約が4年に一度あるか、ないかだったので一体どうやって食ってたのかさっぱりわかりません)

これでは安定的に食えないことになりますからとにかどんな些細な人脈でも大事にしようとしてその人脈が「グリップしてない与太話しかしない集団」であっても打ち合わせ場所に足げに通いつめお腹が痛くなるくらいアイスコーヒーを飲み、「俺、これで儲かったらカイエン、、(以下略)」と夢だけはパンパンに膨らむビジネスモデルです。(ごく稀ですが、何日も食い物を食ってないってのがいるんですがそういうやつはアイスコーヒーを頼まずにホットコーヒーを注文し、出される角砂糖で空腹を癒してますw)

昨今は大口取引も減少の一途なので彼らも時々、ロットの低い不動産取引(彼らに言わせると物件価格がロット3億切ると小銭取引らしいですw)に介入してきますが、大抵の場合、売り主側仲介さんが出した情報を客付け仲介さんが直接、買い主に振るケースばかりで彼らの出番も無く、仮に登場したとしても正規仲介手数料をアタマ数で割るだけなので売り主、買い主には迷惑が掛かることはありません。(3000万の区分レジにブローカー5人が登場して業者が先取りした1.5%の仲手の残りを円単位まできっちり割ってた時、ファミレスのレジで割り勘清算してる女子高校生に見えたのはワタクシだけじゃなかったはずです)

と、一般の不動案投資家であればこれら不動産ブローカーってのは敵にもならないってことがおわかりだと思いますが、そんな一般の不動産投資家さんと言われる存在の中に最近人物件で5億を超える物件を所有されてる方も増えてます。

こういう物件だと仲介手数料レベルで片手とは言えども1500万を超えることもあり、ブローカーが仮に5人介在しても一人当たりの手取りは300万という大金になります。(ワタクシの知る限りこの分け前300万が4年分の賃金に相当することが多いですが大抵の場合、食えなくて借りてた借金の返済に回ることが多いですw)

そういう物件を「未公開物件だ」と偽るブローカー同士で情報をやり取りされ他人を振り回すということをやるヤツもいるのでちょっとロットが大きい物件を持ってる人は要注意です。

えぇ、、ブローカーってのは少しでも利益分配の頭数を減らそうとしますのでこういう高額物件を売り出すとすぐにヌキに出るやつが続出し、謄本調べて家まで訪ねて来られ「あの家、、最近怪しい人が出入りしてるみたい」と近所の人からあらぬ疑いを掛けられることがあるんです。。(「なんかすっげーガラの悪い人がインターホン鳴らしてた」とかすぐ噂になりますw)

これを防ぐにはきちんとした宅建業者に媒介業務を依頼して物確してきた名前も名乗らず態度もやたら横柄な業者には物件情報出さないとかして貰ってるだけで十分ですので過度な心配はなさらずにそんな仲介さんを探していただければと思います。(ってか大抵の業者さんがこっちなので心配ご無用かもしれませんがw)


と、本日はバタバタしてるとか言ってるわりにまたもや長文になってしまいした。

ご参考いただけると幸いです。。(え?全然参考にならねーよ、、ですって?ww)




今日はなぜかそんなブローカーのたまり場、ニュー新橋ビルのカトレアに出撃なんじゃんw

♪そんなつもりじゃないんですぅー♪(サブタイトル:「このハゲ―――――っ!!!」)


今日もポチっていただけますか?ww

こんにちは。

最近、出勤間際に見るテレビのワイドショーで自民党の女性国会議員の暴言騒動の話題ばっかりですが、

この国会議員、、

都内の某有名女子高を卒業後東大に進みそのまま役人に入ってハーバード行ってその後、国会議員に昇格、と一般人からするとほぼエリートコースまっしぐらで失敗なんてしたこともなく「自分が出来ることを他人が出来ないとイライラする」というエリート特有の性格だったみたいで秘書さんに辛く当たり今までに100人程度の秘書さんが入れ替わってたとか。。(うーん、、そう考えると議員秘書さん業界も結構ブラックな業界なんですね。。)

当然ながら国民のお手本になるべき国会議員様があんな言動で他人を威嚇して「なーにが国民のためだよww」と言いたくなる世論も理解出来ますが、(ってかあそこまでやるのは虐待じゃないかと。。。)

今回のこの女子議員さんの怒りの根源は
①自分の名前で出したバースデーカードの配送ミス
②高速道路の逆走をとっちめた


あたりなので給料を貰う立場の大の大人がこんなミスをしちゃ怒られるのも無理もないお話しです。(ただあの女子議員さんが、かの田〇真紀子さんだったら、、、恐らく週刊新潮もスクープにはしなかったんじゃないかと、、)

えぇ、、
恐らくですが、我々の業界でこれやったら上司次第では刺されてるレベルですからwwww(最低でも無言でぶん殴ってますww)

そんな我々の業界でもとんでもないミスを犯して怒鳴られたり殴られるどころじゃなく「上司に消されてしまったんじゃないか?(俗にいう東京湾の魚のエサw)」という事件も多くワタクシもそんな話をあちこちで耳にしてきました。

そんな話の中で「あ、これは担当くん、、東京湾の魚のエサになっちゃっただろうな」って話をいくつか書いてみます。(ちなみにここから先の話は全てノンフィクションなので登場人物、場所、物件等はボカして書きますw)

その①
「違う物件売っちゃった事件」

今から10年くらい前、
ワタクシの知り合いの仲介さんがやらかした事件。

当時、戸建て分譲物件の代理販売をしていたA君(当時29歳)、
吉祥寺の2棟売り分譲物件(右がA物件、左がB物件)でA物件を売るはずが間違えてB物件で契約準備をしてしまい決済当日まで買主、仲介、銀行も誰一人気が付かず、決済日に司法書士が「あれ?これって微妙に地番が間違ってますよ」と指摘し問題発覚。。(ってか、なにをどうやったらそこまで誰一人気がつかないのか、、、とw)

ちなみにこの2棟物件、、
建売分譲物件でスペックも何もかも同じだったので正直、「こんなのどっち買っても同じじゃん」と思ってたのですが、すでにB物件はタッチの差で売却済みだった関係でBを買うわけにもいかず結局、後日再決済することで落ち着いたのですがこの担当、「右と左と間違っててもどっち買っても同じじゃん」と開き直り、上司に報告もせず取引続行したのがバレ、、以降消息不明。。。(ま、この程度じゃ魚のエサにはなってないと思いますけどねww)

その②
「識別情報紛失事件」


今から4年くらい前、
とある物件を仲介した時売り主仲介がやらかした事件。

決済前日にあずかった売り主の識別情報(普通預けないものなのですがw)が入ったカバンを京王線の網棚に置き忘れそのまま決済に登場w(決済に手ぶらで来たのでおかしいと思いつつも堂々と振舞ってたのでワタクシ気が付きませんでしたw)

売り主は仲介に識別情報を預けたと主張するも仲介は「そんなものは本来預かるものではない」と頑として否定。。
当然、当日は決済出来ずその後、売り主が激怒して取引自体がご破算。。

後日、カバンに入っていた名刺から持ち主がこの仲介と判明し鉄道会社から会社に連絡が入り事件発覚。。
パソコンとか金目のモノは無くなってましたが運悪くこの識別情報はカバンに残っていたことでさらに話がややこしくなりその後この仲介さんは行方不明。。

この時、売り主さんと買主さんで違約金で激しく揉めましたが結局この不動産屋が負担することで落ち着きその請求はこの行方不明の仲介に請求したとかしないとか。。。w(ま、金額的にもこの程度じゃ魚のエサにはならないかw)

その③
「共担二重登記事件」


今から8年前。。
とある物件の売り主仲介で参戦。。

結構時間かけて売却まで漕ぎつけたワタクシ、、
初めて付き合う仲介さんだったので警戒しつつの契約交渉でしたが、決済まで順調に進みヨッシャヨッシャなワタクシ、、
決済翌日に融資銀行から謎の呼び出しを受け駆け付けると、、買主が仲介と結託して同日決済で別の物件を買って本来こっちで共担に付ける物件に抵当付けてることが発覚し大問題に。。。(こっちが抵当に付けるはずの物件に違う銀行の抵当が付いてりゃ誰でも怒りますってww)

慌てて相手仲介の担当に連絡するも「昨日付けで退職しました」と告げられ怒りの矛先はすべてワタクシと担当した司法書士に。。。

ワタクシは売り主側仲介なので関係ないことがわかり許して貰いましたが、司法書士の先生は数か月こってり絞られ以後、その銀行の決済業務は出禁になり、買主さんは「仲介がやってたのでさっぱりわからん」と関与を否定。。

オチ的には2棟分の仲介料欲しさに無理やり同日決済の時間差攻撃を利用した買い側仲介の陰謀と判明しましたが結局責任は全部買主に押し付けられ買主さん、、数年は涙目だったのは今でも鮮明に覚えています。

えぇ、、
この時の仲介さんだけはさすがに東京湾に沈んでいるんじゃないかと心の底から心配してるワタクシでございます。。。



さて、

話は変わりますが、今回告発した議員秘書さん。。(って、まだ続くのかよwww)

これを機会に2度と議員秘書には就職できないと思いますが(だって常にボイスレコーダー忍ばせてる可能性のあるやつなんか採用しないでしょw)もしかしたらですが我々の業界にやってくるんじゃないかと密かに思ってます。。

えぇ、、実は多いんです。。
不動産ブローカーの元議員秘書出身者。。。

大抵のこの手の不動産ブローカーって政界とのつながりをやたらアピールしてくるんですが(名刺もちゃんと取ってあるようですが・・・経年劣化が激しくなってて角が曲がってる名刺なのが難点です)そのパイプはあまり役に立たずどっちかというとその政界利権に群がる他の不動産ブローカーに「元議員秘書だったやつの話でさー」と逆に利用されちゃう傾向が強いです。

ワタクシもよく馴染みの不動産ブローカーさんからこの手の元議員秘書だった人を紹介されたことがあるのですが大抵高齢であることが多く、政界に長く首を突っ込んでた分、我々に対してまるで虫ケラでも見るかのような扱いをしてきます。。(ちなみに彼らは東京駅近くや虎ノ門あたりの雑居ビルの一室とかに「山田太郎事務所」とか看板出してます)

ただ、これらの人って不動産だけが仕事じゃなくいろんな話の口利きでフィーを得ているそうで常に忙しくアポを取っても虫ケラ同然にブッチされることも多いです。(「あ、急用が出来たのでまた今度来て」とか言われるんですが、、その次回ってのは一体いつなんでしょうか?w)

また不動産の領域では当然扱う物件の額もデカく、会うと事無げに「そういや、2000億のビックプロジェクトがあるけどお金出す人いるかな?」とか言ってきます。

そんな話に金を出す人なんているわけもないので「いやー、、いないっすねー」と言えば「なんだよ、、オマエのとこはそんな客もいないのかよww」とこれまた虫けら同然の扱いを受けるのですが、、それ以前にその話、、ホントかどうかもわかんないだけに迂闊に首を突っ込むわけにもいきません。。(掛けたハシゴ外すのだけは一般人の常識の範囲の遥か上を行きますからwww)

と考えるとこれらの議員秘書さん、、
国会議員の前ではペコペコしてますが我々、不動産業者の前ではふんぞり返ってることを考慮してこれを力関係で考えると、、、やっぱり我々不動産業者って相当下に見られてるんでしょうね。。

と言うことで今回の議員秘書さん、、、
下には下がいますからこれからも頑張ってくださいw(我々の業界はあなたのようなミスをすると灰皿でぶん殴られる世界ですよw)



どうでもいいけど無言でいきなり殴るのだけはやめて欲しかったんじゃんw