プロフィール

森野 狼太郎(もりの りょうたろう)

Author:森野 狼太郎(もりの りょうたろう)
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛するただのデブw

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw

最近は嫌いな奴の幅も広がり「やたら意識高い系な奴」も嫌いリストに登録されましたw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan

友人申請歓迎ですが商材系なやつとか妙に意識高い系の人はお断りしてるので我こそはと思う方、、出来ればご遠慮くださいww



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないしこんなプレーヤーの多い時期だってのに不動産投資にやる気満々な人だと稀にテンションダダ下がりになるのでご注意ください。


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww
(昨今は娘の彼氏までが読んでるみたいなのでホント、オネガイシマスww)

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム

物件価格の下落相場の序章の合図。。。


昨日は予告なしにウ〇チネタぶっこんで申し訳ございませんでしたw


こんにちは。

昨日のブログ、、

やはり更新時刻が18時と言うこともあり、各方面からお叱りのメッセージをいただきました。。。
(えぇ、、「お盆の最終日、一家で楽しい晩餐やってんのにふざけんな」というご意見、、ごもっともでございます。。。)

ただあれです。。

この件、恐らくですが後日、更に恐ろしいことが起こる予感がしますので続報が入り次第アップしますので更なるお覚悟をお願いいたします。。(えぇ、、ワタクシ、、こうやってブログ書いてる以上、世の大家さんのために事実を包み隠さず伝える義務もあるんですw


さて、そんな連休明けの木曜日。。

朝から堰切ったように掛かってくる物確電話に追われていた我々ですが、その物確電話にちょっとした異変が起きてます。。

えぇ、、
「これはきっとサンタメ業者がバカみたいな指値で買付け入れてくるんだろうなー(「は?そんな指値で売るくらいならウチで買ってますよw」ってハナクソほじりながら返事するやつですw)」って待ち構えていた物件にサンタメ業者さんの物確が皆無なんです。(すなわちこれは某ポータル系業者さんの物確が無いということを意味しますww

我々からすると「絶対成約することがない業者さんの物確電話を受ける」と言う行為が無駄に仕事を増やしてるのでこの電話が皆無になると非常に仕事がやりやすくなるのですが(反面、ブログ的に言うとマヌケネタが少なくなるので困るっちゃ困るんですけどw)、、

もしかして、これって「買い取り再販(要するに中抜きw)」ではなく仲介業者本来の姿である「仲介としての物件売買」に原点回帰してるんじゃないかとちょっとほくそ笑んでます。。。

と言うのも昨今、例のフカした契約行為に目を光らせている金融機関の影響でサンタメ取り引きが出来にくい環境下になっているだけじゃなく、単に「融資属性はクソ高いけど手金は出したくないって客層」から頭金(10%~20%)を要求する金融機関に対抗して「頭金が用意出来る客層」を囲い込んでそちら方面向けに客付け営業するという方向転換をしている仲介さんが増えているためではないかと思います。

実はここが結構重要な部分なのですが、これは要するに物件価格の下落相場の序章の合図。。とも捉えることが出来るんです。。(評価以上の融資が出てるうちは売値はなかなか下がりませんがこれが無くなれば物件相場は下落するもんです)

初期費用分も融資を引きたくて無理して物件価格以上の融資を引くとどこまでも物件価格が高騰してしまうところを普通に頭金を入れて安く物件を買おうとする本来の不動産投資のセオリー通りに買いに来る勢力が台頭してくると自然に物件価格が下がってくるのでこれが連鎖し始めると数年も掛からずに物件価格は下落に転じます。(だってフルだのオーバーで貸してくれなければ頭金入れて借りれる金額で買おうとする人ばっかりになっちゃいますからw)

とは言っても面白いのがここからで、昨今のサンタメ業者さんの養分として本来の売値から猛烈な指値して出た差額分をわざわざ用意する必要が無くなるので売主は思ったより高く売れて、買主は思ったより安く買えるという不動産売買本来の2者間取引が出来るようになり、やっと売主、買主が本来求める理想の売買取引が可能になってくるんじゃないでしょうか?

ただ、反面、、融資自体が絞られたりしてるのは事実ですから頭金が用意できない人にとってはこれからが冬の時代になってきます。(どこかの仲介さんやコンサルさんに「だから融資がユルユルな今買わないでいつ買うんだ?って言ってたろww」って言われそうですw)

と言いたいところですが、、

果たしてホントに融資は冬の時代になるんでしょうか?

確かに以前のようにそこそこ融資属性が高ければジャブジャブ融資が出る時代もありましたが、それはホントに不動産投資を知らない人でも出てたってだけの話で、きちんと収支計画から大家として生きていく覚悟を紙で表現できる人も5年前と比較すると格段に増えてます。

また、金融機関も融資に制限こそ掛けてくるでしょうけど、大家業を事業としてきちんと自立出来そうな人とそうじゃない人の比較くらいは出来るはずなので「この人は手金少ないけど貸し倒れしそうにない」と判断されれば今の日本の経済状態では案外容易に融資が引けるんじゃないかと思ってます。

えぇ、、過去の不動産バブル崩壊局面と今回起こるであろう不動産バブル崩壊局面とではここが違うので頭金をたくさんぶち込まなくても変な話、諸経費くらいの負担であとは頭でカバー出来ればさほど融資で苦労することってないんじゃないかと。。。

それには融資3億も引っ張っておきながら年間手残り60万円なんて収支表見せられて「手金無しで買えるなら俺も不動産投資始めようか・・・」ではなくここ数か月から1年後くらいに起こるであろう少ない燃料積んで飛び立った飛行機が成層圏から真っ逆さまに墜落してくるところを狙って買いに回る立場にいればいいだけです。

現実問題、ここ数年さっぱりだった競売物件情報を見ると「え?なんでこんな場所でこんな物件が競売で売られてんのよwww」って物件が売り出され始めてます。(競売で築浅物件の売り物が増えてくるのも一つの前兆パターンですのでこんなのもチェック入れてると面白いですよ)

不動産の未来の予測って難しいですが、過去の事例からある程度前兆らしきものはたくさん捉えることが出来ますのでそんなのを定点観測しながら見るとなんとなくですが今まで調子こいてた人たちが持ちきれなくて損切り覚悟で手放してくるかも・・・って時期がわかるってもんです。。

だって、今、無茶やってる人っていきなり払えなくなって自己破産なんかしなくてもしばらく本業収入突っ込めるし、イザとなれば貯金取り崩してでも楽になろうとと物件を手放しはずですもんw(そう考えるとスルメスキームってホント、よく出来てますねww




待てば海路の日和ありなんじゃんw

ソムリエ。。。


お盆休みもそろそろ終わりですのでそろそろ本格的にポチってくださいw

こんにちは。

昨日はブログの途中で緊急出動となりましたが、、

電話で聞いた悲惨極まりない内容と現地の状況があまりに違うのでワタクシ、すっかり肩透かしを喰らいました。。(ま、多少ウ◯チまみれの下水は噴いてましたが、、慣れと言うのは恐ろしいものでございますwww)


現地での画像がショボかったのでイメージ画像をご用意しました

これの原因は排水管の逆勾配。。

古い物件だと排水マスがなんらかの影響で自重で沈んだり浮いたりして排水管の勾配が弱くなり詰まりやすくなり結果、下水に流れなくなり逆流するというものなのですが、今回も下水放流への最終マスが沈んでしまい塩ビの排水管が升とズレてキレイに排水管が詰まってました。

この物件も例の280部屋の中の1物件なのですが、同じ築年数の物件が多いのでこの280部屋シリーズ、、やっぱり専属的に管理契約なんか結ぶと大変な目に遭う可能性が高いです。。

今回も一次対応だけやってあとは馴染みの下水業者にバトンタッチしましたが、、ワタクシ、、ここのところの大雨続きとこの280部屋の築年数を考えて「もしかしたらお盆休みもなんかあったらすぐ電話するのでお願いします」と予防線張ってたのが不幸にも的中です。(盆暮れの都市伝説を信じてたワタクシの勝利ですw)

そんな現地対応をしていた時、流れて来るウ◯チまみれの下水(白いヒラヒラしたのはそれに伴うトイレットペーパーですw)に大量の黒い羽根のような物体が含まれているのに気がつきました。。

黒い羽根。。。
(お食事中の方、、ここからお読みになるときはそれなりの覚悟を持ってお読みください)


えぇ、、都会の恐怖、、Mr.Gでございます。。。
(気持ち悪いのでギター持たせてみました)

比率で行くと
水分95%
茶色い物体2%
白い物体2%
黒い物体1%
という感じなのですが、

普通、これだ黒い物体が目立つこともないのでとても恐ろしいことですが、この物件のどこかの部屋でこのMr.Gが大量発生している可能性が高いです。。

これは何を意味するかというと、、要するに「どこかの部屋が汚部屋になってる可能性が高い」ってことなんですが、昔、某大使館事件で悲惨な目に遭った時の排水がこのレベルでしたのでもしかすると汚部屋どころかゴミ屋敷になってる部屋があるんじゃないかと推測してます。。。(と言うことでラスティ君、、お盆休みのとこ悪いけどあの大使館ネタ探して来てくださいw)

だからと言って全部屋ノックして確認ってわけにもいかないのでこの汚部屋問題はお盆が開けたら調査することにしますが、(だって知ってて知らんぷりできないじゃんw)Mr.Gの苦情が今まで無いと言うことなので恐らくですが1階のどこかの部屋じゃないかと推測しています。。

ってかワタクシの過去の経験では今回の話、、


すごーくイヤな予感がします。。。



えぇ、、ワタクシクラスになると汚水を見ただけでこんなことまでわかるんですよwww(まさかこんな能力が研ぎ澄まされるなんてこの業界に入ったときは夢にも思ってませんでしたよw)



いっそ「汚水ソムリエ」とでも呼んで欲しいんじゃんw

狼旅団ガイドブック(言い訳編w)


本日もポチってからお読みくださいw

こんにちは。

昨日のネタがあまりにも不発でしたので今日は連載ものの狼旅団ガイドブックネタに戻ります。(もしかしてですが、、うちに読者のズラ率高いn、、、(以下略))

おとといの続きですが、「なぜワタクシが狼旅団をやってるのか?」って話です。

不動産ブログに限らず我々業者側から情報発信する時は必ずなんらかの見返りを求めるはずです。

例えば業者主催の不動産セミナーとかであればセミナーの中身に自社で勧めたい投資手法をさりげなく織り交ぜ、それの正当性を上手いこと解いて素人投資家を納得させ、その後「個別相談会」なる囲い込み政策を施し物件を買わせるなり売らせるなりします。

ブログであればメルマガで囲い込むのが常套手段でしょう。。

だからブログでは肝心なことはボカし「詳しいことを知りたければメルマガ登録を」とか「ウチのセミナーに来い」だの「ウチの塾に入れ」と暗に勧誘するわけでさらに賢い業者になると月会費に差をつけて「高いグレードの会員だとお得ですよ」と素人投資家の自尊心をくすぐりさらなる嵌め込み政策を取るわけです。

これで払った費用に見合ってればいいのですが、ワタクシが知る限り大抵は「高い授業料」となりそういうやらずぼったくりを食らって業者に文句言うと「そう言う費用は領収書を出してるんだから経費で落とせるでしょww」と開き直られてしまい泣き寝入りしてるケースがほとんどではないかと思います。

ワタクシがブログを書き始めた頃はこう言うのがすごく多くて(不動産投資教材ブームの全盛期って今から6〜7年前くらいだった気がします)最初は素人大家さんがブログから始めて本を出したりしてブランディングを施し、せいぜい2万程度だったものが一人当たりの単価も上がり最盛期は30万だの50万だの100万なんてバックエンド商品をカード払いで売りつけるなんてバカな話をよく耳にしました。(塾開いててめーがシコったクソ物件を塾生に売り払うって手法が出来たのもこの高額商材が出回った頃じゃないかとw)

えぇ、、知らないうちに業者が投資家を嵌め込む時代から同じ投資家同士で食い合うという共食い状態になって来たんです。(仲介業者とタッグを組んで年会費18万取ってレインズのパスを教えて物件を探させて仲介手数料を取るという荒技を使う大家さんまで現れたのはワタクシも驚愕でしたっけwww)

こうなるともう不動産知識の希薄な不動産投資家さんがそういう奴に搾取されるのは目に見えてます。

また、世の風潮はどいつもこいつも我田引水で、いまだに薄っぺらい情報発信して「コンサル料なんて大した投資じゃないんだからそれすら勿体無いとか思ってる奴はダメな奴(しかも経費で落ちます)」なんて論法で情弱大家さんを取り込もうとする奴も多いだけに「不動産投資の現実って実はこうなんですよww」って情報発信してやればこういう奴は困っていずれ消え失せるか方向性を変えるはずです。

ただそんな情報発信するのにブログランキングが下位では全く説得力がありません。。。(たまにランキング下位で物凄い説得力ある記事を書いてる人がいますが順位が上がらない事でモチベーションがダダ下がりして消えていくことが多いんです)

目立ったところでそういうネタを書いてないと誰も読んでくれず、読まれなければ共感してくれる人も少ないですからどうしても上位をキープしつつ常に読んでくれそうな情報を発信し続ける必要があります。

それにはクリック屋を使って常に上位をキープするか、地道に読者を増やして上位をキープするか、強力な組織票で上位をキープするかくらいしか方法はありません。

クリック屋を使うのいいのですが最近のこのブログランキング読者の目はかなり肥えているので内容が薄っぺらいくせに上位にいるとたちまちクリック屋利用を疑われランキングの中の人にチクられあっという間に順位を落として消えていくのでこの手法は非常に危険ですww(えぇ、、そうやって消えていった人はここ5年で10名どこの話じゃないですw)

地道に読者を増やすってのもありですが、これだとどこかのタイミングで限界点が見えて来て一時的には上位に食い込めますが大抵の場合、ブログランキング5位〜13位のとこあたりを行ったり来たりになることが多いです。(不動産投資ブログって他の投資系ブログ比較すると絶対的な読者数が少ないんです。)

となると強力な組織票、、、となるのですがワタクシの経験で言うとどんな強力な組織票を形成しても読む側がブログネタに飽きてしまうと段々その組織票効果が薄れていくんです。。(ワタクシでさえ、3日程度つまんないこと書けば軽く2000点くらい落ちますからw)

そこで狼旅団と言う名前を付けて組織化して出来るだけ飽きないようなブログ(この飽きさせないってとこが難しいんですよw)を書いて常に上位をキープする、、という手法に辿り着き、、おかげさまで常にランキング上位で情報発信出来る状態を6年近く続けることが出来たわけですが、毎日毎日こんなネガティヴな情報を発信し続けたおかげで最近は「狼ブログに助けられた」というお礼のメールも増え、団員になってた奴ではここ数年で急速に資産規模を伸ばしたのもいれば間違った方向に進みかかけてドツボに嵌る寸前で救出出来たり、さらにそんな生き延びた人がこの狼ブログを他に人に宣伝してくれたおかげで今では特に団員募集とかしなくても勝手に相談が飛んでくることも増え、あと10年も書いてれば不動産投資の情報弱者もかなり少なくなるんじゃないかと大真面目に思ってますww

ただ、ワタクシは単なる一不動産業者ですので大家業の一番肝心な賃貸管理系のネタはあまり書けません。(だって管理は基本丸投げなんですもんw)

最近は、不動産投資でいい事ばかり書くのではなく、不動産投資でありがちなネガティヴな話をブログで書いてくれるブロガーさんも増えたので嬉しい限りですが、出来る事ならそういう管理系のネタでもっと現実的なことを書いてくれる人が増えるとこの不動産投資ブログランキングも読者が増えてもっともっと読者層のスキルも上がるんじゃないでしょうか?(少なくとも辻褄の合わない売買をやらかして銀行に出す決算書と税務署出す決算書を別々に作ってくれなんて堂々と税理士さんに飛び込みで依頼するなんてバカなことやらかす投資家さんも減ることと思料しますw)

と言うことでこの狼旅団、、
「存在意義は何か?」と聞かれればたぶんこんなとこじゃないかと思います。

で、
こんな金にもなんねーことやってワタクシに何のメリットがあるかと聞かれれば、、、あれです。。


人って感謝して貰えると想像以上にモテるんですってwwwww(やっぱワタクシの場合、モテてナンボですからww)


と、

偉そうなこと書いてるワタクシですが、


たった今、ワタクシの携帯に恐ろしい通報が入りました。。。(雨続きなので嫌な予感はしてました。。。)



と言うことでこれから現場に急行となりましたので今日のブログ、、かなり中途半端なとこで終了です。。。(なんか今日のはヤバい胸騒ぎがします)





時間が無いので大文字とか色付け文字にしてる時間が無かったんじゃんw

妙な違和感。。。


ポチ数も多いのでお盆中、、連続更新出来そうな勢いですww


こんにちは。

ここ3日間で書いてた狼旅団ガイドブック。。。

昨日くらいから「このガイドブックネタはいつまで続くのか?え?(横浜在住・T様)」と暗に「そろそろ話題変えた方がいいじゃねーの?(つまんねーしw)」と言いたいんじゃないかと思えるご意見賜りましたので今日は違うネタにします。。

物件の売買契約などで相手仲介さんと契約書類を巡って丁々発止しながら話をまとめ、契約、決済という流れになるのが一般的な不動産取引なのですが、ほとんどの交渉は契約まで顔を合わせることなく電話かメールでやることが多いのが実情。。(むしろ「一度御社にお伺いして打ち合わせがしたい」なんてやたら顔合せたがるのが好きな業者って案外成約率低いですw)

となると相手仲介さんと初めて会うには「契約時」というパターンが多くなるのですが電話で話をしているのでなんとなく相手の話し方を聞いてどのくらいの年齢でどのくらいスキルがあってどのくらい段取りがいいのか?あたりはなんとなく想像も出来ちゃいます。

ただ、相手の顔とか風貌までは電話ではわかりません。

ま、そうは言っても相手仲介さんがどんな風貌であってもあまり契約実務には影響も無いのでワタクシ、、普段は全く気にしないのですが、、、

先日の契約はそういうわけにはいきませんでした。。

今回の契約も事前打ち合わせ(契約条件等をキッチリ詰めるための擦り合わせ)に1ヶ月程度掛かったので結構話はしたので話し方からワタクシ、、以下の風貌をプロファイリングしてました。

①年齢50代後半
②実務経験20年以上
③声質から言ってちょっと細身
④性格は几帳面

こういう人が仲介さんだといざ契約となると直前になってあれを直せこれを直せと言ってくることが多いのですが、、ワタクシの想像通り契約前日の書類の袋とじが終わってから「あれを直せ、これがおかしい」とイチャモン付けてきました。(毎度のことですがエスパーくん、、これやられると「てめー、、何度もこれでいいか?って聞いたじゃねーかよ!」と怒りますw)

そんなお直しを経て翌日、ウチの会社で契約、、となったのですが、、初めて会うその仲介さん、、、

①年齢57歳(宅建士証参照)
②実務経験22年(本人に聞きました)
③身長175センチくらいの細身
④性格は病的なまでに几帳面(契約中もあれこれうるせーよw)

とワタクシのプロファイリング通りだったのですが、
なにか妙な違和感がありました。

と言っても初対面な人なのでそんなシゲシゲとチェックも出来ないしとにかく、今日の目的は円滑な契約実務。。

ワタクシ、その妙な違和感を気にしないようにしつつ、買主様と一緒にこの仲介さんを応接間にお通ししたのですが、ウチのエスパー君どころか売主様も応接間に入ってきた仲介さんを一目見て同じような違和感を感じたんでしょう。。

えぇ、、契約中、売主さんとエスパー君、下向いたままずっと怒った顔してるんです。。。(時々顔を上げてもずっと不機嫌な顔してるんです)

そんな契約ですが重説の読み合わせから始まり、契約書の読み合わせ、その後お互いが押印して契約は1時間半くらいで無事に終了したのですがその間、何度も売主さんがワタクシの目を見て何か言いたそうな顔してたので「ん?なんかワタクシ、、何か契約で不手際ありました?」ってすごく心配になっちゃいました。(こう言う時って契約が終わってから「さっきの契約、、ここがおかしいですよ」とか言われるもんですからw)

で、いつもなら契約が終わると軽く雑談とかするのですがなんか応接間の空気も悪い空気になったので雑談なしでとっととお帰りいただいたのですが、、

その仲介さんと買主さんが帰った瞬間、、エスパー君と売主さんが同じタイミングでこう言いました。。

「オオカミさん、、あれってズラでしたよね?」

・・・・


・・・・


あ、ワタクシが感じた妙な違和感はこれだったんですね。。(頭髪まではチェックしてないからよくわかりませんでしたよw)

エスパー君の話では契約途中に仲介さんがトイレに行ったの行きと帰りの毛の生え際の位置が5センチくらいズレてみたいで、また、売主さんの話では毛の生え方の左右のバランスがおかしいのでそれが途中でズリ落ちて気まずい雰囲気になるんじゃないかと契約中、そればっかりが気になってしまい契約書の案文なんてほとんど耳に入って来なかったそうです。。

売主さん「もー、、そういうズラの人が来るなら前もって言ってくれないと、、、(心の準備出来てなかったから笑い堪えるのも命掛けだったじゃんw)」

確かに言われてみると今に何かがズリ落ちそうなヘアースタイルでしたが、、売主、買主、仲介が全て初対面という緊張感みなぎる契約の場でそんなことが起これば経験豊富なワタクシでもフォローしようがありません。。(「ズラがズレても決済日はズレないようにお願いしますね」なんて小洒落たこと言う勇気はワタクシにはございません)

うーん、、こういう時ってホント困ります。。(特に売主さんはテーブル挟んで相手と対面するケースが多いのでこういう時、目のやり場も無くなっちゃいますから)

と言うことで、、

次回からは重説の告知事項に「ズラの有無」って条項作っておくことにします。(ついでに「ズラの構造」と「届出の有無」とかも追加しますか?)


実際の話で時々、ホントにこう言うことがあるのですが、
お互い初対面同士なんですから頭に合ってないズラかぶって来るなら最初からハゲのまま来れば良いのにって思うのは決してワタクシだけではないはずです。。。(あ、それとも今回の買主さんが女性だったから無理しちゃったんでしょうか?)


と書いたとこで思ったのですが、、

こんな敵が増えそうなネタ書くくらいならマンネリと言われようが狼旅団ガイドネタの方が良かったんじゃないかと今日のネタをほぼ書き終える今になって気が付きました。。。




明日はまたガイドブックネタに戻るんじゃんw

狼旅団ガイドブック(手抜き編w)


最近、、ルマンドアイスってのが妙に気になってます。。

こんにちは。

本日は日曜なのでブログの更新を休もうと思ったのですが、昨日のブログでうっかり「続きは明日」と書いてしまったので本日も更新です。。(ま、ワタクシの場合、お盆は普段通り自宅警備員ですからw)

ブログ自体はモノグサなワタクシでもここまで書いてしまうとすでに習慣化してたし連載開始半年後くらいにはそれなりに読者も増えていたのでこの時点でやめようって気は無くなったのですが、人前で喋りたいって欲求は日に日に増大してきました。(ワタクシにとってこれはほぼ麻薬ですw)

ただ、しょぼくれんのセミナー以降、、セミナー内容があまりに毒すぎる事が問題になってホントにどこからもお声が掛からずまた、当時のワタクシ、、そこらへんのインチキ集客で懐を潤すようなヤツと組みたくなかったのでセミナーでしゃべりたければ自力で開催しか道はありませんでした。

そんな狼セミナー、、
今ではウチの代名詞みたいなイベントになってますが、
元々は「一度でいいから気持ちよく心ゆくまで喋り倒したい」って目的だったので一度だけ開催するつもりでした。(当時は持ちネタ的も大して無かったのでそんな何回も出来るわけねーしw)

ま、そう言って「今回が最後」、「今回が最後」と言ってるうちに早5年が過ぎ一体いつが最後なんだよって気もしますが、、この「最後」はいつやって来るのか、、ワタクシにもわかりませんww。。(やはりワタクシ、、人前で喋るのがこのうえなく好きみたいです。。)

そんなセミナーをやると毎回毎回120人くらいの席がすぐ埋まるのでありがたいのですが、ワタクシがセミナーやる狙いは集まって来てくれた人同士が仲良くなって狼イベント以外のところでも集まったりして人脈を広げてくれること、、、です。

幸い、旅団自体、妙な集まりに首を突っ込んでるやつとかインチキっぽい商材売ってるような奴は入り口でシャットアウトしてますので他はどうか知りませんがウチのセミナーに来てくれてる人はそこそこの規模の大家さんだったりいろいろ試行錯誤して得た知識を飲み会とかで教えてくれる人が多いです。。(ま、そう言っても時々は紛れ込んで来て場違いな雰囲気を見て退散してる奴もいるみたいですがw)

そんな人が最近はワタクシの知らないところで集まってスキルアップしてるようでこんな輪がどんどん広がって大家業界の底上げに一役買ってくれれば、、、と思います。(と言うことで旅団の古参メンバーの方にはそういう役割を切に期待していますw)

そんな狼旅団ですが、
別に団員だから優遇するとか団員じゃ無いから相手にしないってことはワタクシ、、一切ございません。

「団員でも無いのに相談なんておこがましい」とか言って遠慮してる人も多いと聞きますがワタクシは困ってる人は出来るだけ見捨てないという信念があります。

実際、団員だろうがそうじゃないだろうがワタクシ、同じようにお話は聞いてますので困ったことがあれば遠慮なくメールくれれば、、と思います。

じゃ、狼旅団ってそもそもなんでやってるの?(言われれば確かに存在価値もよくわかりませんw)
って話になるのですが、今日は日曜で書ける文字数も制限があるのでまた次の機会に書きます。。




手抜きっぽいネタだけど、、せっかく来たんだからポチってって欲しいんじゃんw