プロフィール

狼旅団@地下潜伏中

Author:狼旅団@地下潜伏中
★自己紹介★

こんにちは。狼デス。。
スラッシュをこよなく愛する2児の父。。

さて、このブログ、、
不動産投資を志す熱いハートの方をこっそりと応援するブログです。
(しかし書いてあることはちょっぴりネガティブ系。。。)

職業:収益物件売りの不動産屋

一応、パンキッシュな不動産屋を目指しているのでやれ情報商材だのネットビジネスだのロバキヨとかは大嫌いですw


あ、あとFacebookやってます
www.facebook.com/ookamiryodan



★CAUTION!★

【初めてご覧になる方へ】
このブログ。。
期待しているほど面白いこと書いてるブログじゃないのであまり見ないほうがいいですよw


【コメント師の方へ】
プロ・アマ問わずどなたでもご自由にコメントください。
但し、出来るだけHなコメントはやめてくださいw。
あなたの書き込みで家庭崩壊しちゃうかもしれませんww

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム

え?自己破産する家主が増加してるって?ww


まずはポチして「戻る」をお願いしますw


こんにちは。

先日のゼンチン新聞の記事でこんなのがありました。

「自己破産する家主が増加」(押すとリンクに飛びます)

記事によれば
①金融緩和で融資条件が緩くなり、新たに不動産投資を始めたサラリーマンが条件の悪い物件を購入し、破産する問題が浮上している。
②共通するのは、医者や外資系企業勤務者など高所得者だ。
③その裏で、金融機関と不動産会社の癒着や、悪質なコンサルティング会社も暗躍している。

とのことですが、、、

ゼンチンフェアにブース代払って出展していた業者さんの大半が③だった気がしてならないのはワタクシの単なる思い過ごしなんでしょうか?しかもそのブースで某地銀さん呼んで羊みたいな大家さん座らせて個別面談までして物件嵌めこんでましたよww

とは言え、昨今の物件高騰時に新たに不動産投資を始めた人で己の融資属性にモノを言わせてあっという間に借金まみれ光速投資で資産形成をしちゃった人も多いと思います。

なぜこんなことが出来たのかと言えば金融機関が融資先の選定でリスクヘッジを考えて「脆弱な中小企業に設備投資や運転資金で融資するより担保の取れる不動産投資に融資した方がいい」と判断してるからであってオマケとして「融資属性の高い高所得者なら空室増で家賃が入って来なくなっても本業収入で取り立てることが出来るから」ってのが付いてきます。

融資する金融機関からすればこれほどのリスクヘッジは無いでしょうから四半期ごとの締め期になるとどこの金融機関も融資も熱くなり、逆にすでに融資してる金融機関は融資の期末残高を減らされないように返済を邪魔したりするわけです。(そのためには金消契約にすら盛り込んでいない弁済規約を「行内ルール変更」と言う名の荒業を駆使して繰り上げ返済を翌月にしようと激しく抵抗するんですw

不動産屋もそんな銀行が存在すれば当然、「打ち出の小づち」のように使うでしょう。(しかも融資までのスピードが速いから瞬間蒸発物件でも難なく対応できちゃうしw)

えぇ、、
本来であればこんな高金利で借りなくても都銀、地銀の低金利で借りられる属性であっても、、ですw
(業者はお客が払う金利より融資スピードの優劣が勝負ですからw)

また不動産コンサルさんも単に相談だけ受けててはお金にもなりませんからありとあらゆる屁理屈を駆使して物件を売ったり買ったりする方向に持っていくのは自然の理。。(なので先の賃料すら見えない30年後の収支表なんてのを見せてくるんですw)

さらに言えば、不動産投資をやりたいって志す人は最初から「物件を買わなきゃはじまらない」ってベクトルでモノを考えますからこの金融機関の姿勢と不動産屋さんや不動産コンサルさんの考え方に乗っかればどんな低属性の人であっても背中を思い切り押されるだけの話です。(「物件を買わなきゃはじまらない」って思ってる人に相談すれば当然そうなりますw)

結局のところ、今の不動産投資ブームって「買わせたい人」、「お金を貸したい人」、「買いたい人」が全員口を大きく開けちゃってる状態だから起きたってだけの話なのですが、これのどこかが口を閉じるとたちどころにブームは終焉を迎えます。

一番怖いのは「お金を貸したい人がいなくなること」。。。
貸したい人がいなくなれば一部の現金を蓄えた人以外、買いたい人がいなくなります。

買いたい人がいなくなれば当然、今の高値市場も終焉を迎え、その波から逃げ遅れた人は下がり始めた不動産価格に怯えながら自分の物件を売ろうにも残債を下回る指値攻撃でにっちもさっちもいかなくなるという展開になるはずです。

しかしこのお金を貸したい人ってのは面白いもので、例えば明日から急にお金を貸さなくなってもまたいずれ何事もなかったかのようにお金を貸し始めます。(スパン的には5年~10年スパンでこんなことを繰り返してます)

そうなればまた不動産マーケットは活況になり「あの時は不動産価格がこんなに安かったんだよなー」という思いにふけたりするものなのですが、実はこの話がここ8年くらいの1クールです。(2007年不動産高騰期→2008年不動産価格暴落→2009年~2012年不動産低迷期→2013年~今まで不動産高騰期)

さて、バブル時代に不動産投資で自己破産する人が多かったのは当時はキャピタルゲイン重視だったからというのはこのブログを読んでる人であればだれでも知ってる話なので省略しますが、今どきの不動産投資は当時と違いインカムゲイン(すなわちキャッシュフロー)でやるのが主流です。

また、リーマンショックの時も転売につぐ転売で価格が上がりきったところに不動産融資してた金融機関がいきなりお金を貸さなくなってしまい転がしてた人がいきなり息の根を止められただけで当時も家賃収入をメインだった人は嵐が去るのをひたすら耐えて銀行融資が再開になりそれに伴った物件高騰期になった段階で一気に売り逃げしました。

ですから今のようにインカムゲイン重視の不動産投資ではなかなか自己破産しないのでこんな記事を読んであまりビビる必要はないですよってのがワタクシの持論です。

ただ自己破産には至らずとも「不動産投資やってなければもっとお金が残ってた」ってことはよく起きますw(苦労のわりに全然儲からないなんてのが起こるのがこの不動産投資ってやつですw)

そういうのってやってるうちに予兆らしきものを感じますので「ん?家賃収入はそれなりに入ってくるけどお金が残らないぞ」と感じ始めたらほかの大家さんとかに聞いてどこが違うのか(間違ってるのではなくなにかアプローチが違うってことが多いです)を一度立ち返ってみることをお勧めします。

例えば空室対策。
基本的にどんなオーバーローンを組もうが部屋が安定的に稼働していれば儲けは少ないなりに残債くらいは減っていきます。

なのでワタクシ、よくこの手の相談されたときはまず埋まらない部屋をどうやったら埋めることが出来るかを考えます。
埋めることさえできれば万が一、不動産価格が暴落しても暴落期間中、ずっと耐えることが出来ますから嵐が去るのを待つか残債が売値を上回る段階で売り逃げです。

大体こういうのは5年を一単位で見れてばなんとかなるものですから逃げ遅れても慌てちゃダメです。(慌てて売ろうとするから売値が残債を下回っちゃうんです)


そんなさっきの記事を読んでて「あれ?」と思ったのは、
「保有する資産をすべて売却しても手元には2億円の借金が残ることがわかり、Aオーナーから弁護士を紹介してもらい、自己破産の手続きをとることになった」
って部分、、。(なにを焦っているのかすごく乱暴なまとめ方って気がします)

最近の剛腕大家さんは電車も通ってない僻地の築古RC物件(しかもほぼ全空物件ですよww)をオーバーローンで買いこんで部屋を満室にしてそれを1億乗せて再販しちゃうなんてこともやってるわけですから空室が増えて返済が出来なくなり弁護士を紹介してもらって自己破産なんてすごいレアケースなはずです。(他に事業やってて連鎖的に資金繰りがおかしくなってって話なら納得ですけどw)

何を思ってこんな記事書いて読者をビビらせようとしているのかわかりませんがこと高所得な人の自己破産を心配するってのは空を飛ぶ飛行機が「なんであんな金属の塊が落ちないんだろう」って思うのと一緒な気がします。(飛行機ってむしろ落ちにくい設計で出来てるそうです)

とは言え、やはりどんなに頑張っても埋まらない部屋を抱えた物件であったりそもそも埋めるノウハウも協力者もいなければ返済が滞る可能性もなくは無いですが、昔と違ってこれだけネット社会になった今となってはそんな人の方がレアキャラですww(じゃ、不動産投資やろうって思ったのは何情報なのよって突っ込みたくなりますw)

と言うことで2年前に書いたブログで「未来への伝言~5年後のあなたへ」ってネタがありますのでさっきの記事を読んで「げーーー!俺って自己破産予備軍じゃねーの?ww」って思った方はまずそれを読んでみてください。。。(古い記事ですが、多少は参考になるかと思います)

なお、記事の最後に書いてあった
「金融機関の家主への行きすぎた融資が来年には金融庁の指導対象になるとみる関係者もおり今後の動向に注目していきたい」

って部分、、

我々の業界では半年以上前からその予兆を感じてますのでご注意ください。。。(特に木造系のy、、、(以下略)




続きは週末のセミナーのお楽しみなんじゃんw

ハドソン川の奇跡。。。じゃない話。。。


ポチして「戻って」お読みくださいw

こんにちは。

先日退去予告のあったウチのレジで3本の指に入る折り紙付きのダメ部屋。。(統計的に1の付く部屋はダメ部屋なんですw)

昨日、ウチのエスパー君が退去立ち合いに行ったのですがその退去確認が終わってすぐに内見に来たお客さんが速攻で申し込み入れてきてウチでは初めての経験になる「退去日と同時に申し込み」と相成りました。(そんなの当たり前だよってベテラン大家さんは言うでしょうけど我々にとっては「ハドソン川の奇跡」くらいの出来事なんですww)

ただ例によって年末に焦って申し込んでくる入居希望者ですから一応警戒しておく必要があります。

そんなわけで我々、送られてきた入居申し込みを徹底的にチェックしたんですが・・・予想に反して特に異常なし。。(ちょっとでも空欄があったら「やり直し」って言おうと思ってたのにビッシリ埋めてありました)

保証人の親の仕事も勤続年数も年収もきっちり書かれてしまうと年末の申し込みでも「なんか特別な事情があって申し込んだいい人なんじゃねーの」と思ってしまうのが我々の浅はかさでもあるのですが、とにかくこの内容なら断る必要もないって申し込みでしたので審査OKを出し賃料発生日を確認しました。

さすがにいい人だけあって急いでるわけでもありません。。(なんでも1月15日以降の入居を希望してます)

本来であれば賃料発生日をもうちょっと早めて貰うってもありかもしれませんが、本物件は「3本の指に入るダメ物件」。。。(贅沢言ってはいけませんwww)

広告費も無い契約だしフリーレントつけたつもりで考えればムカつく話でもありません。(そもそも一度空くと2か月は埋まらない部屋なんですからw)

そうとなればこの入居者さんの気が変わらないうちに既成事実をどんどん積み上げる必要がありますからさっさと契約書を作る準備です。。

幸いいつも契約をやってくれてる業者さんだったので契約書も重説も今日のお昼ずぎにはひな形が届き最短で明日契約も可能にしておきました。。




ところでこの話、、
ブログより先行してFBで超自慢げにアップしましたがそこでのコメントでこんな書き込みがありました。

思考は現実化する? 入居キャンセルにならないといいですねw
いいね! · 返信 · 1時間前


長いこと不動産屋をやって来てるワタクシ、、
こう書かれてても今回申し込んできた人がいかにいい人なのかくらいわかってますから「なーに言ってんだよwww(なわけねーだろww)」って軽く考えてこう答えておきました。。

なにをおっしゃいますww
ワタクシどっちかっていうと「あー、、こういうのってドタキャンされる」って思ってるほうがキャンセルされないんですよwww
いいね! · 返信 · 30分前



・・・・


・・・・


思考って現実化するもんなんですね。。。(えぇ、、実は先ほど、その申し込みがドタキャンされた次第でありますww)


仲介の話によればどうやら多重申し込みを掛けてたみたいでまずウチの物件を保険で押さえて気に入った方の物件がOKになったのでキャンセルしやがったそうです。。(彼らの方が我々より電光石火でしたww)


FBでさも「俺らの物件はなんだかんだ言ってもすぐ埋まるんですwww」なんてリア充っぷりをアピールしておきながらこの結末。。

すでに「いいね」も60個超えてる状態で記事そのものを消すわけにもいきません。。(こういうネタの時だけは「いいね」がつくのも早いもので、、、)



やはりあれです。
不動産取引は実際に契約してお金貰うまでは油断しちゃいけないってことですね。。(ブログでいつもそう書いておきながらの自爆っぶり、、、、ホント、穴があったら入りたいですww)


と言うことで我々、これからさっきまで「あー、、あの物件ならもう契約予定です(ドヤww)」と断りまくった業者さんに再度募集開始のお知らせ電話をする作業に戻ります。。。


あ、

大事なことなので二度言いますが、、


不動産取引は実際に契約してお金貰うまでは油断しちゃいけませんよ。。。(特にFBでリア充ぶるのはすべてが終わった後にした方がいいようですww)



仲介さんに「あー、、それってよくありますよねーwww」ってバカにされたんじゃんw

悪いけど明日ももう一回検便やって。。。(夕飯時にこんなブログタイトルでごめんなさい。。)


はいはい、、土曜もポチして「戻る」ですよーw

こんにちは。

本日は土曜日、、。
本来であれば我々、定休日なのですが来週やたら契約だの決済を抱えてる関係で休日出勤です。(しかしエスパー君は生意気にもブルーノートにジャズを聴きに行くらしくワタクシの出勤指令にも応答がありませんw)

さて、そんな準備の傍らで来週のセミナーのレジュメの仕上げもちゃっちゃとやっておきました。
いつもであれば来週の火曜日くらいに泣きながら仕上げるワタクシですがさすがに来週のことを感えると今日のうちにやっておかないとひどい目に遭いそうなので印刷に回す段階までほぼ完ぺきに仕上げたのですが、、

さすがに年6回、、毎回毎回違うネタを考えるのも疲れました。。。(ほとほと嫌になった夏あたりは無理やり建築セミナーにしちゃったくらいですから)

そんなワタクシにそのセミナー会場から着信アリ。。ぷるしぇんこー♪

会場「あ、オオカミさん、、毎度どうも。で、来年ですがスケジュールどうしますか?(今度は毎月なんでどーっすか?ww)」

去年の今頃もこんな電話があってワタクシ、調子こいて「じゃ、ここは年6回で」なんて言っちゃったのが今年の惨劇の要因。。(ホント、毎回毎回違うネタ、、(以下略))

しかも会場の人の話では、来年の2月にももう一回セミナー予定が入ってるそうなんです。。。(会場側は4月から1年計算なので年6回って言うとどうも2月までで6回計算するらしいです)


もう、あれです。。

2月のセミナーなんてある意味、
便秘でまったく出そうもないウ〇チを無理やり出して検便に出したらも「悪いけど明日ももう一回検便やって」と言われるも同然です。。(たとえが悪くて大変申しわけございません、、、)

しかし、ワタクシの辞書にはキャンセルと言う文字はございません。(同様に出された食べ物は残さないが家訓のオオカミ家でございます)

と言うことでまだ今週のセミナーすら終わってないってのに来年2月のセミナー(エクストラホールの7回目w)を告知しておきます。。

「狼旅団不動産セミナーIN池袋 7回目」

開催日時 平成29年2月18日(土) 13:00~18:00
(たぶん懇親会もやります)


セミナーの募集日時はまた改めてお知らせしますがとりあえず2月のセミナー聞きたいって人はこの日を空けておいてください。


と、言うことで話を戻しますが、、、、

来年は何回くらいセミナーやりましょうかね。。(ワタクシの個人的な希望としては春、秋の2回くらいがいいんじゃないかと。。)

また毎回毎回ワタクシが一人でしゃべるの聞いてるのも疲れるでしょうから「この人呼んでください」って人がいたらリクエストしてください。(ギャラの折り合いがつけば呼びますw)


例によってコメント欄でご意見を賜りたく存じます。。



ギャラが安いから速攻で断られそうなんじゃんw

裏目ってる話。。。


ポチって「戻る」ですよw(でないとシカのフンぶつけますw)

こんにちは。

本日は12月最初の週末です。

言うまでもなく月初めの週末はアメリカの雇用統計発表があるのですが、最近、為替の世界から離れてるワタクシからするとほぼほぼ対岸の火事で結果が良くても悪くてもあまり気になりません。。

ただ、昨今の株価変動を考えると不動産にも少なからず影響が出そうなので今日の雇用統計はバクチ心無しでチェックする予定です。(よって本日も雇用統計定例飲み会は無しになりますw)

巷の話によれば今回の雇用統計でいい数字が出れば12月の利上げがほぼ確定(というかすでに12月の利上げは織り込み済みらしいですが)で来年早々に就任するトランプさんの「超アメリカ寄りの政策」を考えればこのままドドーンと円安になり日経株価も2万円をうかがうところまで上昇し益々国内不動産に資金が流入して不動産価格も高止まりと言われています。

ただ、これも来年トランプさんが大統領に就任するまでの話で、実際の政策でおかしなことやればマーケットは即座に反応して一気に円高ドル安、日経株価暴落ってシナリオもまことしやかに囁かれています。

狼ブログ的にはそろそろ株価が崩壊して不動産価格が下がりマーケットが大混乱することを力強く希望しているので(株価上昇に伴う恩恵を目いっぱい受けてる不動産屋がこんなこと書いていいのか不安ですが、、ま、いいですw)「トランプさん、、なんかヤラかさないかなーww」と思ってますがその前に明後日の4日、、ヨーロッパでキナ臭い選挙が二つあります。

一つは憲法改正の是非を問うイタリアの選挙、、
もう一つはオーストリアで「EU初の極右政党の党首が首相になるんじゃないか?」と噂されてる選挙です。。

どちらの選挙も昨今の番狂わせ的な結果になりそうなのでビクビクしてるんですがヨーロッパでこういう保護主義的(イタリアの選挙がどっちなのかはウラ取ってません)な動きが増えてくるとドイツあたりが「EU離脱を国民に問う!」なんて言い出す可能性が高くなりドイツ主導のEUも一気に崩壊しちゃうかもしれません。。

そんなことが起ればリーマンショックなんて比べ物にならないような不況が一気に世界を駆けまわることにもなりかねませんのでまずはこの4日の選挙結果は要注目です(だってここまで行くと不動産の暴落を期待する以上にヤバイことが起きちゃうかもしれないしw)。

そう考えると来年も不安な一年になりそうな気もしなくはないですが、そんなことよりもっと気なることが身近で起きてます。

えぇ、、
例年であればそんなに表立ってやってなかった買取業者の「歳末大売り出し」が今年に限ってはやたら目に付くんです。。。(例の「12月の法務局が閉まるまでに決済できる人限定」、、みたいなやつですw)

言われてみれば最近、やたら業者売り主のクソ高い物件が増えてるなー」と思ってはいましたが来年の経済状況の不透明さも半端ないので多少利益を削ってでも売りきってしまおうと考えているんでしょうか?

さっきも某団員からタレコミがありその販売図面を見せていただきましたが、この歳末大売出し、、

上場系不動産屋が率先してやってるようです。

上場系の会社はそういう経済情勢を分析する部署も持ってるし会社の舵を切る上層部の判断も恐ろしいくらいに的確であることが多いです。

そんな上場会社がこの段階で売り逃げを目論んでるとなると、、、来年はもしかしたら我々が望む展開になるかもしれません。

そうなると今〇待とかのポータルとかででやたら利回りの高い物件を針に掛けて釣り堀みたいにエンド客集めて〇ルガ融資で嵌めこんでるような業者さんは一気にビジネスモデルを失って路頭に迷うことでしょう。。(そうなったらワタクシ、本ブログでそいつら名指しして高笑いしてやりますwww

ただ、あれです。
こと経済の話ではワタクシの予想が当たったためしがありません。(「神ってる」どころか毎回「裏目ってる」ワタクシですw)

となると今回も
①トランプさん、大統領就任後、鬼のような働きで世界経済を牽引
②EUの選挙も反保護主義系の勝利(ドイツもこれでEU離脱なんて叫ぶ政党の発言力が弱まる)
③それに伴いドル高まっしぐら~日経株価爆上げ

という流れになるんでしょうね。。

・・・

・・・

うーん、、

これじゃいつまで経っても物件安く買えないじゃんw。。。。





よく当たると言われてるエスパー君予想では年初いきなり株価2万円らしいんじゃんw

あ、てめー、、業者だな?wwww 


本日もポチして「戻る」でお願いしますw

こんにちは。

昨日はアンチエイジングするってとこでブログが終わってしまいましたが、昨日の現調の話、、実は続きがあります。

その物件での騒動のあと、役所に行ってその物件の用途地域や建築系の法的問題とかをチェックしてたのですが、そこで奇妙な奴に出くわしたんです。。

通常、我々の役所調査は「都市計画課」から始まり役所内のあちこちの部署を移動して情報収集するのですがこの奇妙な奴、、
全く同じコースで付いてくるんです。。(昨日話的に特徴を書けば 年齢40代前半、スーツ姿、175センチくらいで細身、昆虫採集が得意そうな眼鏡をしてますw)

ま、どこの業者も似たような回り方で役所回りするので偶然そうなったのかと思ったらさにあらず。。

もう一か所行った別の役所でもこいつがいたんです。。。。wwww(我々、どうやら尾行されてるようですwww)

ってことはもしかしたら我々への疑いはまだ晴れてないんでしょうか・・・?

犬写真
ってことはこいつは公安の犬ってことになります

50代後半のやくざ風なデブとか言われても我々、、基本的には善良な一市民。。(税金だってまじめに払ってますからw)

そうは思ってもやってる仕事が仕事なのでもしかしたら我々、知らないうちに犯罪に手を染めてるのかもしれません。。(取り調べとかで無実なのに「オマエがやったんだろ?」って詰問されると自分がやったような錯覚になるってあれですw)

「あのー、、ちょっといいですか?」

そんなことが頭で交錯してるとこにこの公安の犬らしき人に駐車場で声を掛けられホント、メチャメチャビビっちゃいましたよ。。


「あのー、、〇〇市の〇〇の物件のことでお聞きしたいことがあるんですけど。。。」

・・・

・・・

あ?

なんだ。。

てめー、、業者だな?wwww 



えぇ、、なんてことはありません。

要するに昨今の高騰した不動産マーケットだけにとうとう役所回りの最中にもブツ上げ屋の餌食なった我々です。。。(ってかおかげで寿命が2年縮まったじゃねーかよww)


こいつの話によればこの物件の土地、、近所のマンションの計画用地に隣接してるそうで住所を都市計画課で聞きつけた瞬間に場所を特定されその土地を売るのかどうかが気になってしまった模様。。

偶然とはいえ、そんな話を聞きつけて追っかけてくる業者さんの行動力は見習うべきものがありますが、こんなとこで盗み聞きされちゃうと今後は都市計画課とかでも筆談でやらないといけないのかもしれませんねwww(同様にホテルのロビーとかでうっかり物件のことしゃべって隣いたブローカーに聞かれてしまい邪魔されたことを思い出しますw)

ただこの物件、土地の上には築古とは言えまだ充分収益を上げてくれそうなレジが建ってるしこちらも更地単価で売る気は毛頭ありません。。(えぇ、、それはそれはあり得ないくらいの高値売却を目論んでますw)

一応、彼には売る気はあるけど上物があるから安くは売らないよって言っておいたのですがそしたらこいつ、、
「ではその物件を弊社で買い取るってのはダメでしょうか?(「そうすれば両手仲介じゃないですか?とかほざいてます)」とか聞いてくるんです。。

いや、、だから

ワタクシ、買い取り転売出来るくらいの売値じゃ売らねーって言ってんじゃんwww(ホント、「あんましつこいとその眼鏡、マジックで塗りつぶしてサングラスにしちゃうよ」って感じです) 

まさか役所調査の場面でブツ上げされるなんて思ってもみなかった我々、、
万が一、マーケットに売り出して売れなかった際の保険と言うことで彼の名刺を受け取って帰って来ましたが(だって場合によっちゃ採算度外視でも欲しいって言うんですもんw)会社に戻り彼の言ってた隣地の土地を詳しくチェック入れてみました。


ほほう、、

彼の言い分が正しければ我々の売り物件をくっつけると角地が確保できて今より形のいい建物が建ちそうじゃないですかww

で、今朝、隣地の謄本を全部あげてみたのですが所有者はまだ個人でした。
ってことは逆に我々がこの個人の所有者に売ってくれと言ったらこっちの土地が有利になる気がします。(ただ隣地の面積が広いの実際に買うとなったら大変ですけどw)

どちらにしても我々が売ろうとしていた物件を単体で売り出すより近隣のマンション開発話と絡めたほうがこの売り主さんにとっては得な気がするワタクシ。。

早速そのことをウチの売り主に電話して教えました。

当然、売り主さん、
「えー!!そんな話があるなら売りやめてしばらく様子を見ようかなー」って言うもんだと思ってた我々なんですが、

「あー、、隣地の土地の話ね、、あれって持ち主のおじいちゃんが頑固で死んでも手放さないって有名な物件なんだよ」
と言われズッコケましたwwww

実なこの隣地、、
今の売り主さんもマンションの計画の話は知っていたそうで一度はアタックしたことがあるそうです。

しかしケンもホロホロに打ちのめされ全く売る気がないことが判明。。

それで単体で売り出すんだから余計なこと考えずにとっとと売ってくれと言う話になっちゃいました。。。(策士、策に目いっぱい溺れてしまった模様ですw)


で、あれば当初の話通りに売り出すだけのワタクシで済むのでいいのですが、、

昨日の眼鏡オトコ。。。
あいつは一体なんであんな売る気の無い土地が買えると思って動いていたんでしょう?。。。。


ホント、この不動産業界、、
まだまだワタクシの知らないことが多そうです。。。。



謎は深まるばかりなんじゃんw